人道主義者、マイケル・ジャクソン

2014年7月2日、ドクター・パトリック・トレーシーが、サン紙に語ったインタビューを、マイケル・ジャクソンが忌み嫌い、非礼な言葉だと感じていた例のイギリスの攻撃的な言葉を慎重に取り除いて自身のツイッター・アカウント@peegeに投稿した。それは、真のマイケルの友人がやることであり、そしてドクター・トレーシーは、言葉や振る舞い、行動を通じて、彼がマイケル・ジャクソンの最前線にいることを何度も証明している。

photo2-640x360.jpg

mjjjusticeprojectがこのインタビューやドクター・トレーシーの言葉を引用し、一読の価値があると太鼓判を押しているが、mjjjusticeprojectはサン紙のようなタブロイドに直接リンクを張ることを嫌っているため、テキストに打ち直している。

ここにそれを引用する。

ドクター・パトリック・トレーシーがマイケル・ジャクソンと会った日、ドクター・トレーシーはマイケルにこう言った:「正直言って、私はプリンスの方を聴いています」

8年後の今、マイケルの最も有名な守護者の一人であるアイルランド系整形外科医ドクター・トレーシーは、世界中のキング・オブ・ポップのファンたちから尊敬を集めている。

マイケル・ジャクソン・レガシー基金の大使として、ドクター・トレーシーはマイケル・ジャクソンの名において、二つの児童養護施設をリベリアとハイチに開設した。彼はこれからも、マイケルの記憶を忘れずに仕事を続けるだろう。

亡くなって5年、ドクター・トレーシーは、マイケルと知り合いになれたのは「幸運」だったと述べた。またマイケル・ジャクソンは「愛と希望と情熱」の人で、「今世紀最大の人道主義者の一人」だと語った。

そして2件の児童虐待裁判についても言及し、マイケル・ジャクソンは「これまで言われてきたようなどれとも違う」と語った。

二人の友情を秘していたのは、2006年にマイケルがアイルランドに滞在している間は二人が医師と患者という関係だったからということではなく、人道主義に関して大胆な声明を出そうとしていたからだ。

そのころまでに、マイケルの美容作業のためにダブリンのアリスバーリー・クリニックへの訪問は4回を数えていた。そして二人は、戦火で荒廃したルワンダで、HIVと闘う資金を募る大きなコンサートの計画を温めていた。ドクター・トレーシーは、マイケル・ジャクソンがどれほど大きな影響力をもっているのかはっきりわかった日のことをよく覚えている。

「彼はアフリカで手伝ってくれてる人がいると言って、私に携帯電話を手渡したんです。私は彼の足に色素脱失治療をしていて忙しく、コンサート・プロモーターか誰かだろうと思ったのです。その男は世間話をしていて、私は『誰なんだろう』と思っていました。そして、今忙しいのでといって電話を返したんです」。ジャクソンは電話を切りながら、「今のはマンディバだったんだよと言ったんです。そうだったのかと思いましたよ。私はネルソン・マンデラとたった今話をしていたんです」。

影響力のある人道主義者という見方では、ドクター・トレーシーはマイケルをマンデラ氏と同等と見ていて、マザー・テレサやジョン・レノン、ダイアナ元妃、ボノ、ダライ・ラマよりは強い影響力を持っているとしている。

「彼の作品は、人類の不正義・・・人種差別、病気、飢餓、腐敗すべてに対する魂からのメッセージを伝えているんです」。

マイケルは慈善事業に多額の寄付をした。

「仕事で得たお金をあれほど多く慈善事業に寄付していたんです。彼は、Heal the World Foundationなどへ、コンサートからの数え切れない利益の中からを寄付したのです。私が知っている彼は、私に衝撃を与えた人でした。なぜなら、あれほどに寛容で人を信じる人だったからです。人々が考えるような人ではまったくなかったのです」。

90年代に入り、子供を性的に虐待したと告発され、マイケルの世界は破壊された。賛否両論となりながらも2500万ドルでの示談となったが、それは今日に至るまで噂を煽る元になっている。そして2005年、さらなる児童性的虐待の告発で裁判を受け、無罪となった。

1年後、彼はスポットライトから外れたアイルランドで数カ月を過ごし、アルバム制作を行っていた。だが2009年、ある医師による薬物過剰投与によって彼は50歳で悲劇的な死を迎えた。

ドクター・トレーシー(54)は、世界は良いことのための巨大な力を失ったと思った。そしてマイケル・ジャクソン・レガシーの名誉大使の要請を受けた時、彼は「喜んで引き受けた」。

彼は、「その基金はマイケルの名前で児童養護施設を建てているんです。資金は63カ国のファンたちから募っています」と述べた。

「ファンたちがすべてを取り仕切っているのですが、私にとっては、それはまさに私がやりたかったことにぴったりだったのです。それが、彼が遺したレガシーを生かし続ける力を私に与えてくれているんです」。

2012年、彼は公式に、「Everland」をオープンした。マイケルの広大なカリフォルニアの家、ネバーランドにちなんだ命名だ。リベリアの首都モンロビア、この卑劣な内戦の舞台でドクター・トレーシーはこう述べた。すなわち、ここには少年の兵士たちがいて、中には恐ろしいことをしている子もいる。「子供たちが命を落とすハメになった話というのはとにかく恐ろしいものです。子供たちが守られるということが最優先される場所を必要としている地域なんです」。

ハイチでは今年、二番目の「Everland」が開設された。これもドクター・トレーシーによるもので、彼によると多くの子供たちが「ゴミの山で働き、レイプによって生まれて見捨てられた子もいる」のだという。これらの二か所の児童養護施設はファンが集めた10万ポンドのおかげで実現したのだ。マイケル・ジャクソンのレガシーとともに働き続けるのかと問われ、ドクター・トレーシーは、「はい、私は続けていくつもりです」と答えた。

「サポートしてくれているファンの皆さんや関係するすべての皆さんは声なんですよ。今は話すことができない彼の声なんです!」

さらに読むにはこちら(英文)。

■Michael The Humanitarian

On July 2, 2014, Dr. Patrick Treacy posted a copy of his interview with The Sun on his @peege twitter, after prudently taping off the offensive British term that Michael Jackson truly detested and felt was a disrespectful term. That is what a true friend of Michael’s would do and Dr. Treacy has proven time and again through his words, behaviour and actions that he remains a true Vanguard of Michael Jackson.

The mjjjusticeproject published the interview and quotes of Dr. Treacy stipulating that the interview and quotes are worth sharing, but since they loathe to direct anyone to the links of tabloids like The Sun, they have typed out the article’s text.

Here it is for you to read,

“The day Dr Patrick Treacy met Michael Jackson he told him: “To be honest, I prefer listening to Prince.”

Eight years later and the Irish cosmetic surgeon in one of Michael’s highest-profile defenders and is adored by King of Pop fans worldwide.

As ambassador for the Michael Jackson Legacy foundation, Patrick has opened two orphanages, in Liberia and Haiti, in the name of the star and will keep working in his memory for the rest of his life.

Speaking after the fifth anniversary of Michael’s death last week, Dr. Treacy said he was “blessed” to have known Michael. The Coi Fermanagh medic said the singer was a man of “love hope and compassion.” And one of the greatest humanitarians of the century”

Plus Dr. Treacy added the controversial musician was not “anything that has been said about him,“ drawing on the two court cases around child abuse claims against Michael.

What sealed that friendship was not that they were doctor and patient during the Michael’s stay in Ireland in 2006, but that they both wanted to make big bold humanitarian statements.

By the time Michael was making his fourth of seven visits to Dublin’s Allesbury Clinic for cosmetic work, the men were pulling together a plan for a huge concert in war torn Rwanda to raise money to fight HIV. Dr Treacy remembers the day when it became clear just how much influence the pop star had.

The doctor said,

“He said someone was on things at the African end” and he handed me his mobile phone, I was busy working on his leg’s at the time giving him depigmentation treatment and I thought it was a concert promoter on the line. “The guy was chatting away and I just thought “who is this” and ended up saying I’m up to my eyes here at the minute and passed the phone back” Jackson told him, hanging up “that was Mandiba and it hit me.. I’d been speaking to Nelson Mandela.”

In terms of lasting humanitarian influence, Patrick puts Michael up there with Mandela. And even above the likes of Mother Teresa, John Lennon , Lady Diana, Bono and Dahli Lama, He said;

“His body of work carries a spiritual message for all of the injustice of the human race.. racism, inequality, disease, hunger and corruption.”

Michael donated so much to charity.

“This was a man who donated all of the money from so much of his work to charity, he gave all the countless profits from dozens of concerts to the Heal the World Foundation and much much more. The man I knew was a man who shocked me because he was such a gentle trusting person, not at all the man people like to think he was.”

In the 1990’s Michael’s world crashed down when he was accused of child sex abuse. His controversially settled out of court for $25million in a move which still fuels rumours to this day. And in 2005, he was tried and acquitted of further child sexual abuse allegations.

A year later he spent several months in Ireland out of the limelight, working on an album. But he tragically died aged 50, in 2009 from a drugs overdose while bring treated by a doctor in America.

Treacy, 54 felt the world lost a huge force for good and when approached to become an honorary ambassador for Michael Jackson Legacy he “gladly accepted.”

He said, “It builds orphanages in Michael’s name the money is being raised by fans in 63 nations.”

“The fans drive it all forward but for me it dovetails nicely with the work I have wanted to do. It gives me the ability to continue the legacy that he created.”

In 2012 he officially opened “Everland” named after the star’s sprawling California home Neverland. In Monrovia, Liberia the scene of a vicious civil war, Dr. Treacy said: There had been child soldiers, there some of them doing terrible things. “Some the stories about how they had to cut out beating hearts were just incredible. It was somewhere that needed a place where the whole emphasis was that children were protected.”

In Haiti, this year the second Everland was opened, again by Dr Treacy who said many children there “were working on the trash heaps, some of them products of rape who had been abandoned” Both of the orphanages came to life due to ₤100,000 being raised by fans. Asked if he will keep working with Michael Jackson Legacy, Dr. Treacy said “Yes always I will absolutely keep going.”

“The fans who support this and everyone involved are the voice that he does not have now!”

@IrishSunFeats” End of text.

To read further and follow links within the text, please visit this page.

Source: mjjjusticeproject & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ