ビハインド・エスケイプ:「Slave To The Rhythm」

元々は1991年の「Dangerous」セッションでL.A.リードやベビーフェイスとともにレコーディングされた「Slave To The Rhythm」は、張り詰めたロボ‐ポップのリズムの曲だ。ジャクソンはこの曲で、息苦しい状況に陥ったある女性のストーリーを語っている。家でも仕事中でも、この主人公は、自分自身の願望は度外視して、男をコントロールする必要性のために「ダンス」をせずにはいられないのだ。一方で自分自身の願望は無視している。ちょっとしたことで、彼女がそこから脱して「彼女自身のビートに合わせてダンスをする」ようになる。ジャクソンは彼女の物語を、トレードマークであるシンコペーションのビート・ボクシングに乗せた情熱的なボーカルで語るのである。

■BEHIND XSCAPE: SLAVE TO THE RHYTHM
Originally recorded during the Dangerous sessions in 1991 with L.A. Reid and Babyface, "Slave to the Rhythm" is a taut robo-pop rhythm track in which Jackson narrates a story about a woman trapped in stifling circumstances. At home and work, the protagonist is compelled to "dance" to the needs of controlling men, while her own desires are ignored. In a brief moment of respite, she escapes and "dance[s] to the beat of her own." Jackson tells her story in a passionate vocal, capped by his trademark syncopated beat-boxing

Catch Ellen dancing to "Slave To The Rhythm" on The Ellen DeGeneres Show today!

ソース:michaeljackson.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ