国税当局、MJの遺産評価額を上方修正

国税当局(IRS)によると、マイケル・ジャクソンの遺産評価額に誤りがあったという。だが、追加課税と罰金で7億200万ドルと話題になった請求(エステートは租税裁判所で係争中)を彼らは諦めたということではない。そうではなく、国税当局は請求額を2900万ドル上積みし、7億3100万ドルとしたのである。

これまで報じられていない裁判所文書では、国税当局は当初、2009年6月の死去の時点でキング・オブ・ポップはマスター音源の50%の権利を有していると考えていたが、実際には100%であったと述べられている。当局の計算では、100%の権利であれば9100万ドルの価値である。一方、エステートの申告書では1100万ドルであった。

この告発により、国税当局によるジャクソンの資産や課税対象の贈与物の価値は、エステートの申告額700万ドルに対して11億7800万ドルに上昇する。この結果、国税当局は税として5億2560万ドル、そして虚偽の申告の罰金として2億510万ドルを請求している。もちろん両者の言い分は、長くなるであろう交渉のスタート額である。裁判になるとすればかなり先となる。

実際、先月租税裁判所に対し合同で提出された状況報告書では、両者の弁護士は、4つの比較的小さな問題に対しては示談間近であり、資産鑑定人を立ててジャクソンの個人的な有形資産についての議論を行っているものの、大きな問題については早期の解決とはならない見込みであると述べている。対象となっているのは、無形資産や知的財産(名称や肖像権、自作曲や自演曲に対する音楽的権利など)に加え、生前に、資産を担保として資金を集め、また最小限の課税で相続人に資産を移すために設立した2つのトラスト(事業体)である。

この2つのトラストは、ジャクソンの音楽出版権に加え、ソニーとの共同音楽出版会社に対する50%の権利を保持している。ソニー・ATVとして知られるこの会社は世界最大の音楽出版社であり、ジャクソンが80年代に購入したビートルズの楽曲を含む、数百万曲を所有、管理している。エステートは、2つのトラストを通したこれら資産の価値を220万ドルとしたが、国税当局は課税価値は5億2750万ドルであるとしている。

フォーブスのシニア・エディターのザック・オマリー・グリーンバーグ(ジャクソンのビジネス帝国についての本を出版したばかり)は、エステートはジャクソンの死以来、7億ドルを稼いでいると見積もっている。彼の音楽が再評価された上、新譜の発売、シルク・ドゥ・ソレイユの2作品、映画「This Is It」、ペプシコとのコマーシャル契約などが寄与しているためだ。だが、死去した当時、経済状態が低迷していた上にジャクソンのイメージは、児童虐待疑惑もあって最盛期は過ぎていた。課税で問題となるのは亡くなった時点での彼のイメージの価値だ。

エステートはジャクソンの名前と肖像の価値はわずか2105ドルであったとしている。一方国税当局は4億3400万ドルと評価した。個々に状況は異なるとはいえ、この結果は、将来著名人の遺産に対する課税に大きな影響を及ぼす可能性がある。

著名人のイメージの価値というのはアメリカの租税裁判所では過去に2度争われた。プロゴルファーのセルヒオ・ガルシアとレティーフ・グーセンに支払われたコマーシャルや出演料に対する所得課税だ。現在係争中のものでは、ベストセラー犯罪小説家カレン・スローターの事例がある。皮肉なことにこれらのケースでは、国税当局は、知的所有権を最小限に見積もることで、国の取り分を最大にしようと試みている。これに対し納税者側は、著名人のイメージにはかなりの価値があると主張していた(そして裁判所もこれに同意している)。

※元記事にはマイケル・ジャクソンの収入を年ごとに表示するスライドショーがあります。

■IRS Made Mistake Valuing MJ Estate

The Internal Revenue Service says it made a mistake in valuing Michael Jackson’s estate. Nope, the IRS hasn’t abandoned its much discussed claim for $702 million in extra taxes and penalties – a bill Jackson’s estate is fighting in U.S. Tax Court. Instead, the tax agency is upping its demand by $29 million to nearly $731 million.

In a previously unreported court filing, the government says that IRS auditors originally thought the King of Pop owned only 50% of certain master recordings at his death in June 2009, when he really owned 100% of them. That 100% interest was worth $91 million by the IRS’ figuring, compared to the $11 million reported on the Jackson estate tax return.

The change brings the IRS’ valuation of Jackson’s estate and lifetime taxable gifts up to $1.178 billion, compared to the $7 million the estate reported. The IRS now wants a total of $525.6 million in tax and $205.1 million in gross valuation misstatement and negligence penalties. (Any interest owed will be on top of that.) Of course both the IRS and the estate’s values are best regarded as opening bids in what could be a long negotiation. A trial, if there is one, is far off.

Indeed, in a joint status report filed with the Tax Court last month, lawyers for the government and the estate say that while they’re close to settling four relatively small issues and have duelling appraisers discussing the value of Jackson’s personal tangible property, they don’t expect a speedy resolution of the big dollar issues in the case. Those involve the value of Jackson’s intangible and intellectual property (his name, likeness and his interests in music he wrote or performed) as well as the value of two trusts he apparently set up to borrow against his assets and to transfer assets to his heirs at minimal tax cost during his life.

The two trusts hold Jackson’s music publishing rights as well as his 50% interest in a joint music publishing venture with Sony Corp. Known as Sony/ATV Music Publishing, the venture is the largest music publishing company in the world and owns or administers millions of songs, including the Beatles’ songs Jackson bought back in the 1980s. The estate placed the value of the assets transferred through the two trusts at just $2.2 million, whereas the IRS says the taxable value was $527.5 million.

Forbes senior editor Zack O’Malley Greenburg, who wrote a recent book on the Jackson business empire, estimates the Jackson estate has earned more than $700 million since the singer’s death, as his music has had a resurgence, with new releases, two Cirque du Soleil shows based on his work, the concert film ‘This Is It’ and even an endorsement deal with PepsiCo PEP -0.61%. But at the time of his death, the economy was in the dumps and Jackson’s image was considerably less golden, in part due to allegations of child molestation. It’s the value of his image at death that matters for estate taxes.

The estate valued Jackson’s name and likeness at a trifling $2,105, whereas the IRS contends they were worth $434 million. Despite the unique circumstances surrounding Jackson, the resolution could well affect how other celebrity estates are taxed in the future.

The value of a celebrity’s image was also at issue in two recent U.S. Tax Court decisions involving the income taxation of endorsement and appearance fees paid to professional golfers Sergio Garcia and Retief Goosen and is an issue in an ongoing Tax Court case involving best-selling crime writer Karin Slaughter. Ironically, in those cases, the IRS has tried to maximize Uncle Sam’s tax take by minimizing the value of such intellectual property, while taxpayers have argued (and Tax Judges have agreed) that a celebrity’s image has substantial value.

Included in this article is a slide show of Michael Jackson’s Career Earnings, Year-By-Year!

Source: Forbes & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ