ロドニー・ジャーキンス、Xscapeについて語る

キング・オブ・ポップが突然亡くなって1年後の2010年、彼のレコード会社が最初の没後アルバムをリリースする際、プロデューサーのロドニー・"ダークチャイルド"・ジャーキンスはプロジェクトに参加するよう要請を受けた。

彼はそれを辞退した。

「5曲くらいプロデュースしてくれということでアルバムに参加するよう要請されたけど、断ったよ。単に、まだその時期じゃないと思ったんだ」と彼は言う。

数年後。デスティニーズ・チャイルドやホイットニー・ヒューストンをプロデュースしたヒットメーカーのジャーキンス(2001年のジャクソンの復帰作「Invincible」にも参加していた)は、ジャクソンの曲を再びプロデュースすることに満足していると語った。彼は次期アルバム「Xscape」(5月13日発売)のタイトル・トラックのプロデュースを担当した。

「僕にとってはレコード会社とか、エステートの承認だとか、そんなことはどうでもいいんだ。僕はマイケルとは個人的な付き合いがあったから、『彼がどうしたいか、彼がどんなサウンドにしたいか』ということが全てだったんだ」とジャーキンスは言う。

「Xscape」はティンバランドがエグゼクティブ・プロデューサーで、ジャクソンが80年代から90年代に録音した曲も含まれている。その一部は「Bad」やDangerous」といった大成功を収めたアルバムの初期のレコーディング・セッションからも採用されている。

ファーストシングルの「Love Never Felt So Good」はポール・アンカとの共作で、木曜日のiHeartRadio Music Awardsで初披露された。この時はアッシャーがこの曲い合わせてダンスを披露した。この曲のボーナストラックでは、ジャスティン・ティンバーレイクをフィーチャーしている。

ジャーキンスによれば、彼とジャクソンは元々は、1999年にアルバム「Invincible」を制作していた頃に「Xscape」に取り掛かったという。彼はこの曲を2003年にもう一度手をつけ、そして8曲入り次期アルバムのために今年になって再び手を加えた。

「マイケルが生きている時も、僕らは『Xscape』を作ることを止めなかったんだ。これはね、『いつか日の目を見なければならない曲』だと彼がはっきり言った曲の一つなんだ」とジャーキンスは語った。

彼は2007年にアイルランドにいたジャクソンを訪ねた。彼らは「楽しんだ」が音楽を作ることだけに集中したわけではなかったという。

「その後彼と話をしたんだ。2008年か2009年くらいだと思う。『新しいアルバムを作る準備をしている。君も仕事だよ。アイディアに取り掛かるんだ』と彼は言っていたよ。そうしているうちに彼は亡くなったんだ」とジャーキンスは振り返った。

■Rodney ‘Darkchild’ Jerkins Dishes On MJ’s ‘Xscape’

NEW YORK (AP) — When Michael Jackson’s record label released his first posthumous album in 2010, a year after the King of Pop’s sudden death, producer Rodney “Darkchild” Jerkins was asked to work on the project.

He declined.

“I was asked to be on that album and to produce like five songs, but I turned it down,” he said. “I just felt like it wasn’t time.”

Years later, the hitmaker for Destiny’s Child and Whitney Houston — who worked heavily on Jackson’s 2001 comeback album, “Invincible” — says he now feels comfortable producing Jackson’s music again. He produced the title track from the upcoming album, “Xscape,” out May 13.

“For me it wasn’t about the label, it wasn’t about the estate’s approval; it wasn’t about all of that,” he said. “I had a personal relationship with Michael, (so) it was about, ‘What would he want from this? What would he want it to sound like now?’”

“Xscape” was executive produced by Timbaland and includes songs Jackson recorded in the 1980s and 1990s. Some of the tracks are taken from early recording sessions for successful albums such as “Bad” and “Dangerous.”

The first single, “Love Never Felt So Good,” was written with Paul Anka and premiered at the iHeartRadio Music Awards on Thursday night when Usher danced to the song. A bonus version of the track features Justin Timberlake.

Jerkins said he and Jackson originally started work on the song “Xscape” in 1999 when they recorded the “Invincible” album. He revisited the track in 2003 and retouched it this year for the new eight-track album.

“Even when Michael was alive, we never stopped working on the song ‘Xscape,’” he said. “It was one of those songs where he specifically said to me, ‘It has to see the light of day one day.’”

Jerkins said he visited Jackson in 2007 in Ireland where they were “vibing out,” but didn’t focus on creating music exclusively.

“And I then I spoke to him — I would say 2008, 2009, something like that — and he was telling me, ‘I’m getting ready to do another album. You gotta get to work. Start working on ideas,’” he recalled. “And then he passed away.”

READ MORE: http://www.huffingtonpost.com/2014/05/03/rodney-darkchild-jerkins-posthumous-michael-jackson-xscape_n_5258854.html?utm_hp_ref=entertainment

Source: huffingtonpost / MESFIN FEKADU / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ