エステートは大きなプランを立てている(Rolling Stone誌6月19日号より)

5月18日のビルボード・ミュージック・アワード。マイケル・ジャクソン・エステートは、驚きの、オンステージ・ホログラムとでもいうべきものを使って亡きスターを蘇らせた。そしてそれは彼のキャリアにとっての野心的プランの始まりに過ぎないものだ。そのプランには、アウトテイクやリパッケージ・マテリアルを使ったさらに8枚とされるアルバムが含まれている。「もっとサプライズがあるよ」と、最新作「Xscape」に携わったプロデューサーのロドニー・ジャーキンスは述べている。

唯一の問題は、ジャクソンの「新」曲に対する需要が弱いということだ。高評価に加えて、ジャスティン・ティンバーレイクをゲストに迎えたシングルにもかかわらず、「Xscape」は2位にとどまり、第2週には大きく下げている。「しばらくして、オーディエンスの一部は聴くのを止めたのです」とジャクソンと仕事をしたことがある元エピック・レコードの幹部ダン・ベックは言う。

このような些細な問題はあるものの、2013年の時点でジャクソンは世界で最も稼ぐ物故スターである。シルク・ドゥ・ソレイユの「Immortal」やソニーとのニューアルバムの2億5000万ドルの契約など、エステートは2009年以来6億ドルを稼いた。「彼らは良い仕事をしましたよ。めちゃくちゃになりかねなかったことを考えてください」とベックは言う。気に入らないこともあるでしょうが、マイケルは音楽を作ったし、彼らはそれを推し進めているんです」。

「Xscape」は、没後最初のアルバム、2010年の「Michael」に対して大幅な改善が加えられた。この最新プロジェクトは2013年の初めに形になった。エピック・レコードのチェアマン、アントニオ・"L.A."・リードが映画のコンセプトを提示するためにジョン・ブランカ(ジャクソンの弁護士でエステートの共同遺言執行人)に会った時のことだ。ブランカはその話の代わりにリード(彼はベテラン・プロデューサーであり、80年代後半にはジャクソンと仕事もしていた)を音源の調査に招いた。エピック・レコードの副社長スコット・セヴィアによると、ジャクソンが「Thriller」期にポール・アンカと書いたデモ曲「Love Never Felt So Good」をリードが発見した時、彼は「ヒットアルバムになる可能性があると実感した」という。リードは数人のトップ・プロデューサーたちに発見された曲を新しくするよう要請し、プロジェクトの統括にはティンバランドを任命した。

1991年の「Dangerous」の頃にリードとケネス・"ベイビーフェイス"・エドモンズのチームが作曲してプロデュースした「Slave to the Rhythm」は、ジャクソンの5月18日の「パフォーマンス」の土台となった。ペッパーのゴーストとして知られる19世紀のイリュージョンによる、生きているように歌いムーンウォークをするCGのキング・オブ・ポップだ。このショーはジャクソンの友人や家族を二分した。兄のジャッキーは泣いたと言い、メーキャップ・アーティストのカレン・フェイは「他人を奴隷にする犯罪行為」だとツイートしている。

ファンとしては、今後のさらなるアーカイブの発掘を期待したいところである。エステートの執行人は使える形のものが何曲あるのかは言わないだろうが、ジャクソンは余分にレコーディングするので有名だった。「マイケルはレコーディングして棚に置いておくこともしょっちゅうだったよ」とエンジニアを長年務めたマット・フォージャーは言っている。ジャクソンの死後、ソニー・ミュージックの元CEOトミー・モトーラは、ジャクソンはどのアルバムでも20から30曲は作っていたと示唆している。セヴィアは、「10や20」がまだアーカイブにはあるとみている。「いくつかすごいものがあるのは間違いない」とジャーキンスは言っている。「僕たちがそれを聴くチャンスがあることを願うよ」。

■Michael Jackson Estate Has Big Plans for MJ’s Vaults

Michael Jackson‘s estate managed to bring the late star back to life, sort of, with an unnerving onstage pseudo-hologram at May 18th’s Billboard Music Awards – and that’s just the beginning of its ambitious plans for his career, which could include as many as eight more albums culled from outtakes and repackaged material. “We got more surprises coming,” says producer Rodney Jerkins, who worked on the newest posthumous release, Xscape.

See Michael Jackson and Justin Timberlake Dance Through Video History

The only problem may be soft demand for “new” Jackson music. Despite decent reviews and a single that guest-starred Justin Timberlake, Xscape stalled at Number Two, with a big second-week drop. “After a while, a certain part of the audience stops listening,” says Dan Beck, a former Epic Records exec who worked closely with Jackson.

Despite these hiccups, Jackson is the highest-grossing dead star in the world, as of 2013. The estate has earned $600 million since his death in 2009, thanks to lucrative projects such as Cirque du Soleil’s Immortal tour and a reported $250 million deal with Sony Music for the new albums. “They’ve done a very good job – think of how dysfunctional it could be,” Beck says. “We may not like particular elements of it, but Michael made the music, and they’ve kept that going.”

Xscape was a major improvement over the estate’s first posthumous album, 2010′s Michael. The latest project took shape in early 2013, when Antonio “L.A.” Reid, Epic’s chairman, met with John Branca, Jackson’s attorney and the estate’s co-executor, to present a movie concept. Branca instead invited Reid, a veteran producer who worked with Jackson in the late Eighties, to comb the vaults. When Reid found “Love Never Felt So Good,” a Thriller-era demo Jackson had written with crooner Paul Anka, he “realized he had elements of a hit album,” says Scott Seviour, an Epic executive vice president. Reid asked several top producers to freshen up the songs and deputized Timbaland to oversee the project.

“Slave to the Rhythm,” which Reid, Kenneth “Babyface” Edmonds and their team wrote and produced circa 1991′s Dangerous, was the foundation for Jackson’s May 18th “performance” – a CGI King of Pop singing and moonwalking, made lifelike through a 19th-century illusion called Pepper’s Ghost. The show divided Jackson’s friends and family – his brother Jackie said it moved him to tears, but his makeup artist Karen Faye tweeted, “It is a criminal violation to enslave another person.”

Fans should expect an even deeper excavation of the singer's vaults in the coming years. Estate reps wouldn't say how many songs are in usable form, but Jackson was famous for overrecording. "It was frequent that Michael would record songs and put them on the shelf," says Matt Forger, his longtime engineer. After Jackson's death, Tommy Mottola, Sony Music's former CEO, suggested the singer worked up 20 to 30 songs for each album; Epic's Seviour estimates "tens and twenties" are still in the vault. "I'm sure there are a few more great things out there," says Jerkins, "and, hopefully, we'll all have a chance to hear them."

Source: Rolling Stone / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ