エステートの弁護士たち、報酬を求める

(要旨)代理人ジョン・ブランカとミュージック・エグゼクティブのジョン・マクレーンが、マイケル・ジャクソン関連の仕事で彼らが生み出す利益のうち10%を彼らの報酬とすることを裁判所が許可するよう求めて提訴した。マイケル・ジャクソン・エステート(以下エステート)の管理運営の責任者である二人は、彼らが今後行うであろう様々な仕事に対する報酬を求めている。この申立書では、「This Is It」とマイケル自身の楽曲およびソニー/ ATVのカタログからの利益は除外されている。

エステートの会計関連書類が提出されていないため、ブランカとマクレーンがどの程度利益をもたらしたかどうかははっきりしていない。彼らはマイケル関連のビジネスの管理を行う会社のコ・エグゼクティブ(経営関連の共同重役)およびクリエイティブ・ディレクター(製作関連の重役)に就任することを求めている。

マイケルの資産は5億ドル程度と見られているが、多額の負債と多くの訴訟を抱えている。このプランの下では、ビートルズ、エルヴィス、ボブ・ディランなどの楽曲の権利を保有するソニー/ ATVのカタログのようなマイケルの重要な収入源からの事業収益が除外されている。また、死後高収益を上げているマイケル自身の楽曲による収益も含まれていない。

ジョン・ブランカはマイケルの長年にわたるエンタテインメントの代理人であり、金曜日に提出された申立書で説明されている取り決めの下、今後も法的資格者として同じ立場を維持するものと思われる。幼馴染でミュージック・エグゼクティブのジョン・マクレーンは、彼が故マーヴィン・ゲイと共同で設立したスタジオで、マイケルの膨大な未発表曲をもとにしたニューアルバムの製作を行うことに合意すると見られている。

この2人は、2002年付の遺言で、マイケルの財産を管理することを目的にマイケル自身により抜擢され、7月以来その任に就いている。今回の申立書では、他の有名なミュージシャンの遺産について、遺産管理団体が死後の利益の15%から25%の報酬でアドバイザーを雇っていることについて言及している。

ブランカとマクレーンは、マイケルの父・ジョセフによるエステートに対する月15,000ドルの要求に反対する申し立てを行っている。木曜日の申し立てでブランカとマクレーンは、ジャクソン氏(ジョセフのこと)はエステートから報酬を受ける正当性の証明に失敗していると述べている。申立書ではさらに、マイケルは父を遺産受取人から除外していること、またもしジャクソン氏へ支払えば、キャサリン・ジャクソンとマイケルの3人の子供たちへの支給に回す分の減額を余儀なくされると述べられている。

マイケルの母キャサリンとマイケルの子供たちそして様々な慈善団体(団体名は明かされていない)がマイケルの遺産の受取人である。マイケルの母とマイケルの子供たちは86,000ドル以上を月々受け取っている。そして最近、管理人たちはそれを増額した。正確な額については公表されていない。

父ジョー(ジョセフ)・ジャクソンの代理人ブライアン・オックスマンは、(ジョセフへの手当て支給に反対する)申し立てにより、この問題は非常に長い訴訟手続きを要することになると語った。「申し立てが認められるのは難しいでしょう。マイケルは人生に大部分おいてジョーの面倒をよく見ていましたから」

オックスマンは、(ジョセフ側は)マイケルがジョセフを援助していたということを判事に対して証明する必要があると語った。「私はマイケルがジョーの面倒を見ているその場にいましたから。私は見ていましたし、多くの人も見ていました」

ジャクソン氏は月々の手当てに関する申し立てを11月に起こしており、収入が少なくマイケルの援助に依存していたと主張している。裁判所はジャクソン氏がエステートより手当てを受け取るか否かについて決定を下すだろう。聴聞会は1月29日に予定されている。以下原文(関連:エステートの管理人、報酬支払いを求める子供たちへの手当の増額が認められる)。

■Lawyers Request Percentage Of Profit
Attorney John Branca and music executive John McClain have filed a motion requesting the court approve a compensation of 10 percent of the profits that they will generate from Michael Jackson's work. The two, who are responsible for administrating Michael's estate are requesting payment for a variety of services that they will be providing. The filing excludes profifits from "This Is It" and Michael's interest in the Sony/ATV music catalog as well as Michael's own songs.

It is not exactly clear how much Branca and McClain would be making as an accounting of the estate has not yet been filed. They are seeking to become co-executives and creative directors of a company that would be overseeing a business based on Michael's work.

Michael's estate has been estimated to be around $500 million, but Michael had significant debts and the estate is facing a number of creditor's claims and lawsuits. The business interests that would be excluded under the plan are actually some of Michael's most significant money-makers, like the Sony-ATV catalog that holds the rights to music of The Beatles, Elvis, Bob Dylan and others. They are also not including the interest in Michael's music that has seen brisk business since his passing.

John Branca was Michael's longtime entertainment attorney and would continue on in that capacity under the arrangement that was laid out in Friday's filing. John McClain, childhood friend and music executive, would agree to create new albums based on Michael's vast collection of unreleased music at a studio that he co-founded with the late Marvin Gaye.

The two men were hand-picked by Michael to control his estate in a will dated 2002 and have controlled its interest since early in July. The court filing states other high-profile musician's estates have employed advisers who have received as much as 15 to 25 percent of profits following the death of the musician.

Branca and McClain are also opposing a bid by Michael's father, Joseph, to receive more than $15,000 a month from Michael's estate. In a motion that was filed in court on Thursday, Branca and McClain state that Mr. Jackson has failed to prove that he is due the money from the estate. The filings also note that Michael omitted his father as a beneficiary and that any money paid out to Mr. Jackson would reduce the estate's assets that are available for Katherine Jackson and Michael's three children.

Michael's mother, Katherine, his children and various unnamed charities are the only beneficiaries of Michael's estate. Michael's mother and his children receive more than $86,000 per month and the administrators recently moved to increase the monthly stipends. The exact amount has not been released.

Brian Oxman, attorney for Joe Jackson, said that the opposition filing means that now the issue will need to go through lengthy proceedings. "It's a pretty difficult thing to go through," Oxman said. "Michael took care of [Joe] most of his life."

Oxman said that he will need to prove to the judge that Michael supported his father. "I was present when Michael would take care of his father," Oxman said. "I saw it happen. Lots of people saw it happen."

Mr. Jackson filed for the monthly allowance back in November, saying that he had little income and had relied on Michael's assistance to survive. The court will decide whether he will receive any money from the estate. The hearing is scheduled for Jan. 29.

Source: MJFC / AP
関連記事