MJを書くことについて書く:一部の批評家はいまだ誤解している

マイケル・ジャクソンが存命ならば、明日は56歳の誕生日だ。そして死後5年以上経つにもかかわらず、一時住んでいたに過ぎないラスベガスから故郷のインディアナ州ゲーリーまで、そして世界中のファンたちは、生前と同様にキング・オブ・ポップを称えるだろう。

いろいろな意味で彼は生きている。没後の最新作「Xscape」からリリースされた曲がこの夏はオンエアされている。そして金銭的な側面から見た場合、ジャクソンは生前以上かもしれない。すなわち、過去5年間で7億ドル以上を稼ぎ(80年代後半以降では最高の伸び方)、そして同じ期間を対象にフォーブスが調査したどの存命の芸能人の収入をも上回っているのである。

だが、ジャクソン・ルネッサンスの真っただ中で、彼のイメージや財政面がある種の変化を遂げているにもかかわらず、主流メディアのいたるところで、そしてタブロイドでは、一部のしつこいストーリーが主張され続けている。この残念な現実は、自著「Michael Jackson, Inc.」をこの夏出版して以来私が目にした興味深いことの一つである。

この本を書いたことにより、私はこのような傾向を観察するという他にはない立場となった。インターネットの魔法(特にGoogleアラートとツイッター)のおかげで、私の本についての論評が発表されて数時間でそれらを目にすることができるのである。

ライターとして、「Michael Jackson, Inc.」に対する反応のほとんどは満足のいくものであった。ビルボード誌からVIBE誌、シカゴ・トリビューン紙などで取り上げられた。アマゾンでは「Book of the Month in Business & Leadership」に挙げられ、USAトゥデイは「the hottest titles this season(今シーズンで最もホットな本)」の一つであると評した。さらに、(書評で有名な)カーカスは「価値ある分析」、エボニー誌は「世界中のファンたちも聞いたことがない視点を提供している」と評している。

だが、いくつかのケースでは、そのレビューというものが本について触れられたものではなく、キング・オブ・ポップについての古い議論を焼き直したり、判断を下す口実にしているに過ぎないのではないかと思われるものがある。その大半は、「Michael Jackson, Inc.」のレビューではなく、マイケル・ジャクソン自身のレビューと見た方がよいのではないかと思えるものであった。

例えば、ウォールストリート・ジャーナル誌のレビューはキング・オブ・ポップについての筆者の考えから始まり、彼を「未熟な神」、「巧妙な神」、「おそらく児童性的虐待者」である、などと評しているのだ(ジャクソンは突きつけられたすべての容疑で無罪であったことなど全くお構いなしである)。

一方ワシントン・ポスト紙はジャクソンの「風変わりな行為と犯罪の疑惑」について焦点を当て、私の本が「企業実体としてのジャクソンに焦点を当てるために、興味ある部分を除外している」と批判した(ジャクソンのキャリアにおける財政面を調査することがタイトルで述べられた目的であるにもかかわらずだ)。

はっきりさせておこう。物書きとして、これらのマスコミが私の著書に興味をもったことについては非常にうれしく思うし、たとえ私が同意できないとしても、仲間である物書きたちが自身の意見を述べるという権利を私は尊重している。だが、財政面について焦点を当てているものでさえ、ジャクソンの生涯とレガシーの調査が、しばしば従来の繰り返しで覆われているということに私は驚かされた。

この類の話は、ジャクソンを深く研究している者、例えば私の友人のジョー・ボーゲル(「コンプリート・ワークス」の著者)や故ジェイムズ・ボールドウィンらがすでに気づいていたことである。ボールドウィンがこう記しているのは有名だ。

「マイケル・ジャクソンに関する雑音は、それがジャクソンに関する事では全くない、という点で興味深い。・・・ 彼はすぐには許されないだろう。それは、これほど多く形勢を逆転させ、成功を収め、そしてモンテ・カルロの銀行を潰した男でもマイケルの弱みを握っていないからだ。こういった雑音はアメリカのことなのだ。黒人の、特にアメリカの黒人男性の生命と財産の不誠実な管理人としてのアメリカ。燃やされ埋められたアメリカの罪のことなのだ」。

ジャクソンは本当に多くのことをひっくり返した。彼のエキセントリックさを否定するものもいるだろうが、彼が成し遂げたことの中には、ミュージック・ビデオ時代のジャッキー・ロビンソン(注:黒人メジャーリーガーの祖)とも言えるものもある。彼は、かつて白人ロッカーたちの場であったMTVに対し、黒人アーティストの作品をヘビー・ローテーションさせた。その手始めは「Billie Jean」だった。

1985年にビートルズのカタログを購入したことにより、ジャクソンは、被雇用者としてのアーティストという枠組みをひっくり返し、オーナーとしてのアーティストという考え方に置き換えた。そして、スーパースターを収益化する新しい手法を開拓し、自分の服やスニーカー、ビデオ・ゲームを発売したが、それは結果として、ジェイ・Zやディディのような現代の大物たちのための道を切り開くことになったのだ。

このようなしつこいネガティブなストーリーは、進展することはあっても、メディアの中で沈んだことは一度もないのだ。ジャーナリストとして、主観的な意見を排除し、客観的真実に焦点を当てる義務が私たちにはある。ジャクソンの場合、多くの観察者にとっては、古代の大洋の底にたまった沈殿物のように長い間かけて彼らの主観は定まったようだ。いまだ客観的であると誤解されることもあるような強固なものを形成しているのである。

ジャクソンの死から5年。こういった沈殿層は薄くなっている部分もあるように思われる。彼の作品の復興具合から判断すれば、彼の収入は変化の証拠となるだろう。世界の文化やビジネスに影響を与え続けていることを考えれば、このような傾向は今後も続くだろうが、しかし、客観性が主観に打ち勝つにはまだ時間がかかるのだ。

これは、キング・オブ・ポップへの未来の誕生日プレゼントである。

ソース:FORBES
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ