パリで「Neverland Lost」の展示

ヘンリー・ルートワイラーの写真集「Neverland Lost」の展示会が、9月1日から10月4日まで開催されている。

ヘンリー・ルートワイラーはスイス生まれの世界的に知られた写真家でニューヨークを根拠地としている。彼の作品は様々な出版社から出版されており、幾度となく賞賛を受けている。今回はフランスでは初となる展示会である。

「Neverland Lost」は、オークションで売却された数々の光り輝くアイテムを通じて、マイケル・ジャクソンの魔法を検証する。レンズを通じたルートワイラーによるドキュメンタリーである。

展示される写真を通じて、見る者は、史上最高のアーティストの外向けの仮面と、孤独でトラブル続きだったプライベートの間で苦しむ一人の男の内なる不安を理解することになる。

特許を取ったシューズの上に見えていた有名な輝くソックスは、シューズからは離されてラインストーンで装飾された普通のハイソックスの状態だ。スパンコールのスカーフやショルダー・パッドで飾られたジャケットやシャツには、メークや汗の後が残っている。ルートワイラーはニュートラルに肖像を説明することを通して、あるいは見るにはあまりにも本質的すぎると感じる者もいるかもしれないような写真のカタログを、「Neverland Lost」の中に創り出している。

ヘンリー・ルートワイラーは「Neverland Lost – A Portrait of Michael Jackson」についてこう書いている。

「これらの写真は、本にするつもりなど毛頭ありませんでした。2009年の2月、私は、ポップスター、マイケル・ジャクソンの象徴的な白いグローブの写真を撮るという雑誌の取材でカリフォルニアへ飛びました。私はポートレート写真家を長くやっていますが、人の生涯を形作ったモノを通じてその人を探ってみたいとずっと強く思っていました。私は心にある考えを持ってロサンゼルスへ行きました。撮影時間は1日もいらないと思っていました。マイケル・ジャクソンの元の家、ネバーランドはそれまで数年間空家となっていました。そして彼の持ち物は、荷造りされて木箱の中に詰められていました。オークションを待っていたのです。撮影のために現場に着いた時、何を見つけるべきか分かりませんでした。私が木箱の中に発見したものに、私は深い悲しみを覚えました。かつてキングだった男の持ち物は極めてシンプルなデザインでした。スパンコールで飾られたチューブソックス。子供用のアクセサリー。あの有名なグローブ・・・安物雑貨店のようなシンプルさの中に置かれ、とても質素な日常の中にある。私は二日間という当初の予定を終え、それでもまだその場を離れるはことはとてもできないと思いました。アシスタントと私はその後24時間その場にとどまり、たくさんの品物をじっくりと見ました。その中から私たちは写真を選ぶ必要がありました。3日後、私はニューヨークへ戻りました。この仕事は完成しないという予感がしていました。

個人の持ち物というのはほとんどの場合、ある種の悲劇をその背景に持っているのではないかと思います。ジャクソンのプライベートの世界への窓を作ろうという私の徹底的な努力にもかかわらず、出来上がった彼の肖像は完全ではありませんでした。写真撮影ができるようになっていないものが他にあるということはわかっていました。2009年の4月、私はカリフォルニアに戻りました。粘りと幸運のお陰で私たちはもう一度中に入ることを許されました。今回は、ニューヨークに戻った時にはストーリーを完成させるために必要な品物を手に入れていました。その後間もなく、私たちの探求は、急きょ終わりを迎えたある人生のドキュメンタリーとなりました。エジプトのファラオたちは、未来の世代に自分の一生を伝えるために霊廟を作ったと言われています。マイケル・ジャクソンは音楽の才能という神の意志のために少年時代を犠牲にしました。ネバーランドは失われた子供時代に対して彼が作ったピラミッドでした。この本の中に出てくる彼の品物は、彼が失ったネバーランドへと私たちを連れて行ってくれるのです

ヘンリー・ルートワイラー
2010年冬、ニューヨークにて」。

(参考)アートとしてのMJの遺品

■Colette Presents ‘Neverland Lost’

Colette, which is situated in Paris, is presenting an exhibition about the photobook ‘Neverland Lost’ by Henry Leutwyler. The exhibition will be from September 1st to October 4th 2014. The exhibition opens at 6 p.m on September 3rd.

Henry Leutwyler is an internationally recognized photographer, who was born in Switzerland and based in New York. His work has been the subject of numerous publications and was praised repeatedly. This is his first solo exhibition in France.

‘Neverland Lost’ examines the illusion of Michael Jackson through his glittering iconic products, which were to be sold by auction. This is a thorough documentary via the lens of Leutwyler.

Within these photos, the viewer is encouraged to understand the inner turmoil of a man caught between the public persona of one of the greatest artists of all time and his private life which, sadly, was considered isolated and troubled at times.

The famous sparkling socks that exceeded patent leather shoes are removed to be just ordinary knee socks decorated with rhinestones. Jackets or shirts adorned with sequined scarves and shoulder pads are marked with traces of makeup and sweat. Through demystifying neutral portraits, Leutwyler creates yet in ‘Neverland Lost’ a catalogue of most images that, for some, may be too intimate to behold.

You will find the exhibition here:

Colette

213 rue Saint-Honoré

75001 Paris

Tel: 01 55 35 33 90

Fax: 01 55 35 33 99

contact@colette.fr

Henry Leutwyler writes about ‘Neverland Lost – A Portrait of Michael Jackson’

“This collection of photographs was never intended to be a book. In February of 2009, I flew to California on a magazine assignment to photograph the iconic white glove of pop star Michael Jackson. Even though I am a lifelong portrait photographer, I have always had the urge to investigate people through the simplicity of the artefacts that make up their lives. I went to Los Angeles with one vision in mind and little more than a day to capture it. Michael Jackson’s primary home at Neverland had been vacant for several years and his belongings lay packed and stored in crates, awaiting public auction. When I arrived at the venue for the shoot, I had no idea what I’d find. What I discovered in those crates evoked in me a deep sadness. From the man who would be king, his artefacts were of the simplest design. A sequined tube sock. A child’s trinket. The famous glove – so revealing in its dime store simplicity, so mundane in its plainness. I completed the initial assignment in two days, yet found myself unable to leave. My assistants and I remained on location for another twenty-four hours, poring over more than a thousand items from which we had to choose our images. I returned to New York after three days, with a premonition that the task wasn’t finished.

It seems that an individual’s belongings rarely become available without some tragedy as a backdrop. Despite my exhaustive efforts to create a window into Jackson’s private world, the portrait was not complete. I knew there were other objects that had not been made available to be photographed. In April of 2009, I flew back to California. Through perseverance and good fortune, we were granted one last access. This time, when I returned to New York, I had the pieces I needed to complete the story. Shortly thereafter, our investigation became a documentation of a life cut short. It is said that the Pharaohs built tombs to reveal their lives to future generations. Michael Jackson sacrificed his childhood to the calling of his musical gift. Neverland was the pyramid he constructed to a lost childhood. The artefacts captured in this book return us to the Neverland he lost.”

Henry Leutwyler, Winter 2010, New York City.

Source: Colette, Henry Leutwyler Facebook, Neverland Lost & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ