ティンバーレイクはどうしてMJとレコーディングするチャンスを逃したのか

ジャスティン・ティンバーレイクは、マイケル・ジャクソンの次のアルバム「Xscape」に収録の「Love Never Felt So Good」で故キング・オブ・ポップとデュエットしている。

彼がこのプロジェクトに関わりたかったのも無理はない。というのも、以前、彼はイン・シンクを大切にするあまりキング・オブ・ポップと歌う機会を逃していたからだ。

テレビ番組「Oprah’s Master Class」の予告編で、イン・シンクのヒット曲「Gone」は元々ジャクソンのレコーディングのために書いたとティンバーレイクが語っている。

ジャクソンがその曲をボツにしたと知って、ティンバーレイクはイン・シンクとその曲をレコーディングし、結果として彼らの最後のアルバムとなった「Celebrity」へ収録された。だが彼が振り返っているように、彼にはあのアルバムが特別であり、新たなキャリアへと導くものだということがわかっていた。

「あれは僕自身の何かをやるという最初のアイディアだったのだと思う。自信を感じたのはあれが最初だったんだ。そして、当時自分が興味があった音楽、書いていた音楽というものが、それまでやったものとは違うということがわかったんだよ。本当の出発という感じがしたよ」と彼は言う。

その後、ジャクソン自身から電話がありティンバーレイクはかなり驚いた。結局「Gone」を聴いて、レコーディングしたいということであった。

それで話が複雑になった。

「彼はそのレコードを出したいが、彼と僕のデュエットにしたいということだったよ」とティンバーレイクは振り返る。「僕は、『もう発売してしまったから。イン・シンクのレコードとしてリリースしてしまったんだ』と言ったよ。僕は電話口で、文字通り自分で自分の顔にパンチしたね」。

記事全文はこちら(英文)。

■How Timberlake Missed His Chance to Record With MJ

Justin Timberlake duets with Michael Jackson on “Love Never Felt So Good,” from the late King of Pop’s upcoming posthumous album, XSCAPE.

It’s no wonder that he wanted to be involved in the project, since he’s now revealed that years ago he turned down the opportunity to sing with the King of Pop himself out of loyalty to ‘N SYNC.

In an advance clip from his appearance on “Oprah’s Master Class” this Sunday, Timberlake told the story about how he originally wrote the ‘N SYNC hit “Gone” on his own for Jackson to record.

When he learned that Jackson had turned the song down, he went ahead and recorded it with ‘N SYNC for what turned out to be their final album, “Celebrity.” But, as he recalled, Timberlake knew that particular record was different — and that it was leading him down a new career path.

“I think it’s the first idea that I ever got about doing something on my own, because it was the first time I’d ever really felt the confidence to do it,” he said. “And I knew that the music that I was interested and was writing at the time was different than what we had previously done. And it felt like a real departure.”

Timberlake was then surprised to receive a phone call from Jackson himself. It turns out that he’d heard “Gone” after all and wanted to record it.

That’s when things got complicated.

“He said he wanted to cut the record, but he wanted it to be a duet between himself and I,” Timberlake recalled. “And I said, ‘Well, it’s already out, we’ve already cut the song as an ‘N SYNC record.’ I’m on the phone and I’m literally punching myself in the face.”

Read More: http://abcnews.go.com/Entertainment/justin-timberlake-missed-chance-record-michael-jackson/story?id=23640622

Source: ABC News / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ