スザンヌ・ド・パッシー、MJやモータウン25を振り返る

1983年5月16日。多くのアメリカ人はテレビの前に座ってモータウン25を観ていた。ダイアナ・ロス&スプリームス、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンといったスターたちが出演したこともあり、この特別番組は多くの人々の心の中にいまだ特別な思い入れがある。31年経った今、この鮮やかな番組がついにDVDとしてリリースされる。

EBONY.comが、エグゼクティブ・プロデューサーのスザンヌ・ド・パッシーに、モータウン25というマジックについて聞いた。

EBONY:モータウン25放映後、人種や階層を問わず、誰しもがこのショーについて話題にしていたように思います。あなたはこのような大反響を予想していましたか?

スザンヌ・ド・パッシー:なんとか終わらせるということにばかり気を取られていて、反応がどうなるかなんて考えていませんでした。でも、リハーサルを見ていて、何か特別なものになるということは思っていました。正直なところ、この番組は勝手に良い番組となったのです。大勢の人々がハッピーになりました。

EBONY:今振り返ってみて、大勢のビッグネームを一堂に集めるというのはどのような感じでしたでしょうか?

SP:クインシー(・ジョーンズ)が「We Are the World」をやった時のようですね。みんな部屋に入る時に自然にエゴを置いてきたんです。部屋に入ると古い友人たちがいるという状況ですから、パーティーに変わっていったんですよ。

EBONY:「Billie Jean」を歌い、ムーンウォークを初めて披露したマイケル・ジャクソンがもちろんこの番組のハイライトになりましたね。

SP:リハーサルの時に手紙が来て、「Billie Jean」を撮影することが禁じられていると書かれていたんです。マイケルは会場の人たちのためにやりたい、放送したくないというのがその理由でした。私はマイケルのところへ行き、「本気なの?じゃあ、こうしましょう。撮影はします。あなたは編集室に来て。もし気に入らなければ、使わないわ」って言ったんです。ラッキーなことに、彼はそれをOKするどころか、ものすごく気に入ってくれました。彼のマネージャーから後で聞いたんですけど、「Thriller」が400万枚売れたのはあのパフォーマンスのおかげだそうです。

EBONY:この番組を提案した時のベリー・ゴーディの反応はどうでしたか?

SP:彼は複雑な思いでした。気持ちはわかります。ダイアナ・ロスやマーヴィン・ゲイ、ジャクソンズといったビッグ・アーティストはすでにモータウンに属していなかったのですから。


■Suzanne de Passe Looks Back on MJ & ‘Motown 25’

On May 16, 1983, much of America was sitting in front of the television watching the event that was Motown 25: Yesterday, Today, Forever. Featuring a star-studded guest-list including Diana Ross & the Supremes, Marvin Gaye, Stevie Wonder and Michael Jackson, the anniversary special still holds a special place in the hearts and memories of many. Now after 31 years, the vibrant program has finally been released on DVD in various editions.

EBONY.com recently spoke with executive producer Suzanne de Passe about the magic that was Motown 25.

EBONY: The day following Motown 25, it seemed that everyone in the country, regardless of race or class, was talking about the show. Did you anticipate such a major reaction?

Suzanne de Passe: We were so focused on getting that sucker in the can, we didn’t think about what the reaction might be. But from watching the rehearsals, we knew we had something special. Honestly, the program took on a life of its own; it made a lot of people very happy.

EBONY: What was it like to have so many big names together after all those years?

SP: It was like when Quincy [Jones] recorded “We Are the World,” people just automatically checked their egos at the door. People walked in and saw all their old friends and it turned into a party.

EBONY: Well, it might’ve been a party for them, but you were chaperoning.

SP: It was more like being the ringmaster with a whip and a chair. [laughter]

EBONY: Of course, Michael Jackson performing “Billie Jean” and doing the moonwalk for the first time became the highlight of the show.

SP: A letter came by massager during rehearsals saying we were forbidden to tape “Billie Jean.” The reason was that Michael wanted to do it for the people in the theater, but he didn’t want it on the broadcast. I went to Michael, and said, “Are you serious? I’ll tell you what, we will tape it and you come to the editing room. And, if you don’t like it, we won’t use it.” Luckily he not only liked it, he loved it. His manager later told me that performance helped sell four million more copies of Thriller.

EBONY: What was Berry Gordy’s reaction when you proposed the special?

SP: He had mixed emotions, which was understandable. Many of the biggest artists, including Diana Ross, Marvin Gaye and the Jacksons, were no longer on the label.

READ MORE: http://www.ebony.com/entertainment-culture/suzanne-de-passe-looks-back-on-motown-25-250#axzz3HNkV0xTw

Source: EBONY / MICHAEL A. GONZALES / Vintage Visionary / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ