ブラッド・サンドバーグ、ネバーランドを振り返る

ネバーランド売却の発表を受け、マイケル・ジャクソンの元エンジニア、ブラッド・サンドバーグ(現在、マイケルとの音楽制作について話をしている)が、マイケルの魔法の家を訪問した時のことを振り返っている。

ネバーランドへは何度行ったかわからないね。「明日、父さんはマイケルの牧場へ行くので帰りは遅くなります」っていうのは、娘たちが僕がネバーランドへ行くことをそういう風に言っていたんだ。15年間、僕は定期的に、家から数マイルの曲がりくねった道を、ローズ・ボウルから118号線、101号線を通って、サンタバーバラまで、それから山を登ってロス・オリボスへ。2時間半くらいだね、道が空いていれば。

面白いのは、ネバーランドへのドライブは全然飽きることがなかったんだよ。頭の中は、何か興奮していたんだ。小さい頃、遊園地に行くとか、海へ行くとかいう時みたいにね。そう、仕事だったんだけど、仕事以上のものだったんだ。僕たちは魔法のような、みんなをハッピーにするような場所を作ろうとしていたんだから。

ネバーランドへ最初に行った時のことを覚えているよ。1988年だね。マイケルがネバーランドを購入して関係書類をスタジオに持ってきたんだ(元々シカモア・バレー・ランチという名前だった)。写真を見せるためにね。マイケルは僕を黙って連れ出して、寝室にスタジオのモニターを設置してほしいと言ったんだ。気がつくと、ネバーランドへの最初のドライブをしていたよ。

ネバーランドに着くと、セキュリティ・ゲートが目に入る。それからブザー。僕は数え切れないくらいそのゲートを通ったし、ガードマンは僕のことも僕の大きなグリーンのシボレー・タホのことも知っているのに、来客リストに名前が載っていなければネバーランドには決して自由には入れなかったんだ。名前が載っていると、あの大きな木のゲートが開いて、警備員の詰所まで乗り入れられるんだよ。ちょうど反対側さ。セキュリティは常にプロフェッショナルでフレンドリーだった。でもカジュアルではないんだ。僕は行くたびに同じことを聞かれたよ。それからサインするように言われるのさ。

「カメラはお持ちですか?」

「いいや」

「どこへ行くのかはご存じですか」

「ああ」

クリアーになると、通ることを許されるんだ。

最初のゲートから2番目のゲートまでは1マイルくらいかな。芝生も花もなくて、その丘はいつも乾燥していて埃っぽかったね。生い茂った低木があってトカゲがいたよ。世界的セレブの家のドライブウェイだとは誰も思わないだろうね。

そのうちに、道路の脇からゲストを歓迎する「Boy On The Moon」のロゴが見えてくるんだ。最後の丘をようやく越えて、コーナーを曲がる。偶然なのか意図的なのか、僕は、手入れされた芝生や庭をちょっとずつ眺めるのがいつも好きだったよ。偉大な歌や映画への長くゆったりとしたイントロのような感じだった。青々とした芝や白いフェンスが見え始めるんだ。

運転していると、もっといろいろなものが見てくる。池や、大きな家を守っている大きなオークの木、ゲストハウス、列車と列車の駅、像、そして遠くには、もっといろいろな建物が。そしてもちろん遊園地や動物園もね。

あの丘にはたぶん250回以上は登っているけど、それでも毎回興奮でウズウズするような感じだったよ。そうならないようにするのは不可能だね。

きれいに飾られたゲートへと続く最後の丘を下ると、バスやゲストが車を止めるための大きな駐車場が見えてくる。これは全部、ネバーランド訪問というドラマの一部なんだ。一度に全部を見ることはできない。だんだんと見えてくるんだよ。

最初に車を降りて、例のきれいなゲートをくぐる。それは僕らが「オーネイト・ゲート(きれいな門)」と呼ぶゲートだ。

ネバーランドはたくさんの車が通れるようにはできていない。ほとんどの道は、芝生にはみ出さずに車がすれ違えるほど広い部分はほとんどないんだ。それに、ゲストはほとんどが(そしてマイケルも)ネバーランド内では特注のゴルフ・カートに乗っていたんだ。だから、ゲストの車やトラックをこの駐車場に出来る限り留めておいた方が安全だったんだよ。

マイケルは積み重ねを作ったりドラマチックにすることが大好きだったんだ。そしてそれは、ゲストがゲートに着いたところから始まるんだ。ゲストたちは車を離れる。そしてユニフォームを着たスタッフに出迎えられ、プライベート遊園地の列車へと案内される。これはゲストたちにとって、マイケルの世界への入り方としては素晴らしいやり方だったよ。

彼はストーリーの話し方やステージの作り方をよく知っていたんだよ。これはすべてこのゲートから始まるんだ。

ネバーランドのようなところは地球上にはないだろうね。そして二度と同じものはできないだろう。創った人がいってしまったから。でも僕の記憶の中では完璧に生き続けているよ。

最近、ネバーランドが売られるというニュースを読んだよ。僕は複雑な思いだ。でも、マイケルのいないネバーランドはない。それが一番すんなり理解できると思う。僕はみんなに喜んで話すよ。ネバーランドがどんなだったかってね。音楽や乗り物、動物園。そして、ブラッド・バクサー以外にこういう話をシェアしている奴は思いつかないな。

来月にオーランドでやる「Bradx2 – Extended Mix」にぜひ来てほしいな。ネバーランドの思い出の特別コーナーも用意するよ。

チケットは発売中だ。君も来てくれるかな?(Will you be there?)


■Brad Sundberg Reflects On Neverland

After the announcement that Neverland is going to be sold this week, Michael’s former engineer Brad Sundberg, who currently gives talks about his time creating music with Michael, has reflected on the many occasions he visited Michael’s magical home:

It would be hard to estimate how many times I had been to the ranch. That’s what my girls called it. “Dad’s going to Michael’s ranch tomorrow, so he’ll be home late.” For fifteen years I had periodically driven the winding roads from my house just a few miles from the Rose Bowl across the 118 to the 101, through Santa Barbara then up the mountain to Los Olivos. It was almost exactly two and one half hours each way, if traffic was kind.

The funny thing about driving to the ranch was that I never got tired of it. There was always a bit of excitement going on in my head, like when I was young and going to an amusement park or the beach. Yes, it was work, but it was more than just work. We were building a place that was magical, and it made people happy.

I remember my first time at the ranch, likely in 1988. Michael had
purchased it and brought a real estate book about it (it’s former name was Sycamore Valley Ranch) to the studio to show us pictures of it. He quietly pulled me aside to ask if I would install some studio monitors in his bedroom, and the next thing I knew I was driving to Neverland for the first time.

When you arrived at Neverland, the first thing you saw was the security gate, and the buzzer. Even though I have driven through that gate countless times, and the guards knew me and my big green Chevy Tahoe, I never had the freedom to enter the property if
my name was not on the pass list. Once they found your name, the giant wooden gate would open, and you would drive to the guard shack just on the other side.

Security was always professional and friendly, but never casual. I was asked the same questions almost every visit, and asked to sign in.

“Do you have a camera?”

“No.”

“Do you know where you are going?”

“Yes.”

Having been cleared, you would be allowed to proceed.

The drive from the first gate to the second gate was perhaps the better part of a mile. There were no lawns or flowers, and the hills were usually dry and dusty with bushy shrubs and lizards. You would never think it was the driveway of a global celebrity.

Before too long you would see the “Boy On The Moon” logo welcoming guests from a sign on the side of the road. Finally you would pass over that last hill and start to round the corner. Whether
by chance or design, I always liked this little buildup of waiting to see the manicured lawns and gardens. It was like a long, slow introduction to a great song or movie. You would start getting glimpses of lush green grass and white fences.

As you drove, more things would come into view: the lake, giant oak trees protecting a huge house, guest houses, the train tracks and a train station, statues, and far off in the distance, there were more buildings, and of course the amusement park and zoo.

Even though I had crested that hill perhaps 250 times, I still got that little twinge of excitement every single time. It would be impossible not to.

As you would drive down the last hill leading to the ornate gate, you would see a huge parking lot for buses and guests to leave their cars. This was all part of the drama of visiting Neverland. You didn’t get the whole show at once, it was delivered in stages.

First you would leave your car and take a short walk through the ornate gate. At least that’s what we called it, the “Ornate Gate.”

Neverland wasn’t really set up for a lot of traffic, as the primary roads are barely wide enough for two cars to pass each other without driving on the grass. Also, most guests (and Michael) drove customized golf carts on the ranch, so it was safer to keep as many guest cars and trucks in this lot as possible.

Michael loved to create build-up and drama, and it started with the arrival of the guest at this gate. Guests would leave their cars and be greeted by a uniformed ranch employee, and escorted onto a private amusement park train. This was a great way for them to enter into Michael’s world.

He understood how to tell a story and how to set a stage, and it all started at this gate.

There really was no place on earth like Neverland, and it will never be the same because its creator is gone. Still, it will always be fully alive in my memory.

I recently read that the ranch will be put up for sale. I guess I have mixed feelings about that, but there is no Neverland without Michael, so I suppose this makes the most sense. Still, I would like to try to tell you what Neverland what like, from the music, to the rides, to the zoo. And I can’t think of a better guy to share some stories with me than Brad Buxer.

Join us next month at the “Bradx2 – Extended Mix” seminar in Orlando, featuring a special segment on our memories of Neverland.

Tickets are on sale now. Will You Be There?

Source: In The Studio With MJ & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ