マイケルのイリュージョンの秘密

マイケル・ジャクソンは日曜日のビルボード・ミュージック・アワードで蘇った。そしてハイテクを駆使して復活を実現した制作チームは苦労話をしつつも満面の笑みだ。

「4分間にわたって世界中の誰もが知っているエンタテイナーのように見えなければならないイメージを作るというのは死ぬほど恐ろしいことでしたよ」とデジタル特殊効果の会社、Pulse Evolutionのフランク・パターソンCEOは言う。「彼の目をみても動きを見ても、彼だと思えたはずです」。

あの特殊効果がどのように行われたのか、メディアで憶測が流れてから1週間、フロリダに拠点を置くPulse EvolutionはUSAトゥデイを同社のBay Areaスタジオ(ジョージ・ルーカスのIndustrial Light & Magicの本社跡)に招き、マイケル・ジャクソンのニューアルバム「Xscape」に収録の「Slave to the Rhythm」を歌うマイケル・ジャクソンの秘密の詳細を説明した。



だが、あの特殊効果が制作された部屋で、パターソンやスティーブン・ローゼンバウム(アバター制作に携わった)とともに腰かけながら、Pulse Evolutionの会長ジョン・テクスターはまず初めに「あれはホログラムではありません」と言った。

では何なのか?「イリュージョンですよ」とパターソンは答えた。

実際のところ、Pulseは、19世紀のマジシャンによるPepper's Ghostと呼ばれた技術のリファインを行ったのだ。2012年のコーチェラ・ミュージックフェスティバルで、当時Digital Domain社を率いていたテクスターは、殺害されたラッパー、トゥパック・シャクールの霊の召喚に携わった。この特殊効果は、ガラスやプラスチック上に45度の角度でイメージを投影するもので、人の視野にそのイメージが入るのである。

だがジャクソンのイリュージョンは、実現するには果てしなく複雑なものであった。「トゥパックは頭髪がありません。それにただ立っているだけです。マイケルは動き回らなければなりません」とパターソンは言う。



8か月にわたるイリュージョン開発はこうだ。

Pulseは最初にSlave…の金色に輝く背景と本物のダンサーたちを、5万ドルもするRed Dragonというカメラを2台使用し、驚きの8K画質(テレビでは4Kが最新技術)で撮影した。次に、コンピューターが生成した1991年ころ(エステートが指定)のジャクソンが、困難なアニメーション・プロセスに投入された。これが成功のカギを握っていた。

「いわゆる『不気味の谷』と呼ばれるものを乗り越えなければなりません。デジタルで作った人間を実際に近づければ近づけるほど、気味悪いものになるというやつですよ」とパターソンは言い、2週間前まではあのイリュージョンにはいまだ真実味が欠けていたと付け加えた。「結局、マイケルの顔や仕草の細かい部分をすべて付け加えることで、私たちは乗り越えたと感じることができました」。

19-150x150.jpg27-150x150.jpg35-150x150.jpg44-150x150.jpg
52-150x150.jpg

本番では、6台の高出力プロジェクターを頭上に吊るし、踊り歌うジャクソンの高画質映像がマイラー(樹脂フィルム)めがけて照射された。

ラスベガスのMGMグランドに集まったオーディエンスにとっては、等身大のジャクソンが目の前にいるように見えた。このイリュージョンは、前面のダンサーと背後のバンドの存在によってさらに強固なものとなっていた。

「マイケルをよく知る人々の目に涙が見えた時、私たちはやったのだとわかりました」とテクスターは言う。「そして私たちも泣き始めました」。

そのパフォーマンスをご覧ください。



■The Secret Behind Michael’s Grand Illusion

Michael Jackson came back to life last Sunday on the Billboard Music Awards telecast. And the team that orchestrated his high-tech resurrection is beaming through their fatigue.

“It scared us to death to create an image that had to look, feel and function for four minutes like an entertainer everyone in the world knows,” says Frank Patterson, CEO of digital effects firm Pulse Evolution. “You have to see his eyes and moves and believe it was him.”

After a week of social and online media speculation about how the effect was pulled off, Florida-based Pulse exclusively invited USA TODAY to its Bay Area studios, located in the former headquarters of George Lucas’ Industrial Light & Magic, to explain the details behind Jackson’s performance of Slave to the Rhythm, off the late singer’s new album, ‘Xscape’.

But first, a plea. “It’s not a hologram,” says Pulse Executive Chairman John Textor, sitting in the room where the Jackson effect was crafted with Patterson and visual effects supervisor Stephen Rosenbaum, who worked on Avatar.

So what is it? “An illusion,” Patterson says.

Indeed, Pulse refined a 19th-century magician’s technique called Pepper’s ghost, which Textor — then leading Oscar-winning graphics company Digital Domain — also employed to summon the ghost of slain rapper Tupac Shakur at the Coachella music festival in 2012. The effect involves projecting an image on glass or plastic at a 45-degree angle, which brings that image into the viewer’s field of view.

But the Jackson illusion was infinitely more complex to pull off. “Tupac had no hair, and just stood there, where Michael had to be all over the place,” Patterson says.

Here’s how things went down over eight long months of development.

Pulse first recorded Slave’s gilded backdrop and real dancers in staggering 8K resolution (4K TVs are state of the art), using two $50,000 Red Dragon cameras. Next, a computer-generated Jackson circa 1991 (the period chosen by the Jackson estate) was subjected to an arduous animation process that was crucial to its success.

“You have to get across what’s called the ‘uncanny valley,’ which says the closer you get to making a digital human real, the creepier it gets,” says Patterson, adding that the illusion still lacked believability two weeks before the awards. “In the end, with all the intricate details in Michael’s face and gestures, we feel we got across.”

Come showtime, Pulse hung six high-powered projectors overhead and aimed the high-resolution footage of Jackson dancing and singing down at a piece of Mylar.

To the audience assembled at Las Vegas’ MGM Grand, it looked as if a life-size Jackson was in front of them. The illusion was cemented by the presence of live dancers (foreground) and band (background).

“When the people who knew Michael best started crying at the show, we knew we’d done something,” Textor says. “Then we started crying.”

Watch the performance:

Source: USA Today & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ