カセットテープで作ったMJ

tape-mj.jpg


あるアーティストが、素晴らしいアートを生み出し、かつ余剰となったテクノロジーを価値あるものに作り変える独創的な手法を見出した。

シカゴ在住のエリカ・シモンズは、古いカセットテープを使ってアイコンたちの肖像を生み出している。ジョン・レノン、カート・コバーン。そして、キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンだ!

30歳になる彼女は、オーディオ・カセットやVHS、オーディオ・ブックなどからのテープを使って白いキャンバス上に作品を製作するということを6年間続けている。使用しているテープは、使わなくなったテープを無駄にしたくない世界中の人々からの寄付によるものだ。

一つの作品の制作には数週間かかる。また、作品の高さは1フィートから3フィートまで自在にできるという。

■MJ Artwork Made From Cassette Tape

An artist has found an inventive way to create amazing works of art and up-cycle a redundant technology.

Erika Simmons, from Chicago, uses old cassette tape to recreate iconic images of people such as John Lennon, Kurt Cobain and the King of Pop, Michael Jackson!

The 30-year old artist has been creating the works by glueing tape from cassettes, VHS tapes and old audio books on white canvases for the past six years. The tapes are donated by people from all over the world who don’t want to see their now useless tapes go to waste.

It takes her a few weeks to make each piece and each one can be anywhere between one and three feet tall.

Source: Metro & MJWN
関連記事