"プライベート"映像を使ったドキュメンタリーが訴訟に

ドキュメンタリー「Michael Jackson: The Last Photo Shoot」に製作会社がエステートの執行人らを相手に訴訟を起こした。

争点となっているのは、マイケル・ジャクソンが亡くなる2年前の2007年に撮影された彼の未発表映像だ。

ドキュメンタリーの監督クレイグ・ウィリアムズはこの映像について、カムバックを図ったジャクソンが、10年ぶりの雑誌インタビューとしてエボニー誌に応じた際にブルックリン美術館で撮影されたものだと説明している。「Michael Jackson: The Last Photo Shoot」には、ジャクソンが準備をしている間の、彼の友人や写真家、スタイリストたちへのインタビューが取り上げられている。もちろん、ジャクソンの写真も登場する。

しかし、エステートの弁護士ハワード・ワイツマンはHollywood Reporterに対し、それらの写真はプライベートのものだと話している。

「ドキュメンタリーの制作者はマイケル・ジャクソンの写真や映像を不当に使用しようとしています。私はそれらのものがエステートの所有物だと考えています。このドキュメンタリーにはプライベートな部分が含まれています。マイケルは決して公開には同意しないであろうし、また、彼の承認あるいは関与なしで商業的に利用しているものです。マイケルはドキュメンタリー中のこれらの素材の使用については承認もしていないし許可も与えていませんでした」とワイツマンは語った。

一方、製作会社のNoval Williams Filmsは、正当な権利を有していると主張している。

ニューヨーク連邦裁判所に提出された訴状によると、ジャクソン側は2011年にこれらの権利を購入する機会があったが何もしなかったという。2013年5月に、Noval Williams Filmsが権利獲得に向けて名乗り出た。その後Noval Williams Filmsと仲介者の間で契約が結ばれた。

だが2カ月前、ワイツマンは製作会社に対し書簡を送付し、マイケル・ジャクソンは自分自身で使用するために撮影を許可したものであり、この映像は職務著作物として撮影されたものだと述べている。これは、著作権の上の著作者はジャクソンとみなすべきだということを意味している。

制作者側はこれに反論し、合法的な既得権だと主張、エステートの弁護士に対し、映像を見るための要求をするよう促していた。そしてドキュメンタリー制作者は今回、著作権侵害はしていないこと、被告側は写真撮影時の契約に由来する権利は有していないことの確認判決を得るために法廷に訴えることにしたのである。

(参考)マイケルの最後の写真撮影を記録したドキュメンタリー

■MJ Docu Featuring ‘Private’ Footage Triggers Lawsuit

The production company behind Michael Jackson: The Last Photo Shoot has filed a lawsuit against the executors of the late singer’s estate.

At the center of this dispute is never-before-seen footage taken of Jackson in 2007, two years before he died.

Craig Williams, the film’s director, has described the footage as having been taken at the Brooklyn Museum of Art for Ebony magazine as Jackson attempted to make a comeback and gave his first magazine interview in a decade. Michael Jackson: The Last Photo Shoot features interviews with the singer’s friends, photographers and stylists as Jackson prepared. The documentary also shows, of course, images of Jackson.

But Howard Weitzman, attorney for the Michael Jackson estate, tells The Hollywood Reporter that the images are private.

“The makers of the documentary are attempting to exploit footage and photographs of Michael Jackson, which we believe are owned by his Estate,” says Weitzman. “The documentary contains footage of Michael during private moments that he never agreed could be publicly and commercially exploited without his consent and/or involvement. Michael never authorized or approved the use of this material in the film.”

Noval Williams Films asserts that it has validly obtained rights.

According to its complaint filed in New York federal court, the Jackson camp was offered the opportunity to purchase rights in 2011, but passed. In May, 2013, Williams stepped up to allegedly acquire rights. More deals were then made by Williams’ company with distributors.

But about two months ago, Weitzman wrote a letter to the production company stating that the singer had allowed the footage be taken for his own use and that the footage was done as a “work-for-hire,” meaning that Jackson should be considered the author for copyright purposes.

The production company responded that it had legally acquired rights, prompting the Jackson estate lawyer to make another demand to see the film.
Now, the documentary maker has decided to go to court seeking declaratory relief that it isn't infringing copyrights and that the defendant doesn't have a valid claim arising from the contracts by which the images were first created.

Read More: http://www.hollywoodreporter.com/thr-esq/michael-jackson-documentary-featuring-private-715547

Source: hollywoodreporter / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ