最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(最終回)

2002年

「ネバーランドはディズニーランドとサンディエゴ動物園を合わせたようなもので、子供たちに常に開放されていました。ガンと闘っている子供もいれば、歓喜の一日を過ごすために貧困街からバスで連れてこられた子供たちもいました。そして来た子供たちは皆、マイケルがすべての子供たちに示した配慮に対して言葉がありませんでした。ある10歳の子供は、化学療法で髪の毛を失っていることがバレるために帽子を取るのを嫌がっていました。でもマイケルが一日がかりで彼に自信をつけさせたことで、彼は最後には帽子を取りました」・・・マイケル・ジャクソンの友人シュムリー・ボテアック

その10歳の少年ギャヴィン・アルヴィーゾは重度のガンを患っていた。彼は腎臓と脾臓を失い、化学療法を繰り返し受けていた。マイケル・ジャクソンに会うというのは彼の最後の望みだった。

マイケルと時間を過ごしてから、彼は奇跡的に病気に打ち勝つことができた。彼は今も健在で元気に過ごしている。最近、結婚もした。

***

以上のストーリーからわかるように、マイケル・ジャクソンは途方もなく親切で共感する心を持っていました。しかし、ここでさらに触れるべきこと、それは彼の勇気です。立ち去ったり目をそらすことをせずに向き合うことができる人が珍しいほどの、次々に起こる悲劇や心の痛む光景を自分の意志で見るという勇気。痛みや感情を抑え、人生の目的であると信じること・・・死にゆく子供たちの顔に笑みをもたらし、望みをかなえること・・・を実行し継続する勇気。
マイケルの友人の画家デヴィッド・ノーダールはかつてマイケルにこう尋ねています。「マイケル、どうしてそんなことができるんだい?死にゆく子供たちと時間を過ごし、そしてそこからステージへ上がり、あのようなパフォーマンスを行う。どうしてそんなことができるんだい?」マイケルはこう答えています。「僕がやらないでいられるはずはないだろ?子供たちは僕に会いたいと思っている。僕自身が重要でなく、スーパースターのマイケル・ジャクソンが重要なんだ。もし僕が、子供たちの命を1分でも1時間でも1日でも、あるいは1か月でも伸ばすことができたら、それは価値があることとは思わないか?」

(参考)(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)(その6)(その7

■2002

“Neverland is Disneyland meets the San Diego Zoo, gates open wide to a steady stream of children. Some youngsters were fighting off cancer, others were bussed in from inner city schools to enjoy a day of rapture, and all were rendered speechless by the personal attention that Michael gives to each and every child. One 10-year-old child, ashamed to take off his hat and reveal his chemo-ravaged bald head, finally removed the covering after Michael spent a day building up his confidence.”
- Shmuley Boteach, Michael Jackson’s friend

That 10-year-old boy, Gavin Arvizo, suffered from a severe form of cancer. He lost his kidney and spleen and went through several cycles of chemotherapy. It was his last wish to meet Michael Jackson.

After spending time with Michael, he was able to miraculously beat the disease. He is alive and well today; he recently got married.

***

As evident from these stories, Michael Jackson was a man of exceptional kindness and empathy. But what also deserves to be mentioned in this context, is his courage. The courage to become a voluntary witness to one tragedy after another, heartbreaking scenes that a rare person is able to handle without stepping out and turning away. The courage to carry on, withholding pain and emotions, and continue doing what he considered to be his purpose in life – bringing a smiles to the faces of dying children and granting their last wish.
Michael’s friend, artist David Nordahl once asked him, “Michael, how can you do that? How can you spend the time with these children who are dying and then go from that, on stage and give that kind of performance?” Michael said, “How could I not? If these children want to see me. I know I’m not important, but Michael Jackson the superstar is, and if I can make a child live an extra minute or an hour or a day or a month, then wouldn’t that be worth it?”

ソース:Michael Jackson.ru
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ