スーパーDJデヴィッド・ゲッタ、MJとのコラボのチャンスがなかったことを残念がる

デヴィッド・ゲッタはキング・オブ・ポップの生前に一緒に仕事をする機会がなかったことを悔やんでいる。

彼は、リアーナやニッキー・ミナージュ、ケリー・ローランド、スヌープ・ドッグ、アッシャーといったポップのビッグネームと仕事をしてきたが、マイケル・ジャクソンと仕事をしていれば、それが彼の中でのドリーム・コラボーレーションだっただろうと述べている。

「マイケル・ジャクソンとの仕事なんて、すごいものだったろうな。でも、時すでに遅しだね」。

46歳になるプロデューサー、デヴィッド・ゲッタは世界で最も成功したDJの一人で、ヒット曲を作ってほしいという要望が世界中のポップ・スターたちから寄せられている。

ゲッタは自身の成功の理由を、スタジオやツアーで常にハードワークをこなしていることだと述べている。

記事全文はこちら(英文)。

■ David Guetta regrets not getting the chance to collaborate with Michael Jackson

David Guetta wishes he could have had the chance to work with the King of Pop before he died.

The super-DJ has worked with many of the biggest names in pop, including Rihanna, Nicki Minaj, Kelly Rowland, Snoop Dogg and Usher, but he admits his dream collaboration would have been with Michael Jackson.

Guetta said:

It would have been awesome to work with Michael Jackson, but therefore it’s too late now.

The 46-year-old producer is one of the most successful DJs in the world and is wanted by the globe’s top pop stars to create hits for them.

Guetta insists the reason he is so successful is because he works hard in the studio and tours constantly.

Read the full article at Yahoo! Entertainment.

ソース:LMJ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ