スモーキー・ロビンソン インタビュー:MJの生涯は「矛盾」

23歳にしてモータウンの副社長となったスモーキー・ロビンソンがマイケル・ジャクソンと最初に会ったのはジャクソンが9歳の時であった。ジャクソンが今日、その歳でこの業界に入っていたとしたら、彼にとってはどんなものであっただろうか、などとは想像もつかないとロビンソンは言う。だが、トラブル続きのジャスティン・ビーバーに対しては、彼は父親的な厳しい態度をとっている。

「彼は音楽の天才的才能を持っている。でも、彼については良い印象はないね。それは彼が間違った道を歩んでいるからだ。彼と1対1で話してみたいね。最初の頃に会ったけど、いい子だった。悪い奴と付き合っているんだと思うよ。悪いことに影響されているのさ」。

ジャクソンについては、彼はジャクソンの生涯を「矛盾」だと考えている。「幼いころ、彼は大人でなければならなかったんだ。彼は大人のように歌った。大人のようにステージで演じたんだ。それ以外では、彼は子供だったよ。周りで遊んでいた。でも、エンタテイメントということになると、スタジオとかステージとかでは、彼は大人だった。彼は30歳だったんだ。信じがたいことだったよ!」とロビンソンは静かに語った。

「そして彼が30歳になった時、彼は小さな子供だった。なぜなら彼は子供だったことがないからさ。金をかけて子供でいられることが彼には可能だったから、彼はそうしたんだ」。

ジャクソンとその兄弟たちは1975年にモータウンを去った。だがロビンソンはマイケルとの付き合いは続いていた。彼の早すぎる死を考える時、ジャクソンにとって良くないことが始まったのはどこだったのか。

「一つではないね。そうなるにはたくさんのことがあったんだよ。でも、すべての始まりは、ペプシのコマーシャル制作で火傷を負ったこと(1984年)だと思う。あれはひどいことだった・・・彼は頭にモノを入れざるを得なかった、プラスチックの、バルーンのようなものを、永久にね。(頭皮の)その場所を治療するにはそうせざるを得なかったんだ。それから、それに耐えるために痛み止めとかそういうものを服用しはじめたんだ。それがいろいろなことにつながっていってね・・・・」

インタビュー全文はこちら

■Smokey Robinson interview: MJ’s Life “paradoxical”

Smokey, who was made Vice President of Motown in 1963, aged only 23, first met Michael Jackson when he was nine; he says he can’t imagine how it would have been for Jackson if he’d started out in the business in this day and age. As a result, he takes a tough yet paternalistic attitude towards the endlessly troubled likes of Justin Beiber.

“He does have genuine musical talent,” he says of the Canadian. “But I feel very bad for him ’cause he’s on the wrong track. And I’d like to have a one-on-one conversation with him. I met him in the beginning and he was a nice kid. I just think he’s running with the wrong people now, and being influenced by the wrong things.”

As for Jackson, he considers his life “paradoxical”. “When he was a little boy he had to be a man,” Robinson says quietly. “And he sang like he was a man, and he acted on stage like he was a man. Other than that he was a kid, he was playing around. But when it came down to anything entertainment-wise – in the studio, on stage – he was a man. He was 30. He was incredible!

“And then when he got to be 30, he was a little boy. Because he’d missed out on that. So he took advantage of the fact that he could afford to be a little boy – and he was.”

Jackson and his brothers left Motown in 1975, but Smokey remained close to Michael. Considering his untimely death, where does he think it started to go wrong for Jackson?

“It wasn’t one thing. It was a lot of things that led up to that. But I think the start of all that was getting burned, making the Pepsi commercial [in 1984]. That did a helluva thing – he had to have some kind of thing in his head, a plastic thing or a balloon kind of thing, that was there permanently. Because they had to do that in order to fix that spot [on his scalp]. Then he had to start taking lots of pain pills and stuff like that to cope with that. One thing led to another …”

Read FULL Interview Here: http://www.telegraph.co.uk/culture/music/rockandpopfeatures/11077737/Smokey-Robinson-interview-God-saved-me-from-cocaine.html

Source: telegraph.co.uk / Craig McLean / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ