最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(その7)

1997年

イタリア・ラティーニ在住の少年ダニエレ・パリジは8歳の時にエイズと診断された。生母からエイズ・ウィルスに感染したのである。ダニエレはマイケル・ジャクソンの大ファンで、1997年、14歳の時にHIStoryツアー・ミラノ公演を見る機会があった。6月18日のことである。

コンサートの間、ツアー・チームのメンバーがツアー・プログラム付きのギフト・バッグをダニエレに贈った。コンサートが終わりに向かう頃、「Heal The World」の時、マイケルは、病気で弱っていて歩くことができず、椅子に座っていたダニエレのところへ行き、彼の前でひざまずき、彼の手にキスをした。それから彼を抱き上げてステージのセンターへ連れて行き、ポーズをとって写真を撮った。

このような体験の後、ダニエレの状態は目に見えて急回復し、医師が「奇跡だ」と言ったほどであった。それはあたかも、マイケルが彼の命を伸ばしたかのようであった。ダニエレは再び歩けるようになり・・・時には走るほど・・・よく食べるようになった(体重も増えた)。だが最も重要なことは、闘い続ける自信、続ける自信を得たことであった。残念ながら、ダニエレはその2年後、インフルエンザによる脳感染症で亡くなった。彼の養母はのちにこう振り返っている。

「1997年6月18日、ミラノのサン・シーロ(スタジアムの名前)で会ったことは魔法であり奇跡でした。マイケルは、赤で装飾されたドレッシング・ルームで会ってくれたのです。大きな鏡とライトがありました。彼は痩せていてよわよわしい感じでしたが、優しくて大変謙虚でした。白いシャツに黒いパンツで髪の毛はルーズになっていて、肩にかかっていました。ダニエレにとっては何という光景でしょう!マイケルはとても気を使ってくれて、ダニエレの手を取ってかがんでくれました。彼はダニエレと、ラテン・アメリカのダニエレの友達用にサインをたくさんしてくれました。ボディガードがダニエレをステージへ連れて行ってくれました。彼はそこからファンタスティックなコンサートを観ることができたのです。でも何といっても最高だったのは、マイケルがダニエレを腕に抱いて、4万人が見守るステージへ連れて行ってくれたことです」。

2005年、マイケルが苦境にあった時、その養母はマイケルに応援する旨の手紙を送っている。

「私の息子、ダニエレに対してあなたがしてくださったことは決して忘れません。あなたに会った後、医師は奇跡だと言いました。数ヶ月間、エイズではないかのような状態だったからです。息子はもういませんが、息子は天国からあなたを見ています。息子はあなたがしてくれたことを決して忘れていません。神のご加護がありますように。

mj_daniele.jpg

(参考)(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)(その6

■1997

Daniele Parisi, a boy from Latina, Italy, was diagnosed with AIDS at the age of 8. The virus was transmitted from his biological mother. Daniele was a big fan of Michael Jackson and in 1997, when he was 14, he had the opportunity to attend a concert of the HIStory World Tour in Milan on June 18.

During the concert, a team member gave Daniele a gift bag including the tour program. Towards the end of the concert, during the song “Heal the World”, Michael went to Daniele who was sitting in a chair unable to walk due to weakness caused by his illness, knelt before him and filled his hands with kisses. Then he picked him up and walked to center stage posing for several photos.

After this experience, Daniele health has noticeably improved so fast that the doctors called it “a miracle”. It was as if Michael had given him a few years of life. Daniele started to walk again — sometimes even running — eating better (gaining weight), but most importantly of all, he gained self-confidence to keep fighting and keep going. Unfortunately, Daniele died two years later from a brain infection due to influenza. His adoptive mother later recalled:

“Our meeting at the concert in San Siro 18 June 1997 was magical and marvelous. Michael met us in his dressing room decorated in red, with a large mirror and lights around it. He seemed thin and frail, but he possessed sweetness and infinite humility. He wore a white shirt with black pants and his hair was loose, locks falling on his shoulders. What a vision it was for Daniele! Michael was very attentive and bent to Daniele with his hands folded… He left many autographs for him and his friends in Latin America. His bodyguards took Daniele up on stage where he could watch the fantastic concert. But the best moment was when Michael took Daniele on the stage with him in his arms, in front of 40 thousand people.”

In 2005, during the difficult time for Jackson, the boy’s mother sent him a letter of support:

“I’ll never forget what you did for my son, Daniele. After meeting you, the doctors called it a miracle, because for some months it was like he never had AIDS [...] My child is not here with us anymore, but I know that from up there he’s always looking over you. He’s never forgotten what you did for him. God bless you,
Antonietta (Italy)”

ソース:Michael Jackson.ru
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ