ビハインド・エスケイプ:A PLACE WITH NO NAME

ジャクソンによる、アメリカ(バンド)の1972年の古典「A Horse With No Name」の創造力あふれる新解釈「A Place With No Name」は、砂漠で車が故障し、ミステリアスな女にユートピアの街jへと導かれる男のストーリーだ。そこでは「誰も恐れを抱くことがなく」、「痛みを感じている者もいない」。ジャクソンは元々、エリオット・ストレイト(ニュージャック・スウィングのプロデューサー、Dr.フリーズとしての方が有名)とともに1998年にレコード・プラント・スタジオでこの曲に取り組み、レコーディングした。フリーズはこの曲について、鮮やかなイメージと豊かなハーモニーを備えており「一種の逃避、目を閉じれば、一瞬にして素晴らしい世界に自分がいることがわかる歌」と説明している。アメリカのメンバー、デューイ・バネルとジェリー・ベックリーはジャクソンの解釈について、「マイケル・ジャクソンがレコーディングに選んでくれて光栄だよ。クォリティはさすがだね・・・・。マイケル・ジャクソンは本当に正しく評価してくれた・・・・。実に感動的だ」と声明で述べている。

■BEHIND XSCAPE: A PLACE WITH NO NAME

A creative re-imagining of America's 1972 classic, "A Horse With No Name," Jackson's adapted "A Place With No Name" tells a story about a man whose car breaks down in the desert and is led by a mysterious woman to an utopian city where "no one is in fear" and "no people have pain." Jackson originally worked on and recorded the song with Elliott Straite (better known as New Jack Swing producer Dr. Freeze) at Record Plant Recording Studios in 1998. Freeze described the song, with its vivid imagery and lush harmonies, as "a kind of escape, a song where you just close your eyes to find yourself instantly transported into a wonderful world." In a statement, America band members Dewey Bunnell and Gerry Beckley said of Jackson’s adaptation: "We’re honored that Michael Jackson chose to record it and we're impressed with the quality of the track...Michael Jackson really did it justice...It's really poignant."

ソース:michaeljackson.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ