最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(その6)

1994年
1994年にブダペストの小児病院を訪問したマイケル・ジャクソンと当時の妻リサ・マリー・プレスリーは、肝臓移植を必要としている幼いベーラ・ファルカシュと会った。ベーラは孤児で、生まれた時に母親に見捨てられていた。そして彼は回復の見込みがなかった。彼の命は、マイケルと彼が設立した基金「Heal The World」が費用を出した手術によって救われた。



1996年にブダペストを再度訪れた際のマイケルとベーラ
Bela Farkas


「Michael Jackson, The Visual Documentary」の著者エイドリアン・グラントは、「一番の成しえたことは何かとマイケルに尋ねたことがあるんです。『ベーラの命を救えたことが僕の人生で最も重要な瞬間だった』とマイケルは率直に話してくれました」と振り返っている。
現在、ベーラ・ファルカシュは元気に過ごしている。最近彼は、かわいい女の子の父親となった。彼は公にすることを避けているが、マイケルが亡くなった時、彼はメディアに以下の言葉を語った。「私は、マイケル・ジャクソンという人をよく知っています。そして、彼は私の命の恩人です」。ベーラの話の詳細は「Why did you choose me?」まで(英文)。

(参考)(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)

■1994

During their visit to a children hospital in Budapest in 1994, Michael Jackson and his then wife Lisa Marie Presley saw little Bela Farkas who needed a liver transplant. Bela was orphaned, his mother had abandoned him at birth, and the boy had no chance for recovery. His life was saved by a surgery that Michael and his foundation ‘Heal The World’ paid for.

Michael and Bela in 1996, during Michael’s next visit to Budapest:

Adrian Grant, the author of “Michael Jackson, The Visual Documentary”, recalls, “I once asked Michael what he considered to be his greatest achievement. ‘Saving Bella’s life was definitely one of the most important moments in my life,’ said Michael honestly.”

Today Bela Farkas is alive and doing well. Recently he became a father of a beautiful newborn girl. He avoids publicity, but when Michael died, he said the following words to the media: “I know who Michael Jackson is, and I know that I owe him my life.” More about Bela’s story – in article “Why did you choose me?”

ソース:Michael Jackson.ru
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ