「Brooklyn Loves MJ」の様子

111refdv.jpg


スパイク・リーは、自ら主催したブルックリンでの年一回のパーティーで、サインをしたりファンたちとハイタッチをしたり、あるいは歌い踊る群衆に向けてTシャツを投げたりしながら歩き回っていた。

日曜の午後に集結した数千人がマイケル・ジャクソンの56回目の誕生日を祝福した。

「Brooklyn Loves MJ」と題されたこのパーティーでは、ジャクソンを象徴する音楽が周囲数ブロックに響き渡っていた。近所では買い物かごを提げた通行人がダンスをしていた。バルコニーから眺めていた近所のアパートの住人たちはビートに合わせて頭を振っていた。

スパイク・リーはオレンジ色のベルベッドのフェドラをかぶり、「Thriller」期のジャクソンのイメージがプリントされたナイキ・エアフォースワンを履いていた。そのかかとには「Thriller」と書かれていた。(ちなみにフェドラはParty Cityが数百人に無料で提供したもの)

お昼を過ぎたころ、木のようないでたちの54歳の男性ライオネル・パウエル氏が注目を集めていた。10フィートもある竹馬(それが木のように見えていた)に乗って群衆の上で踊っていたからだ。彼は話をしたり写真に納まったりする際には竹馬のままかがんでいた。まっすぐ立ち、腕を伸ばして少しの間日光を遮るというようなこともしていた。

「すこし日陰を作ってあげているんですよ」とパウエル氏は笑いながら言った。

マイケル・ジャクソンのTシャツを売る人、美と健康のための商品を売る人、ジャーク・チキンを売る人、フルーツ・ジュースを売る人。

パトロールをしながら頭でリズムをとる警察官まで登場。清掃員たちはゴミを拾いながら歌っていた。二人の救命士がジャクソンのムーンウォークを習っていた。

「勤務中だけど」とその一人は言った。「『Thriller』が聞こえてきたら、動かずにはいられないだろ?」

■Spike Lee Honors MJ at Annual Party in Brooklyn

Spike Lee walked around his annual party in Brooklyn signing autographs, fist-bumping fans and throwing T-shirts into the dancing-and-singing crowd.

Thousands of revelers gathered Sunday afternoon to celebrate what would have been Michael Jackson‘s 56th birthday.

At the party, titled “Brooklyn Loves MJ,” Jackson’s iconic music boomed for blocks around. In the neighborhood, passersby danced while carrying groceries. Residents of the apartments overlooking the plaza nodded their heads to the beat as they surveyed the scene from their balconies.

Mr. Lee strode through the crowd wearing an orange velveteen fedora (provided by Party City, which outfitted hundreds in free fedoras) and Nike Air Force One sneakers emblazoned with images of Jackson from the “Thriller” era. The sneakers said “Thriller” on the back.

In the early afternoon, Lionel Powell, a 54-year-old man dressed as a tree, caught the attention of many as he danced through the crowd on 10-foot-tall stilts that looked like tree trunks. He crouched on his stilts to speak and to be photographed, and once, when he stood back up, he stretched his arms out, blocking the sun for a moment.

“I’m givin’ you a little shade,” Mr. Powell said with a laugh.

People were selling Michael Jackson T-shirts, holistic health and beauty products, jerk chicken and fruity beverages.
Even the police officers bobbed their heads as they patrolled. Maintenance workers sang as they picked up litter. Two emergency medical technicians attempted to learn Jackson’s moonwalk.

“We’re on duty,” said one of the medical technicians, “but when ‘Thriller’ comes on, you can’t just stand there.”

Source: DAVID SHAPIRO / wsj / MJ-Upbeat.com

Edited by MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ