MJの歌は社会の変化を促す

これまで多くの著名人やミュージシャンたちが結束し、さまざまな曲を作り録音してきた。それらの曲は様々な状況や理念に対する意識を高め、そして歌の持つパワーを通じて、正しいことのために人々を連帯させ戦わせてきた。

Take 40は、社会の変化を促した10曲と題した記事を掲載している。これらの曲はあなた自身もより向上させ、正しい行いを促すものである。マイケルの曲は3曲登場する。

1. We Are The World - USA For Africa
マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが1985年に作ったこの曲は、アフリカの飢餓救済への注目を集めるために作られ、「USA for Africa」というスーパーグループによってレコーディングされた。「USA for Africa」には、ボブ・ディランやボブ・ゲルドフ、ホール&オーツ、ジャクソン家(マイケル、ランディ、ティト、マーロン、ジャッキー、ラトーヤ)、ビリー・ジョエル、ベット・ミドラー、ダイアナ・ロス、ティナ・ターナー、ブルース・スプリングスティーンなどの有名人が加わっていた。この曲は2000万枚以上の売り上げを記録している。

4. Heal the World - Michael Jackson
1991年にリリースされたこの曲は、第三世界、特にブルンジ共和国に暮らす苦しむ子供たちに光をあてるためにマイケル・ジャクソンが書いたものである。またこの曲は、子供たちが他者を教え、手助けすることで子供自身の生活を向上させることを目指して設立された団体「Heal the World Foundation」のヒントにもなった。1993年1月31日にカリフォルニアで行われたあの有名なスーパーボウルのハーフタイムショーでマイケルはこの曲を歌っている。

7. Man in the Mirror - Michael Jackson
「Man in the Mirror」はマイケル・ジャクソンが歌う内省的な歌だ。世界を変えたいがまずは自分自身から変わろうと歌っている。

9. Earth Song - Michael Jackson
環境に関心を持つこと、そして動物保護の重要性に光を当てている「Earth Song」は、私たちが地球に住む唯一の存在ではないということ、そして周囲の自然を愛しはぐくむことの必要性を私たちに再認識させる歌だ。マイケルはこの強力な曲で、動物への気配りに対してジェネシス賞を受賞している。

全リストはこちら

■MJ’s Songs Inspire Social Change

Throughout the years, many celebrities and musicians have banded together to write and record songs that raise awareness for particular situations and causes, and through the power of song have had the ability to rally the general public into uniting and fighting for what’s right.

Take 40 have written an article about ‘10 songs that inspired social change,’ which inspire you to be better and do better! Michael’s music appears three times.

1. We Are The World – USA For Africa

Written in 1985 by Michael Jackson and Lionel Richie, this song was created to bring attention to the African famine relief and was recorded by the supergroup ‘USA for Africa’ which consisted of many celebrities including Bob Dylan, Bob Geldof, Hall & Oates, Michael, Randy, Tito, Marlon, Jackie and La Toya Jackson, Billy Joel, Bette Midler, Diana Ross, Tina Turner, Bruce Springsteen and many more. The song went on to sell over 20 million copies.

4. Heal the World – Michael Jackson

Released in 1991, Michael Jackson wrote this song to highlight the suffering of children living in third world countries, especially. The song also became the inspiration for his “Heal the World Foundation,” an organization designed to improve the lives of children with children being the ones to teach and help others. Michael also performed this song at his famous Super Bowl Half Time Show performed in California on January 31, 1993.

7. Man in the Mirror – Michael Jackson

‘Man in the Mirror’ is a reflective song by Michael Jackson about wanting to change the world but first by changing yourself.

9. Earth Song – Michael Jackson

A song that highlights the importance of looking after the environment and animal welfare, the ‘Earth Song’ reminds us that we are not the only living things on this planet and that we need to love and nurture the nature of the world around us. Michael was awarded the Genesis Award for animal sensitivity for this powerful track.

You can see the complete list here.

Source: Take 40 & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ