セカンドシングルは「A Place With No Name」だとL.A.リードが発言

Hamptons Magazineが行った最近のインタビューで、マイケル・ジャクソンの最新アルバム「Xscape」のエグゼクティブ・プロデューサーのL.A.リードが、セカンドシングルは「A Place With No Name」になる予定だと語っている。

リードは、1979年のヒット、「Off The Wall」以来マイケル・ジャクソンのソロ・アルバムを製作してきたソニー・ミュージックの一部門、エピック・レコードのトップである。次のシングルは何になるのかという直接的質問に対し、リードは「『A Place With No Name』という曲ですよ。元々はアメリカというグループがレコーディングし、マイケルが新たにレコーディングしたものです。8月11日にリリースしたいと希望しています」と答えた。これはサマー・ヒット「Love Never Felt So Good」に続く曲である。「Love Never Felt So Good」は世界で250万枚が売れている。

「A Place With No Name」は1972年のアメリカの曲「A Horse With No Name」の翻案である。元の曲の一部がサンプリングされ、詞の一部には似ている個所が見られる。90年代後半には一部がレコーディングされており、2009年にはそれがリークされ、そしてアルバム「Xscape」で正式に発表される前の2013年には全編がネット上にリークされていた。アメリカは、マイケルが自分たちの作品を選んでくれたことを光栄に思うと声明を発表している。昨年リークされた際、MTVに対するコメントで、彼らはこう述べている。

「マイケル・ジャクソンがこの曲を選んでレコーディングしてくれたことを光栄に思う。マイケルのレコーディングのクォリティーに感動したよ。世界中のリスナーが聴けるように、そしてマイケル・ジャクソンの他に比べようもない輝きをもう一度体験できるよう、リリースされるといいなと思っているよ。(中略)マイケル・ジャクソンは良くやってくれた。彼のファンと、そして僕たちのファンが全部を聴けるよう願っている。感動的なことだね」。

作曲者のデューイ・バネルはさらにコメントし、マイケルがレコーディングしたということがとにかく誇らしく思うとしてこう述べている。「すばらしい解釈だね。僕が書いたオリジナルを興味深いものにしてくれているよ」。

シングルとしてリリースされる予定の現代化バージョンは、ノルウェー人プロデューサーのスターゲイトがプロデュースしている。MJWNではセカンドシングルに何を希望するかの投票を受け付けたが、「A Place With No Name」が1000票を集めて1位となっている。

■2nd Single: A Place With No Name

In a recent interview with Hamptons Magazine, L.A. Reid, the executive producer of Michael’s latest posthumous album ‘Xscape’, has said that the second single to be released will be ‘A Place With No Name’.

Reid heads up Epic Records, an arm of Sony Music that has produced Michael’s albums since his first solo smash ‘Off The Wall’ in 1979. When asked directly what the next single will be, Reid replied “A song called “A Place With No Name” that was originally recorded by the group America and that Michael redid. We’re hoping to release it on August 11″. This will be the follow up track for the summer hit ‘Love Never Felt So Good’, which has already sold 2.5 million copies around the world.

‘A Place with No Name’ is a play upon the 1972 song ‘A Horse With No Name’ by the band America. The song samples part of the tune and some of the lyrics are similar. A snippet of the song, which was originally recorded in the late 1990s, was leaked back in 2009 and the full song leaked on the Internet in 2013, before it was officially released in May on the ‘Xscape’ album. The band America have since come out to state that they were honoured that Michael chose to sample their work. In a statement to MTV, soon after it was leaked last year, the band said:

“We’re honoured that Michael Jackson chose to record it and we’re impressed with the quality of the track. We’re also hoping it will be released soon so that music listeners around the world can hear the whole song and once again experience the incomparable brilliance of Michael Jackson [...] Michael Jackson really did it justice and we truly hope his fans—and our fans—get to hear it in its entirety. It’s really poignant.”

The original composer, Dewet Bunnell, further commented that he was very proud of the fact that Michael recorded it. “It’s a good version and an interesting derivative of the original that I wrote” he said.

The contemporized version of the song, which will be the publicly released single, was produced Norwegian producers StarGate. In a recent poll on the MJWN website, we asked what fans would like to see released as the second single. ‘A Place With No Name’ won the vote with 1000′s of people voting.

Listen to the song here on Spotify:

Source: Hamptons Magazine & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ