He's a Dancing Machine (その5)

ジョイエ:でも、このパフォーマンスを特別なものにしているのはフルで歌われる「Dangerous」なんです。彼は生で歌っているわけではありませんが、そんなことはすぐにどうでもよくなって忘れてしまいます。なぜなら、ダンスがとても素晴らしいからです!20年近く経っても、観ると鳥肌が立ちますよ。彼の動きは何もかも他の誰をも上回っています。体がゴムでできているみたいです。彼の体の曲がり方やヒネリが普通の人とは違うんです。これまで真似する人はたくさんいたし、これからもずっといると思いますけど、あのように動ける人はいない、というのが純然たる事実なんです。スラッシュは同じように見ていますよね。かつてこう言っています。

「マイケルは、僕が仕事をした中では最もプロフェッショナルで才能あるパフォーマーだ。世間が騒いでいることはともかく、このことに関して言えば、60人のダンサーが同じ振りを踊っても、どれがマイケルだかすぐにわかるってことさ」。

私はこの発言がすごく好きなんです。スラッシュは正しいことを言っていますから。大勢のシンガーやダンサーと一緒にステージにいても、マイケルがどれだかすぐにわかるんです。ほかの誰とも動きが違います。そしてスラッシュのこの言葉が特に好きなんです・・・・ダンスに見向きもしないと思っていた人でも彼のダンスは見るだろ?と彼は言っているんです。

ウィラ:スラッシュの言っていることは真実ですね。マイケル・ジャクソンがグループと踊っているときでも彼から目が離れません。「The Way You Make Me Feel」のグループダンスで、ダンサーのシルエットしか見えない時でも、どれが彼だかすぐにわかるし、逆にどうしても彼に目が行ってしまうんですよ。。

そしてもちろん、彼はダンスを本当によく見ているプロフェッショナルたち・・・フレッド・アステアやジーン・ケリー、デビー・アレン、マイケル・フラットレー たちからも賞賛されています。数か月前にコメント欄でこのことについて投稿がありました。バリシニコフの言葉が引用されているこの投稿はこんなものです。

「バリシニコフによると、彼がジャクソンについてよく覚えていることは、『・・・ステージでの彼のシンプルで軽快な歩き方だ。それこそが最も美しく、人目を引くものであり、そしてそれが彼のヒップをスイングさせ、彼の脚を動かしている。私にとってはそれが彼である。つまり、ダンサーとしての体に対する卓越した信頼だ。観ている人はこう言いたかったに違いない。”すごい、この人、ネコみたいだ。好きなように動かせるんだ”』」

私はこれを読んですぐに、「シンプルで軽快な歩き方」というのを思い浮かべることができました。私はその歩き方が大好きで、とてもマイケル・ジャクソン的なのです。あなたの好きな、MTVのメドレーでもちょくちょく見られますよ、ジョイエ。『Ghosts』のスケルトンでもそれをやっていますし、スケルトンであってもまさしく彼なのです。とても楽しげでリラックスした感じで、バリシニコフが言うように、「ダンサーとしての体に対する卓越した信頼」を反映しているのです。

ジョイエ:そうですね。バリシニコフの素晴らしい発言です。おっしゃる通りですね。ダンスの世界から彼はたくさんの賞賛を受けています。有名な人から、「This Is It」の冒頭の若いダンサーたちのような成功をめざす若手までね。「The Making of Thriller」のメイキングの中でマイケル・ピーターズが語っています。マイケルはダンスのレッスンを公式には一度も受けたことがなく、何年も古典的な訓練を受けてきたダンサーたちと一緒にダンスのリハーサルをしていたけど、彼は彼らに負けないどころか、彼らを圧倒していたんだそうです。「生まれつき持っているもの、彼の中に備わっているものなんだ」とピーターズは言っています。

(おわり)

原文:Dancing With The Elephant
Michael_Peters.jpg
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ