最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(その5)

1992年8月
ニコラス・キレンは6歳の時、命を救うための手術を受け、その影響で視力を失った。まれな形の網膜のガンが彼の片方の目を襲い、やがてもう片方の目も襲ったのである。ニコラスが最後に見た人物は、手術室での立会を許されていた母親のスーザンであった。

手術の1月半後の1992年8月16日。ニコラスは彼のアイドル、マイケル・ジャクソンに会った。彼はデンジャラス・ワールド・ツアーでリーズを訪れていたのだ。ニコラスは幸せそうな笑みを見せた。マイケルは彼の手を握り、ハグし、点字で「ニコラスへ 愛を込めて マイケル・ジャクソン」と書かれた野球帽を手渡した。

不運なことに、それから数日後にキレン家は火事で焼けてしまった。キレンはおもちゃばかりでなく、マイケルのプレゼントも失ってしまった。マイケルはそのことをソニーの関係者から聞き、新しい野球帽を2つとデンジャラス・ツアーのジャケットをニコラスに送った。「すごいよ」とニコラスは言い、新しい帽子をかぶってみた。「思った通りマイケルは僕の友達だった。彼にありがとうと言いたいな」。

mj_nicholas.jpg

1992年11月

デヴィッド・ソネットの人生は8歳にして永遠に変わってしまった。脳動脈瘤に冒されたのである。彼は書いたり話したりは出来なかったが、特注のコンピューターにより意志を伝える補助をする装置によって意志疎通はすることができた。デヴィッドは1992年11月、希望がかなえられ、ネバーランドに招待された。11月25日。メイク・ア・ウィッシュ基金(ソニーがスポンサー)によってネバーランドに招待された4人の子供たちのうちの一人として、彼は自分のヒーローに会った。彼は地元の慈善団体から「Beat It」のジャケットを贈られており、この機会に彼はそれを着ていた。

マイケルはネバーランドの自宅の2階から降りてきて、1階で車いすに座っていたデヴィッドの方へ真っ先にやってきた。興奮するデヴィッドに対して彼はこう語りかけた。「君は僕のジャケットを着ているんだね」。デヴィッドは車いすから立ち上がろうとしたが、しかし話すことも歩くこともできないため、二人は手話で「I Love You」と伝えあった。



デヴィッドはマイケルにライオンのぬいぐるみと自分自身の写真を手渡した。マイケルは、部屋に飾るよ、と言った。

その後デヴィッドはさまざまな機会にマイケルに手紙を送り、マイケルがリサ・マリー・プレスリーと結婚した際にはウェディングカードを送った。マイケルも返事を書き、写真や記念品を同封した。

デヴィッドは2004年に亡くなった。マイケルから彼に贈られたものは、最近オークションで売却された。

(参考)(その1)(その2)(その3)(その4)

■August 1992

Nicholas Killen lost eyesight at the age of 6 after a surgery that saved his life. A rare form of retina cancer attacked the boy’s eyes one after the other. The last person Nicholas saw was his mother Susan who was allowed to stay in the operating room.

1.5 months after the surgery, on August 16, 1992, Nicholas met his idol Michael Jackson who visited Leeds with his Dangerous World Tour. The boy beamed with happiness. Michael shook his hand, hugged him and gave him a baseball cap that had an embossment in Braille, “To Nicholas with love, Michael Jackson.”

Unfortunately just a few days after the meeting, the house of Killen family was destroyed by a fire, and the boy lost not only all his toys, but also Michael’s present. Michael found out about the accident from Sony people and sent two new baseball caps and a Dangerous tour jacket to Nicholas. “They’re great,” Nicholas said trying on the new caps. “I knew Michael was my friend and I want to thank him very much.”

November 1992

At the tender age of 8, David Sonnet’s life forever changed when he suffered a brain aneurysm. While he was unable to write or talk, he could communicate through a device which helped him convey his thoughts through a specialized computer. David was granted his wish when he was invited to Neverland Ranch in Nov. of 1992. One of only four kids to go to Neverland Ranch with Make-A-Wish foundation (which was sponsored by Sony), Sonnet met his hero on Nov. 25. David was given a “Beat It” jacket from a local charity, which he wore for this special encounter.

Michael came down from the second floor of his Neverland home and made a bee-line for David who was on the first floor saddled in a wheelchair. He said to the excited youngster, “I see you have my jacket on.” Because David was unable to talk or walk, although he did try getting out of his chair, the two shared an “I Love You” in sign language.

David gave Michael a stuffed lion and a picture of himself. Michael told him that he would keep the photo in his room.

Later David wrote to Michael on various occasions and sent him a wedding card when Jackson married Lisa Marie Presley. Michael would write back and include photos and other personal mementos.

David died in 2004. Things given to him by Michael were recently sold at an auction.

ソース:Michael Jackson.ru
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ