MJが作りかけていた3本の映画

マイケル・ジャクソンは大の映画好きであった。彼は「Three Stooges(三ばか大将)」やシャーリー・テンプルのグッズを集めていたし、伝説の映画スター、エリザベス・テイラーやマーロン・ブランドとも親交があった。チャーリー・チャップリンを研究し、ネバーランドのプライベート・シアターで上映していた。彼自身がスクリーンに登場したこともある。「The Wiz」ではカカシを演じ、コッポラ監督のディズニーの短編「Captain EO」では宇宙を旅している。そして、「Men in Black II 」ではカメオ出演している(DVDのみとなったB級コメディ「Miss Cast Away and the Island Girls」への出演はここでは触れない)。

1988年の自伝「Moonwalk」で、ジャクソンは演技の虫に取りつかれたと振り返っている。「僕は・・・35ミリカメラの前にいるのが大好きだ。いつか近いうちに、映画作りに没頭するつもりだ」。

だがそうはならなかった。スケジュールがタイトになったのだ。法律的なことも足かせとなった。複数のプロジェクトが計画されたが一つも実現しなかった。「The Wiz」を別とすれば、マイケル・ジャクソンの最も優れた映画は、死後に発表されたコンサート映画「This Is It」である。ジャクソンの死後5年を迎えるにあたり、もしかしたらあったかもしれない3本の映画をここに振り返ってみよう。

1. Peter Pan
これは惜しいところまで行っていた。さかのぼること1983年、ジャクソン(Thrillerの名声で頂点にあった)が、スティーブン・スピルバーグ監督のもと、文学上最も有名な迷子の少年を演ずるという噂が渦巻いていた。このプロジェクトは現実味があった。当時、ジャクソンは世界的スターで、スキャンダルが付きまとうのは数年後のことであった。スピルバーグもまた、乗りに乗っている頃で、「レイダース」や「E.T.」を完成させたばかりであった。この二人は「E.T.」のサウンドトラックとオーディオブックでコラボレートしていた。芸能コラムニストのマリリン・ベックの報道によると、マイケル・ジャクソンとスティーブン・スピルバーグは、スピルバーグが1984年の「インディ・ジョーンズ」の撮影を終えればチームを組むだろうと言われていた。しかし1986年、ジャクソンとスピルバーグのプロジェクトは、スピルバーグが著作者J・M・バリーの出版物への権利を獲得できなかった報じられる中、とん挫してしまったのだ(記事によると、その権利はドディ・ファイドが手に入れたという。彼は1997年の交通事故でダイアナ妃とともに亡くなったロンドンのプレイボーイである)。ファイドは、有名な監督を望んでいないし必要ともしていないとし、ジャクソンはその映画の出演料を1000万ドル要求してきたと主張していた。

言うまでもなく、スピルバーグは1991年に「Hook」でこのファイドの持ち物に舞い戻ってきた。ファイドがエグゼクティブ・プロデューサーを務めていたが、ジャクソンはその中にはいなかった。ロビン・ウィリアムスがその役を演じたのである。中年になったピーターではあったが。マイケル・ジャクソンの不参加はスケジュールの都合とされたが、それは結果的にはよかったのかもしれない。「Hook」はスピルバーグのキャリアにおいて、悪い評価をもたらしたのだから。

2. The Nightmares of Edgar Allan Poe
1999年に報じられた通り、「The Nightmares of Edgar Allan Poe」の主演は当時41歳のマイケル・ジャクソンであり、ファンタジー映画で19世紀のホラー作家の晩年を演じることになっていた。製作は2000年の秋に開始され、劇場公開は2002年と計画された。もう一人、唯一名前が挙げられたのはゲイリー・L・パドニーであった。ワールド・ミュージック・アワードやエリザベス・テイラーのテレビ特番「Happy Birthday Elizabeth: A Celebration of Life」で知られるベテランで、共同エグゼクティブ・プロデューサーとしてであった。2000年までに、このプロジェクトはPoe 2000として知られていたが、その時になってもカメラが回ることはなかった。同じ年、パドニーはUSAトゥデイに対し、監督を探していること、そしてジャクソンが熱心であることを語っていた。

2001年、ジャクソンは、Yahoo!に対してこのプロジェクトを「エドガー・アラン・ポーが物語を創り出す過程についての興味深い物語」と評していた。2002年、ジャクソンは演技のコツを友人のマーロン・ブランドから伝授されているのではないか、というのがこの日の目を見なかった映画についての最後のニュースだったようだ。パドニーはジャクソンと近い関係をその後も維持していたようで、ジャクソンが3人目の子供、プリンス・マイケル・ジャクソンⅡを家族に迎えたとマスコミに認めたのは彼であった。

3. The Way of the Unicorn
ジャクソンがポーの映画に取り組んでいた同じころ、「The Way of the Unicorn, The Endangered One」という長いタイトルの7500万ドルのアニメーション映画に出演し、プロデュースも行っていると言われていた。AP通信の報道によれば、ジャクソンは、「裕福だが孤独な女の子と絶滅寸前の動物のグループとともに地球を救うために働く孤児」セイラーの声を演じているとのことであった。この映画でのジャクソンのパートナーは Big International Group of Entertainmentのデニス・W・ピーターソンと報じられた(10年後にニューヨーク・タイムズがこの会社のことで苦労することになる)。「映画俳優とプロデューサー。これは新しいマイケル・ジャクソンなのです」。ピーターソンは2001年にこう発言しているが、それはジャクソンとポーの映画について語るパドニーとそっくりであった。「The Way of the Unicorn, The Endangered One」の発表は2003年とされていたが、ジャクソン家の弁護士ブライアン・オックスマンは、イギリス人の支援者の100万ドルの小切手が不渡りとなり、ジャクソンのこの映画への関わりは終わったと唐突に発表した。2011年にオックスマンが語ったところによると、「『The Way of the Unicorn』はそれで終わった」。

■3 Movies Michael Jackson Almost Made

Michael Jackson loved movies. He collected Three Stooges and Shirley Temple memorabilia, and cultivated friendships with screen legends Elizabeth Taylor and Marlon Brando. He studied Charlie Chaplin and screened films in a private theater at his Neverland Ranch. On occasion, the pop star appeared on the big screen himself: He played the Scarecrow in The Wiz and a space-farer in Disneyland’s Francis Ford Coppola-directed short Captain EO, and he even had a cameo in Men in Black II (not to mention a less-than-stellar turn in the straight-to-DVD comedy Miss Cast Away and the Island Girls).

In his 1988 autobiography, Moonwalk, Jackson recalled being bitten by the acting bug: “I…love to be in front of a 35 mm camera,” he wrote. “[s]omeday soon I plan to devote a lot of my time to making films.”

But it was not to be. Schedules got tight. Legal woes got in the way. Projects were floated, but never materialized. Outside of The Wiz, the entertainer’s most prominent movie was the posthumously released concert film, This Is It. Five years after Jackson’s death, here’s a look at three movie roles that might’ve been:

1. Peter Pan

This is the big one that got away. Back in 1983, stories swirled that Jackson — who was at the height of his Thriller fame — would star as the literature’s most famous lost boy in a film directed by Steven Spielberg. The project made sense: At the time, Jackson was a global star, years away from even the hint of scandal. Spielberg, too, was riding high, having just completed Raiders of the Lost Ark and E.T. the Extra-Terrestrial. Together, the two had collaborated on the soundtrack and audiobook for E.T. Celebrity columnist Marilyn Beck reported that the music star and director would reteam for Peter Pan after Spielberg finished 1984’s Indiana Jones and the Temple of Doom. But in 1986, the Jackson-Spielberg project was declared dead amid reports that Spielberg had lost the rights to author J.M. Barrie’s writings (according to the piece, the rights had been won by Dodi Fayed, the London playboy who would die in the 1997 car crash that also killed Princess Diana). Fayed said he didn’t want or need a prominent director, and claimed that Jackson had priced himself out of the picture with a demand for $10 million.

Of course, Spielberg circled back to the property with 1991’s Hook, which Fayed executive produced. But Jackson was not involved — Robin Williams played the part, albeit as a middle-aged version of Peter. The entertainer’s absence was chalked up to a busy schedule, but maybe it was for the best: Hook brought Spielberg some of the worst reviews of his career.

2. The Nightmares of Edgar Allan Poe

As reported in 1999, The Nightmares of Edgar Allan Poe would star Jackson, then 41, playing the 19th-century horror author in a fantasy film about the writer’s last days. Production was scheduled to commence the fall of 2000, with a theatrical release in 2002. The only other name linked to the was that of Gary L. Pudney, a veteran of the World Music Awards and the Elizabeth Taylor TV-special, Happy Birthday Elizabeth: A Celebration of Life, who was listed as co-executive producer. By 2000, the project was known as Poe 2000, but the year came and went without cameras rolling. Still, that same year Pudney told USA Today a search was on for a director, and that Jackson was committed.

In 2001, Jackson described the project to Yahoo! as “a fascinating story about what [Poe] went through to create his stories.” It seems the last word of the never-was film came in 2002, when Jackson was supposedly getting acting tips from his famous pal Brando. Pudney apparently remained close to Jackson: It was he who confirmed to the press that the pop star had welcomed a third child, Prince Michael Jackson II, to his family.

3. The Way of the Unicorn

During the same time he was developing the Poe movie, Jackson was also said to be starring in and producing a $75 million animated feature with an unwieldy title: The Way of the Unicorn, The Endangered One. Jackson would provide the voice of Sailor, a character that, per the AP account of the project, was “an orphan who works with a lonely rich girl and a group of endangered animals to save the planet.” The entertainer’s partner on The Way of the Unicorn was reported to be Dennis W. Peterson of Big International Group of Entertainment, a company that even a decade later the New York Times struggled to pin down. “This is the new Michael Jackson, the movie actor and producer,” Peterson said in 2001, sounding an awful lot like Pudney talking about Jackson and the Poe movie. A 2003 release date for The Last Unicorn was floated, but Jackson family attorney Brian Oxman said Jackson’s involvement ended abruptly when a $1 million check from a British backer bounced. Said Oxman in 2011, “That’s as far as The Way of the Unicorn ever went.”

Source: Yahoo / Joal Ryan / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ