写真家ハリソン・ファンク、マイケルを振り返る

マイケル・ジャクソンの専属写真家がその出会いを振り返っている。

アンナ・ハイアットによるNew Pepublic誌の記事の中で、マイケル・ジャクソンを初期から2009年の死去まで撮影していた写真家ハリソン・ファンクが、マイケルとの最初の出会いについて振り返っている。

ハリソン・ファンクはマイケル・ジャクソンの目に魅了されたという。

「マイケルは、私が撮影した中でも最高に美しい目でした。大きいんです。表現力があって深い。物体のことを言っているのではありませんよ。彼の感情を表わしているんです。マイケルは、自分が伝えたいものが表れているとわかっていたと思います。完全に普通でいる時でさえ、彼はカメラにメッセージを伝えることができたんです」。

ファンクは1980年代初頭にマイケルの撮影を始めた。そして、5年前の2009年6月25日まで断続的にそれは続いた。マイケルを最初に撮った時、ファンクは20代だった。マイケルがソロキャリアをスタートさせる前のことだ。ファンクはニューヨークのタバーン・オン・ザ・グリーンでのとあるパーティーに招待され、気がつくとマイケルや他の兄弟たちのバックステージの写真を撮っていた。その後間もなく、ファンクはマイケルの広報担当から電話を受けた。彼をロサンゼルスへ招待する電話であった。仕事の約束をしたわけでも、旅費を払ってもらえると約束したわけでもなかったが、ファンクは飛行機に乗った。

彼はマイケルと初めて打ち解けたその日のことを覚えている・・・本当に打ち解けたのだ。ティト・ジャクソンの子供がソフトボールをやっていた。他の兄弟たちがなんとなくそれを眺めている間、マイケルは少し先のブロックに止めた車の中で一人で座っていた。ファンクが近づいてくるのを見ると、マイケルは車に乗るように言い、二人は座って「世界のあらゆること、そして野球」について語った。

ファンクは1984年のジャクソンズの「Victory Tour」から初めて、そして最初のソロ・ツアー「BAD」(1987-88)とマイケルのキャリアを記録した。

「彼は私に、瞬間を観察して見ること、そしてその瞬間を捉えるということについて教えてくれました。彼は完璧というものについて教えてくれました。マイケルは完璧主義者でした。彼はあらゆるものがそうであるように望んでいました。自然に発生したようなものでさえ、そうだったのです。努力もせずにそうなる。それが彼の才能、能力の一部だったのです」。

近づくことと信頼を得ることが、ドキュメンタリー的な写真を撮るためのカギである。とくに評判を気にする著名人が対象の場合には。

「私は私でした。偽りはありませんでした。私は私なんです。私はオープンでしたし、許可なしに写真が私の手を離れることはないということを彼らは知っていましたから。私が写真を承認できたのはツアーも中盤のころでした。彼らは私を信じていたのです」。

今週(6/22週)、ロサンゼルスはマイケル・ウイークだったとファンクは述べた。彼は、マイケル・ジャクソンを預言者とみなす人々が集まっている様子を記録していた。ファンクはいまだ友人の死を嘆き悲しんでいるが、静かに、そして追悼しようと集まったファンからは距離を置いている。

記事全文とファンクが撮ったマイケルの写真はこちら
ハリソン・ファンクのフェイスブックはこちら

■Harrison Funk Remembers Michael

Michael Jackson’s Personal Photographer Remembers How They Met

In a New Republic article written by Anna Hiatt, Harrison Funk, who photographed Michael from his early days through to his sad passing in 2009, remembers how he met Michael for the first time.

Harrison Funk remembers being captivated by Michael Jackson’s eyes.

“Michael had the most beautiful eyes I’ve ever photographed,” he told me recently. “They were large. They were expressive. They were deep. I don’t mean that physically. It was a picture into his soul. I think Michael, he knew in every picture what he wanted to convey. Even when he was completely natural he could convey a message to the camera.”

Funk began shooting Michael in the early 1980s and continued on and off until his death five years ago on June 25, 2009. Funk was in his twenties when he made his first shot of Michael, before the singer launched his solo career. Funk had been invited to a party at New York City’s Tavern on the Green, and he found himself shooting pictures of Michael and the rest of the Jackson family backstage. Shortly afterward, Funk got a call from Michael’s publicist, inviting him to Los Angeles. Without promise of a job or even reimbursement, Funk got on the plane.

He remembers the day that he and Michael connected – really connected – for the first time. Tito Jackson’s kids were playing in a softball game, and while a couple of the brothers hung out on the sidelines, Michael sat by himself in a parked car down the block. When he saw Funk approach, Michael told him to get in and the two sat talking about “everything in the world, and baseball.”

Funk chronicled Michael’s career, starting with the Jacksons’ ‘Victory Tour’ in 1984 and Michael’s first solo tour, ‘BAD’ (1987-89).

“He taught me so much about observing, seeing the moment and capturing the moment,” Funk said. “He taught me so much about perfection and Michael was a perfectionist. He wanted everything to be just so, even when it was spontaneous, it was just so. That was part of his brilliance, the ability to make that happen without any effort.”

Access and trust are key to making documentary images, especially with publicity-conscious celebrities.

“I was just myself,” Funk said. “There was no pretense. I am who I am. I was open, and they knew that no picture would leave my hands without approval. And it got to the point to the middle of the tour where I was able to approve images. They trusted me.”

This week, in Los Angeles, is Michael week, Funk said, and he’s been documenting the gathering crowds who considered Michael Jackson a prophet. Funk still grieves for his friend, but quietly, away from the fans who gather to pay tribute.

Go here to read this captivating article and view Harrison Funk’s intriguing photographs of Michael.

You can follow Harrison Funk’s work on Facebook.

Source: New Republic & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ