ローリングストーン誌によるMJベスト50

ローリングストーン誌が、マイケル・ジャクソンのキャリア初期から現在までの広範囲から、今でも地球を踊らせずにはいられない曲ベスト50とそのサイドストーリーをまとめている。

ローリングストーン誌はこう書いている。

『マイケル・ジャクソン。史上もっとも偉大なポップ・アーティスト。そのキャリアは、生涯50年のうちの40年以上にも及んでいる。限界を打ち破ったモータウンのジャクソン・ファイヴの事実上の主役であり、70年代のヒット曲の数々に関わった繊細なソロ・シンガーであり、MTV時代の先駆者であり、90年代の最高のマルチ・ミリオン・セラーにも関わった永久の声だ。これでもまだ「過小評価」だと言えるかもしれない。

私たちは彼の膨大なカタログを再検討し、ベスト50をピックアップした』。

ローリングストーン誌が初めに選んだのは「Billie Jean」だ。この曲についてはこう書いている。

1位 「Billie Jean」(Thriller、1982年)

『マイケル・ジャクソンの偉大な曲。彼の音楽に内在する矛盾というものが総括されている。それは若気の至りであり、痛めつけられた神経であり、真の肉体の優雅さである。当時本誌に対して彼が語っていたように、「Billie Jean」は、24歳の大スターとしての性的パラノイアを反映したものなのである:「ロビーの女の子たちが階段を上がってくる。セキュリティが彼女たちをエレベーターから連れ出すのが聞こえる。でも、自室にとどまって歌を書く。そしてそれに飽きると自分に語りかける。それをステージの上にぶちまけるんだ」。

「Billie Jean」はMJが「Thriller」用に書いた最初の曲の一つだが、彼とクインシー・ジョーンズはこの曲を、マスタリングの最終段階まで手を加え続けた。ディープなベースラインは、ザ・ブラザーズ・ジョンソンの徹底的なファンク、ルイス・ジョンソンによるものだ。ドラマーのンドゥグ・チャンクラーは、ジャクソンがドラム・マシンで作ったビートにかぶせてドラム・トラックを刻んでいる。不気味なリリコンのソロはジャズのベテラン、トム・スコットだ。

5分間の中で、「Billie Jean」にはなめらかに流れるディスコの流れがある。いや、古典的ロックが有する素晴らしいスケールのセンスも有しているのだ。クインシー・ジョーンズはイントロが長すぎると心配した。
「でも、マイケルは言ったんだよ。"これが重要なんだ。これが僕にダンスをさせるんだよ”ってね。その時からずっと、世界は"Biliie Jean"で踊っているんだ」』。

全52枚のスライドとビデオを見るにはこちら。この写真やストーリー、ビデオのコレクションは一見の価値ありだ。彼らの選択に、あなたは同意できるだろうか?

■Rollingstone 50 Best MJ Songs

Rollingstone have chosen their top 50 Michael songs ever, ranging from his early career to the present day – the stories behind the tracks that kept the planet dancing!

They write,

“Michael Jackson, the greatest pop artist that ever lived, has a career that spans more than 40 of his 50 years. The de facto star of Motown’s boundary-breaking Jackson 5, the sensitive solo singer behind Seventies hits, the vanguard of the MTV era and the timeless voice behind some of the only multi-million-selling Nineties records you could safely call “slept-on.”

We’ve traversed his massive catalog to pick the 50 best.”

Rollingstone’s first choice is ‘Billie Jean,’ about which they say,

1. ‘Billie Jean’ from ‘Thriller,’ 1982

“Michael Jackson’s greatest song sums up all the contradictions in his music: youthful exuberance, tortured nerves, pure physical grace. As he told Rolling Stone at the time, “Billie Jean” reflected his own sexual paranoia as a 24-year-old megastar:

“Girls in the lobby, coming up the stairway. You hear guards getting them out of elevators. But you stay in your room and write a song. And when you get tired of that, you talk to yourself. Then let it all out onstage.”

Although “Billie Jean” was one of the first songs MJ wrote for Thriller, he and Quincy Jones kept tinkering with it right up to the final mastering stage. The miles-deep bass line comes from funk stalwart Louis Johnson of the Brothers Johnson. Drummer Ndugu Chancler cut the drum track over Jackson’s original drum-machine beat, and jazz vet Tom Scott played the eerie lyricon solo.

At five minutes long, “Billie Jean” has the sleek sweep of disco, yet a classic-rock sense of epic scale. Quincy Jones worried the intro was too long: ”

But Michael said,

“That’s the jelly, that’s what makes me want to dance.”

The world has been dancing to “Billie Jean” ever since.”

To view all 52 slides and videos go here, as this collection of photos, history, stories and videos is well worth a visit. Do you agree with their choices?

Source: Rollingstone & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ