ビルボード:ニューアルバムについて明らかとなった5つの事実

ビルボード誌のカバーストーリーで、キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンに焦点を当て、没後のヒット作(すなわち「Xscape」、5月13日発売)となるようにとのプロデュース作業の中で、MJのスタジオ・アウトテイクの選別を行ったスーパープロデューサーらとともにその裏側に迫っている。アントニオ・"L.A."・リード、ティンバランド、ロドニー・ジャーキンス、そしてJロックの「Xscape」チームがアルバムのメイキングを見せてくれる。これはジャスティン・ティンバーレイクとMJのデュエット「Love Never Felt So Good」も収録されている拡大版で見ることが可能だ。

その全ストーリーは月曜日(5月5日)までお待ちいただくとして、ここでは、マイケル・ジャクソンの「Xscape」にたどり着くまでのことで明らかとなった5つの事実を紹介する。

・素材が足りないなどということはない
プロデューサー陣は「Xscape」用に候補曲を24曲選んだ。その後20曲に絞り、14曲になった。アルバムには8曲が収録予定だが、それ以上が準備されていたのである(デラックスエディションにはオリジナルトラックが収録される)。バッサリとそぎ落としたことは驚きかもしれないが、選択された曲には驚くことはない。クイーンのフレディ・マーキュリーと83年に録音した曲は「Xscape」には収録されない。しかしながらクイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーがそれらに取り組んでいると昨年明かしている。また、昨年8月にリークされた、「Slave to the Rhythm」のジャスティン・ビーバーをフィーチャーしたバージョンも「Xscape」には収録されない。

・コアなファンたちは収録曲についておそらく知っている
だが、これはプロデューサーたちも以前から聴いたことがあるということを意味していない。ティンバランドとスターゲイトのミッケル・S・エリクセンの両人は、リードが提示した素材を聴くところから始め、そしてすぐに、インスト部分をなくしてジャクソンのボーカルとマイクが拾ったわずかなノイズのみで作業することを決めた。「歌っている時の、ブースの中の彼の足音が聞こえるよ。それからフィンガースナップもね」とジャーキンスは述べている。

・MJはスタジオでは容赦なかった
1989年の「Slave to the Rhythm」のオリジナルセッションでは、ジャクソンはボーカルを24回録音した。「そしてそれは一度ではないし、音を直したということでもないんだ」と、ベーストラックをベビーフェイスと担当したリードは言う。「いや、彼は上から下まっで24回歌ったんだよ。トイレ休憩も水分補給も、『ちょっと時間をくれ』もなしさ。彼は歌っては、『OK、もう一回やらせてくれるかな。もっとよくできる』と言ってもう一度歌うのさ。『うまくやれる、もう一回やらせて』と言ってまた歌うんだ」。

・L.A.リードはジャクソンにアイランド・デフ・ジャムと契約させようとしていた
「彼は、『僕はヒット曲がもっと欲しいんじゃない、僕はただ、レコードを作りたいんだ。何かすごいことをやりたい。もしすごいものでなければ、革新的なことじゃなければ、大規模でなければ、そして君が僕と同じくらい熱意を持っていなければ、僕らはやるべきじゃない。でも約束してくれるなら、僕も君と約束するよ』と言っていたよ」。それは実現しなかった。その代わり、ジャクソンはバーレーンの王子、シェイク・アブドラ・ビン・ハマド・アル・ハリファとつかの間の契約を結んだのである。

・MJはスターゲイトとの仕事を熱望していた
ジャクソンはノルウェー人プロデューサー・デュオのスターゲイト(ミッケル・エリクセンとトール・ハーマセン。リアーナやケイティ・ペリーのヒット曲で知られる)とのコラボレーションを模索していた。マイケル・ジャクソンは彼らが手掛けたニーヨの曲のファンだった。そして彼らはこれからのプロジェクトについて話し合うために、マンハッタンのミッドタウンにある中国料理のレストランMr.K'sで会っていたのである。「僕たち二人とマネージャー、そしてブランケットもいたね。地下の部屋だったよ」とエリクセンは語っている。

■Billboard: 5 Things We Learned About the New MJ Album

Billboard’s new cover story focuses on the King of Pop himself, Michael Jackson, going behind the scenes with the super-producers who sifted through nearly two-decades of MJ’s studio outtakes in an attempt to produce what they hope will be a posthumous hit record, “Xscape” (out May 13). Antonio “L.A.” Reid, Timbaland, Rodney Jerkins and J-Roc — the “Xscape” team — take Billboard into the making of the album, available in an expanded edition that includes a new Justin Timberlake-MJ duet “Love Never Felt So Good.”

Check back Monday (May 5) to get the full story. Until then, here are five things we learned about the journey to Michael Jackson’s “Xscape.”

THERE WAS NO SHORTAGE OF MATERIAL. Producers selected 24 possibilities for “Xscape.” They in turn narrowed the field to 20, which were edited down to about 14. Eight will be on the album, though several more were prepared (a deluxe edition will also feature the original tracks). The choices are not exactly surprises, though the omissions may be. The tracks that Jackson cut with Queen’s Freddie Mercury in 1983 are not on “Xscape,” although both Brian May and Roger Taylor of Queen spoke about working on them last year. And though a version of “Slave to the Rhythm” featuring Justin Bieber leaked last August (supported by a series of Bieber tweets), you won’t hear it on “Xscape.”

HARDCORE FANS WILL LIKELY RECOGNIZE THE TRACKS… But that doesn’t mean the producers had heard them before. Timbaland and Stargate’s Mikkel Eriksen both began by listening to the source material that Reid presented, and both quickly decided to forgo the instrumental tracks and work with only Jackson’s vocals and a few stray noises picked up by the microphone. “You can hear his foot in the booth when he’s singing, and his fingers snapping,” says Jerkins.

MJ WAS RELENTLESS IN THE STUDIO. During the original sessions for “Slave to the Rhythm” in 1989, Jackson recorded the vocal 24 times. “And it was not once and fix the bad note,” says Reid, who worked on the base track with Babyface. “No, he sang the song from top to bottom 24 times without a bathroom break, without a water break, without a ‘Give me a moment.’ He would sing the song and say, ‘OK, give me another track, I can do it better,’ and he’d do it again. ‘I can nail this. Give me another track,’ and he’d do it again.”

L.A. REID TRIED TO SIGN JACKSON TO ISLAND DEF JAM. “He said, ‘I don’t want another hit, I don’t want to just make another record. I want to do something great. If it can’t be great, if it can’t be groundbreaking, if it can’t be massive, if you’re not as committed as I am, then we shouldn’t do it. But if you commit to me I promise I’ll commit to you.” It wasn’t to be. Jackson instead signed a short-lived deal with Sheik Abdulla bin Hamad Al Khalifa, the prince of Bahrain.

MJ REALLY WANTED TO WORK WITH STARGATE. Jackson was looking to collaborate with the Norwegian production duo Stargate — Mikkel Eriksen and Tor Hermansen — known for their hits with Rihanna and Perry. The singer was a fan of their songs for Ne-Yo, and he met with them at the Midtown Manhattan Chinese restaurant Mr. K's to discuss future projects. "Just the two of us, and managers, and Blanket was there as well," says Eriksen. "Down in the basement."

Source: Billboard / Billboard Staff / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ