マイケルとクイーンのコラボレーションが発表される

マイケル・ジャクソンとフレディ・マーキュリーのデュエットを含む3曲の未発表曲を収録したクイーンのニューアルバム「Forever」のリリースが発表された。

このアルバムは2014年11月10日に発売される。マイケルとのコラボレーションは「There Must Be More To Life Than This」という曲で、クイーンの1981年のアルバム「Hot Space」のセッション中にマーキュリーが書いた曲が元になっている。バンドがバック・トラックをレコーディングしていたが未完のままであった。マーキュリーはロサンゼルスのマイケル・ジャクソンの自宅スタジオを訪問し、未完成バージョンのためにマイケルがこの曲を歌ってレコーディングされた。1984年の「The Works」のセッション中にもクイーンはこの曲に再び手をつけたが、この時も完成しなかった。その1年後、マーキュリーのソロとしてのデビュー・アルバム「Mr Bad Guy」に、マーキュリー・バージョンが収録された。

マーキュリーがピアノを弾くマイケルのオリジナル・ソロ・レコーディングは、マイケルとマーキュリーのデュエット「State of Shock」(ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとのデュエットとして最終的にリリースされた)とともに、以前ネット上にリークされているが、「Victory」というタイトルだと噂されている3曲目は一度もリークされたことはない(「Victory」は、「State of Shock」が収録されたジャクソンズのアルバムのタイトルである)。

今朝、BBSラジオ2の朝の番組で披露されたニューバージョンは、クイーンの元々のバック・トラックと、マーキュリーとマイケルの際立つボーカルを融合させたものである。プロデュースとリミックスはウィリアム・オービットが担当した。レコーディングについて、オービットはこう語っている。

「マイケル・ジャクソンのボーカルを聴くということは感動的なことでしたよ。鮮やかで、クールで、感動的でした。スタジオで生で歌っているかのようでした。ミキシング・デスクでフレディのボーカル・ソロと合わせると、彼の才能に対する私の評価はさらに高くなりました」。



フルバージョンと、BBCラジオ2のクリス・エヴァンスによるこの曲についてのクイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーのインタビューはこちら(1:42付近)。

■Michael And Queen Collaboration Released

Queen have announced the release of a new album called ‘Forever,’ which features three unheard tracks, including one duet between Michael Jackson and their late frontman Freddie Mercury.

The album will be released on 10th November 2014. Michael’s collaboration is on the track ‘There Must Be More To Life Than This,’ which began as a song written by Mercury during sessions for Queen’s 1981 album ‘Hot Space.’ The band recorded a backing track, but the song was never completed. Mercury visited Michael Jackson at his home studio in Los Angeles where he recorded Michael singing the song for an unfinished version. Queen revived the track during sessions for 1984’s ‘The Works,’ but again it was not finished. A year later, Freddie’s own version of the song surfaced on his debut solo album ‘Mr Bad Guy.’

Michael’s original solo recording of the song with Mercury playing the piano, along with a duet between him and Mercury on ‘State of Shock’ (released eventually as a duet with Rolling Stones frontman Mick Jagger), have been previously leaked online. A third song rumoured to be entitled ‘Victory’ (the name of the Jacksons album ‘State of Shock’ was recorded for) has never been heard.

This new version, which was premiered on the BBC Radio 2 breakfast show this morning, fuses Queen’s original backing track and Frieddie and Michael’s distinctive vocals. It’s produced and remixed by William Orbit. On the recording, Orbit has said;

“Hearing Michael Jackson’s vocals was stirring. So vivid, so cool, and poignant, it was like he was in the studio singing live. With Freddie’s vocal solo on the mixing desk, my appreciation for his gift was taken to an even higher level.”

The album is available as a 2 disc special and can be pre-ordered here.

Listen to the track here:

You can listen to the full song and interview with Brian May and Roger Taylor from Queen talk to Chris Evans on BBC Radio 2 about the song here (scroll to 01:42)

Source: Gigwise & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ