ビルボード・カバーストーリー:The Inside Story of 'Xscape' (その1)

1年ほど前、L.A.リードはウェストハリウッドのレストラン、チェッコニーズでジョン・ブランカとディナーをともにしていた。リードは2011年7月にエピック・レコード(リードが言うところの、「Thriller」を作ったハウス)のチェアマン/CEOに就任していた。彼は冷え切ったレーベルを引き継いだのだが、その時点ではまだホットにはなっていなかった。

ブランカはジャクソンが2009年に亡くなる直前に彼のアドバイザー兼弁護士の仕事に復帰していた。そしてジャクソンの遺産の共同遺言執行人となってからは、5億ドルの負債を消し去った。それはコンサート映画「This Is It」(世界で2億6100万ドルの興行収入)と、シルク・ドゥ・ソレイユとの興行のおかげである。

その日の晩に俎上に載せられたことの一つは、リードのアイディアであった。すなわち、ジャクソンが映画「Wiz」を撮影して最初にクインシー・ジョーンズと仕事をした19歳から、彼とジョーンズが「Thriller」で世界を作り変えた24歳までのキャリアの伝記映画である。

ブランカはリードに対し簡単に答えた。すなわちノーだ。

「ジョンは、『それは素晴らしいが、なぜでしょう。なぜ我々が、あなた方がそうすることを許可しなければならないのでしょうか?』と言ったよ」とリードは振り返る。ブランカは、エピックに移って以降ジャクソンのために何もしていないリードに対し不満を述べたのだ。エピックでの最初の2年間、リードはFOXのXファクターのジャッジを務めていた(「最悪な」決断だったと彼は言っている)。ブランカはこのことについても責めた。「ブランカはね、『テレビに出ている時、あなたはマイケルのことをしゃべらないじゃありませんか』と言ったんだ。彼は僕を責め始めた。僕はうっかり踏んじまったんだよ」とリードは言う。

だがリードは、自分自身を証明するチャンスだと考えた。そしてもっと違うこと、もっと大きなことを求めた。すなわち、保管庫に入り、ジャクソンが残した音源を聴くということである。ジャクソンはアルバム一枚あたり70曲程度は手掛けていたことで知られている。「全てを聴かせて欲しい」と彼はブランカに申し出た。「そして、チームを組んでマイケルのアルバムを作らせて欲しい」。

「僕はただの、大きなことを言うレコード屋だったんでね」とリードは言う。「なぜなら、金庫の中にどんなものがあるのかわからなかったんだから」。だが彼は今これを笑いながら、そして自信を持って言っている。普通ではないやり方にこだわり、誰もができないと思ったもの・・・すなわち、ジャクソンが1979年の「Off The Wall」から2001年の「Invincible」にわたって生み出した優れた音楽という文脈において議論する価値のあるアルバム・・・を作り上げたことからその自信は得られているのである。

michael-jackson-cover-2014-billboard.jpg


5月13日に発売となる「Xscape」は、ティンバランドやJロック、ロドニー・ジャーキンス、ジョン・マクレーン(A&Mレコードの元重役でブランカとともにエステートの共同遺言執行人である)らによる新しい音楽を付け加えられた、ジャクソンのボーカルからなる8曲が収録されている。彼らが取り組んだオリジナル音源は1983年から1999年までに録音されたもの、すなわち、「Thriller」の直後から「Invincible」の直前までのものである。

完成された曲はリミックスではない。リードはリスクのある道を選んだ。ジャクソンのボーカルのみを土台として新しい曲を生み出すようプロデューサーたちに命じたのである。ティンバランド(本プロジェクトのエグゼクティブ・プロデューサーであり、Jロックとともに5曲を担当した)はこのことについて、ジャクソンの声に促された、革新性が不十分ならそれを指摘し、革新的である時は賛成したと、あたかも心霊現象であったかのように語っている。

本作は、未発表曲を発売するというマイケル・ジャクソン・エステートとソニー・ミュージックとの契約に基づいた2番目のフル・アルバムである。報道によれば、この契約は2億5000万ドルだという。2010年の第一作「Michael」は、亡くなる直前に録音していたものを含む新しい素材を使用していた。6人のプロデューサーが携わったが、その多くはオリジナルのセッションにも参加しており、ジャクソンの意図を実現しようとベストを尽くしたが、ジャクソンのスタジオでの完璧さには及ばなかった。ブランカはそのプロセスを、「多少混乱していた」と評し、全体を導くビジョンが欠けていたと指摘している。

リリース以来、「Michael」は54万枚のセールスである・・・決して圧倒的ではない。だが、逝去後5年たった今でもジャクソンはビッグ・ビジネスだ。エステートとシルク・ドゥ・ソレイユのパートナーシップによる「Michael Jackson: The Immortal World Tour」は、ツアー興行収入においてローリング・ストーンズの「 Voodoo Lounge tour」(1994~1995)を抜いて史上9位となり、407公演に300万人を動員して3億2510万ドルの収益を上げた。「Immortal」は北米に再上陸し、そして二番目のシルク・ドゥ・ソレイユのショー「One」が2013年5月からラスベガスのマンダレイ・ベイで常設公演として開幕している。

ニールセン・サウンドスキャンによると、亡くなって以降、ジャクソンのアルバムはアメリカでは1280万枚売れた。そのうちの800万枚は、2009年6月25日の死後数カ月以内に売れたもので、その年のベストセラー・アーティストとなった。その時以降、ジャクソンのセールスは下降線だ。昨年、彼のアルバムは58万4000枚売れたが、エルヴィス・プレスリー(110万枚)やジョニー・キャッシュ(96万9000枚)よりは少なく、ホイットニー・ヒューストン(31万枚)やジミ・ヘンドリックス(53万9000枚)よりは多かった。「Xscape」は販売枚数増に寄与するだろうが、どの程度かは不透明だ。

ヒットは歓迎だが、リードら制作に携わった関係者たちはもっと高いところを見ている。すなわち、現在のポップ界にジャクソンの存在感をよみがえらせるということだ。彼の影響力が生き続けていることには疑問の余地はない。ビルボードHOT100の曲を聴いてみよ。ジャクソン信奉者らの曲が聞こえてくるはずだ。今なら、ファレル・ウィリアムスが「Happy」でナンバーワンだ。彼は、彼が言うジャクソンの「スタッター・ポップ」・サウンドを長い間追い求めている。そして、ジャスティン・ティンバーレイクの「Not a Bad Thing」は9位だ。これは「Xscape」チームのティンバランドとJロックによる共同プロデュースである。このアルバム制作中、ティンバランドは自問自答していたという。「ケイティ・ペリーと比較してラジオでどう聴こえるか。古臭いか?新しいサウンドか?現在のポップ界のすべてに勝てるようにしなければならない」と。

4月。リードは、マクレーンを除くプロデューサーたちを集め、アルバム制作についてビルボードに語り、その様子をドキュメンタリーに収めた。彼らが集まったのはハリウッドのヘンソン・スタジオ。チャーリー・チャップリンのスタジオの跡地に建設された元のA&Mスタジオだ。ジョーンズとジャクソンはここのスタジオAで「We Are The World」を録音した。そしてジャクソン(習作という形でチャップリンの映像を盛んに撮影していた)は、そのスタジオでリハーサルをしていたことで知られている。

彼らの中にはジャクソンを知っていた、ジャクソンと仕事をしていたという者もいる。すなわちブランディやデスティニーズ・チャイルドで知られるジャーキンス(36)は、16歳で最初にジャクソンに会い、19歳で彼と仕事を始めた。「彼は1年間だと僕に言ったんだ」とジャーキンスはジャクソンについて語る。それは結局、1999年から2001年までの3年間となった。リードは1989年に「Xscape」の音源の一つとなった「Slave to the Rhythm」をプロデュースしていた。その時のパートナーはケネス・"ベイビーフェイス"・エドモンズだった(そして、リードがアイランド・デフ・ジャムのチェアマン/CEOだった2005年にはリードはジャクソンと契約寸前だった)。この曲は「Xscape」用にティンバランドによって手を加えられた。「彼は(ロドニーに)1年間一緒に仕事をしてくれと頼んだんだ。プロデューサーとして僕の立ち位置を示してるよね。だって彼は僕には2週間と言ったんだよ」とリードは冗談を言った。

(その2へつづく)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ