ジャネットとマイケルは、「Runaway」の提案を断り「Scream」を選んだ

想像するのも難しいことだが、伝説的プロデューサーのジミー・ジャムによると、ジャネット・ジャクソンの95年のヒット「Runaway」が、マイケル・ジャクソンとのデュエットになりそうだったという。昨晩(9/23)、この曲のサンプリングのことをツイッターで尋ねられた彼は、旅することへのアンセムである同曲がもう少しでデュエットとなるところだったことを明かした。

「『Runaway』ではサンプリングやっていないよ。この曲はジャネットとマイケルのデュエット用に作ったんだ。彼は『Scream』を選んだよ」とジミー・ジャムはツイートしている。マイケルの当時の状況を考えると、彼がこの選択をしたのも驚くことではない。だがおそらく、やろうと思えば両方ともやれたはずだ。MJがジャネットと、エッフェル塔やオペラハウスでダンスしているところを想像してみよう!ツイッターでのやり取りは以下の通り。




■“Runaway” Was Offered To Janet & Michael As Duet But They Choose “Scream” Instead

It’s difficult to imagine Janet Jackson‘s breezy 1995 hit “Runaway” as a duet with brother Michael Jacksonbut it almost happened according to legendary producer Jimmy Jam. The evergreen hitmaker was questioned about his use of samples in the song last night (September 23) on Twitter, which prompted him to reveal that the travel-inspiring anthem was almost a duet.

“No samples in ‘Runaway’ but the track was created for @JanetJackson & @michaeljackson duet,” Jimmy tweeted. “He chose the ‘Scream’ track.” Given everything Michael was going through at the time, it’s not exactly surprising that he went with this option. But perhaps they could have done both. Just imagine MJ dancing with Janet on the Eiffel Tower and Opera House! See the Twitter exchange after the jump.

Source: idolator / Mike Wass / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ