マイケル・ジャクソンはなぜ今ヒットするのか

ビルボードのライター、ショーン・ロスが、「This Is It」と比較してなぜ「Xscape」の最新曲がアメリカのラジオ局で流されているのか考察を加えている。

2009年の死去を受けてのマイケル・ジャクソンへの関心への関心の高まりでさえ、「This Is It」をラジオでヒットさせることはできなかった。マイケルの没後の初の新曲についてはアーバンACチャートにおける支持が最も高かったが、イベント的なエアプレイはトップ40ではほとんど見られなかった。売りになるストーリーがあればラジオはそれに乗った可能性もあるが、「This Is It」はシングルとしてリリースされることは決してなく、そしていまだ単体でのダウンロードができない状態だ。

「This Is It」が伸び悩んでいた当時、私はあるコラムで、噂されている封印されていたMJの音源を使いホットな現代のプロデューサーを起用していればもう少しヒットしていたであろうと指摘した。1年後、エイコンをフィーチャーした「Hold My Hand」がついにリリースされ、ビルボードHOT100で39位となった。「Michael」プロジェクトにおける続くシングルたちはうまく注目を集めることができなかった。マイケル・ジャクソンへの興味が、マイケルのクラシックたちを引き立てるにすぎない程度の素材に対して無駄に使われたように思われた。

しかし、ジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット「Love Never Felt So Good」はHOT100で9位まで上昇した。Mainstream Top 40において、この記事を書いている時点では37位から34位であり、エアプレイ回数も+485である。このこと自体は20位以内程度のことなのだが、「Love~」は、クリア・チャンネル系列のラジオ局での紹介が徐々に減っていった後も2週目の反動を生き残り、ビルボード・ミュージック・アワード2014でのホログラムでの登場の2週間後でも勢いは衰えていない。この曲はAdult R&Bでは3位、Adult Contemporaryでは13位である。

では、なぜ、以前にはなかった、ラジオでのオンエアを得たのだろうか?2009年のあるコラムで、ラジオ局WKTUニューヨークのPD、ロブ・ミラーは、「Billie Jean」や「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」に連なるようなものを望んでいたと記している。「Love Never Felt So Good」はそのようなものとは違う。「This Is It」と同様、この曲は1983年にポール・アンカ(当時自分のソロ・アルバムに取り組んでいた)との共作によって生まれた。最終的に1年後にこの曲はジョニー・マティスのアルバムに採用されている。

「Love Never Felt So Good」は、音楽的には「Off The Wall」であり、「Thriller」では少し時代遅れに聞こえていたかもしれない。だが、「Love Never Felt So Good」は「Thriller」のヒット曲とは違っているからこそ、その後のマイケル・ジャクソンの生涯でリリースされた4枚のソロ・アルバムのどれとも違うのである。「Thriller」に聞こえないのと同様、「Bad」にも聞こえない。「Who Is It」や「Scream」や、いつものやり方に頼った、マイケル・ジャクソンの音楽的信用を摩耗させたどの曲にも聞こえない。

2009年以降、いくつかの変化があった。「This Is It」がリリースされる頃には、マイケルはアダルトコンテンポラリー専門局で人気アーティストになっていた。これは、アダルトR&B局がまだ彼のヒット曲を大々的に放送していた生前とは対照的なことである。アダルトコンテンポラリーでのマイケルの強さは、以来ほとんど衰えず、そして番組フォーマットが70年代音楽を減らして80年代音楽に依存するようになって以降彼の存在感は増す一方であった。

重要なことは、「Love Never Felt So Good」などのアルバム「Xscape」の曲は新しく録音されたトラックの上に乗せられている一方で、マイケルのサウンドを現在の音楽に合わせるという必要は全くない。現在の音楽の方が、マイケル・ジャクソンに合うように機能しているのである。MKTOの「Classic」はマイケルを思わせるものだ。ティンバーレイクはこの18か月間を「Off The Wall」期に遡ったような作品に費やしている。ブルーノ・マーズの才能が明らかになるところなどは、1983年に「モータウン25」でマイケルを見たときの衝撃を連想させるものだ。

最後に、「Love Never Felt So Good」にはエピックの一丸となった後押しがある。前作からのシングルにはなかったことだ。このコラムの読者ならご存じの通り、ラジオ局が自主的にオンエアするというのは珍しいことだ。「モータウン25」の時にすでに現象となっていた「Thriller」は、伝説の域に達するにはテレビでのパフォーマンスが1度必要だった。「Xscape」は2つの賞番組とのタイアップを行っている。クリア・チャンネルの一丸となったプッシュはその番組を受けてのものなのだ。

雑学好きのファンのためにもう3点だけ。

ティンバーレイクが参加した「Love Never Felt So Good」は、ニール・ダイヤモンドとバーブラ・ストライサンドのデュエット版の「You Don’t Bring Me Flowers」が1978年に公式発売されたことを事実上の起源とする別々録音のデュエットという伝統に連なるものだ。この曲は、ジャクソンズの「Shake Your Body (Down to the Ground)」と同時期にヒットしたものだが、「Shake Your Body」は同グループにとって数年ぶりの大ヒットであり、マイケルのサウンドの特徴を最初に決定づけた曲でもある。故人とのデュエットとしての最初のヒット曲、デボラ・アレンと故ジム・リーヴスとのデュエットは1979年にリリースされた。ジャスティン・ティンバーレイクはその2年後に生まれている。

「This Is It」は不気味な一致をもたらしている。すなわち、ポール・アンカが3人の没後最初のリリース曲の作者なのである(バディ・ホリーの「It Doesn’t Matter Anymore」、エルヴィス・プレスリーの「My Way」、そしてマイケルだ)。「Love Never Felt So Good」を考えれば、「没後最初のリリース曲」を「没後のヒット曲」と言い換えても通用する。

マイケル・ジャクソンが、マイケル・ジャクソンをカバーするジョニー・マティスをカバーするのは2度目である。1976年、ジョニー・マティスはマイケル・ジャクソンのアルバムの曲「One Day In Your Life」でアダルトコンテンポラリーのマイナー・ヒットを得た。1981年、エピックの「Off The Wall」と「Thriller」の隙間を狙ったモータウンは同曲のマイケルバージョンを倉庫から引っ張り出し、アメリカでは中ヒット、イギリスでは大ヒットとなったのである。

■Why Michael Jackson Has A Hit Now

Billboard writer, Sean Ross discusses why Michael Jackson is receiving airplay on American radio stations with his latest songs from ‘Xscape’ in comparison to ‘This Is It.’

Not even the overwhelming surge of interest in Michael Jackson following his death in 2009 could make ‘This Is It’ a radio hit. Urban AC showed the most support for Michael’s first posthumous song. Top 40 supplied a mere handful of event spins. Radio might have come around if there was a sales story, but ‘This Is It’ was never released as a single, and still isn’t available as a stand-alone download.

When ‘This Is It’ underwhelmed, I suggested in a column at the time that maybe the rumoured MJ material in the can with current hot producers would have fared better. A year later, ‘Hold My Hand’ (feat. Akon) finally surfaced and got as far as No. 39 on the Billboard Hot 100. Subsequent singles from the Michael project failed to attract much notice. It seemed that the interest in Michael Jackson had been squandered on material that only made Michael’s classics sound better by contrast.

But the Jackson/Justin Timberlake duet, ‘Love Never Felt So Good,’ has already been No. 9 on the Hot 100. On the Mainstream Top 40 chart, it is up 37-34 at this writing and +485 spins. That puts the song just inside the 20 biggest gainers, but ‘Love’ has survived a second-week bounce after its initial exposure at Clear Channel stations wore off, and is still building two weeks after the appearance of a Michael Jackson hologram on the 2014 Billboard Music Awards. The song is also No. 3 on Adult R&B and No. 13 at Adult Contemporary.

So why does Michael finally have the radio coda that was denied him at the time? In the 2009 column, WKTU New York PD Rob Miller noted that he was hoping for something along the lines of ‘Billie Jean’ or “‘P.Y.T. (Pretty Young Thing).’ ‘Love Never Felt So Good’ isn’t quite that. Like ‘This Is It,’ it was co-written in 1983 with Paul Anka, who was working on his own solo album at the time. The song finally appeared on a Johnny Mathis album a year later.

Musically, ‘Love Never Felt So Good’ would have been more at home on ‘Off the Wall,’ and might have already sounded a little dated on the ‘Thriller’ album. But because ‘Love Never Felt So Good’ doesn’t sound like the hits from ‘Thriller,’ it also doesn’t sound like anything from the four solo albums that followed during Michael Jackson’s lifetime. It doesn’t sound like the song ‘BAD’ sounding like the song ‘Thriller.’ It doesn’t sound like ‘Who Is It’ or ‘Scream’ or any of the songs that tapped that formula again and wore down Michael Jackson’s musical goodwill.

A few other things have happened since 2009. By the time ‘This Is It’ came out, Michael had already become one of adult contemporary radio’s most potent artists, a stark contrast to the period before his death when only adult R&B stations still played any of his gold in a significant way. Michael’s strength at AC has barely tapered off since, and his prominence there has only increased since that format phased out music from the ’70s and relied more heavily on music of the ’80s.

As important, while ‘Love Never Felt So Good’ and the other songs from MJ’s ‘Xscape’ album have been built on recently cut tracks, there’s not quite the same need now to make Michael sound compatible with today’s music. Today’s music has been working much harder to sound compatible with Michael Jackson. MKTO invokes Michael on “Classic.” Timberlake has devoted the last 18 months to his own Off the Wall-era throwbacks. Each new public display of Bruno Mars’ talent recalls anew the shock of seeing Michael in 1983 on the ‘Motown 25′ special.

Finally, “Love Never Felt So Good” is getting the concerted push from Epic that the previous posthumous MJ singles never received. As regular “ROR” readers know, it’s the rare song that radio finds of its own volition. ‘Thriller,’ already a phenomenon at the time of Motown 25, needed one TV performance to propel it into legend. ‘Xscape’ has had two awards show tie-ins, one of them followed by the concerted Clear Channel push.

Three other notes, for trivia fans:

With Timberlake’s participation, ‘Love Never Felt So Good’ continues a tradition of studio duets that effectively began in fall 1978 with the official release of the Neil Diamond/Barbra Streisand version of ‘You Don’t Bring Me Flowers.’ That song was a hit around the same time as the Jacksons’ ‘Shake Your Body (Down to the Ground),’ the act’s biggest hit after a dry spell of several years, and the first song to define Michael’s signature sound. The first posthumous studio duet hit, which allowed Deborah Allen to sing with the late country star Jim Reeves, took place in 1979. Justin Timberlake was born two years later.

‘This Is It’ brought with it an eerie coincidence, making Anka the author of the first posthumous releases by Buddy Holly (‘It Doesn’t Matter Anymore’), Elvis Presley (his version of ‘My Way’) and Michael. With ‘Love Never Felt So Good,’ you can modify that to “posthumous hits,” and it remains true.

It is the second time that Michael Jackson has covered Johnny Mathis covering him. In 1976, Mathis had a minor AC hit with the Michael Jackson album cut, ‘One Day In Your Life.’ In 1981, Michael’s version of that song was pulled from the Motown vaults to take advantage of the lull between Epic’s ‘Off The Wall’ and ‘Thriller,’ becoming a mid-chart record here and a bigger U.K. hit.

Source: Billboard & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ