「Thriller」でのMJとの仕事

D♭マイナー、E、もう一度E、次はG♭メジャー、C♯マイナー7.こう書き下されたものはとても些細なことを意味しているに過ぎないが、これらの音符が演奏されるのを聴けば、それが何かはたちどころに認識されるだろう。

これは、無数のダンスフロアを埋め尽くし、ドライバーたちにカーラジオのボリュームを上げさせ、そしてマイケル・ジャクソンをよくいるポップ・スターから世界のアイコンへと押し上げたコード・シークエンスなのである。

これらは「Thriller」の最初の5つのコードである。リリースから32年たった今でも、「Thriller」は史上最も売れたアルバムである。

これらのコードはブライアン・バンクスにとっては耳慣れたものだ。彼は英国ブリストルのソーブリー近郊の片田舎に住んでいる。

brian-640x360.jpg

その昔、西へ5000マイル離れた場所、ロサンゼルスのウェストレイク・スタジオでこのアルバムが出来上がるのを見守った嵐のような3週間。彼はその一員だったのだ。

1982年、熟練したミュージシャンであったブライアンは、このアルバムのシンセサイザー・プログラマーだった。その後、彼はメジャーな映画のスコアに関わり、また世界の大手レコード会社のレコーディング作業にも関わったが、「Thriller」での仕事が今でも彼の履歴書では一番目を引く経歴だ。

だが、当時スタジオにいた者たちは、自分たちが世界を吹き飛ばすことになると思っていたわけではない。

「僕らはマイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズと仕事をしていました。大きな仕事だったけど、実はスタジオで自分の写真は一枚も撮らなかったんです。このくらいの仕事は定期的にしていたからです。

「クインシーやマイケルと仕事をするのはクールでしたよ。勘違いしないでくださいね、そこにいること自体がスリリングなことだったんです・・・Aクラスのギグでしたし、マイケル・ジャクソンのレコードで仕事をしないかとクインシー・ジョーンズに声をかけられるのはトップクラスだけでしたから」。

ここでブライアンは身を乗り出して声を潜め、こう強調した。

「でも誰もこれが大きな仕事になるなんて思ってませんでしたよ。誰もね。このアルバムの僕の仕事が終わりに近づいたころ、写真家たちが見開きの裏側用の最終校を持ってきたのを覚えています・・・マイケルが白いスーツを着ているやつです・・・彼とクインシーや写真家たちが一番いいものを選んでいる時に私はたまたまスタジオにいたんです。

80年代初め頃の音楽業界はどん底だったということを思い返す必要があります。売り上げは落ちていましたし、ディスコは死んでいました。パンクは実際にはまったく売れませんでしたし、何かを探してもがき苦しんでいたんです。

だから音楽業界は良くない場所だったんです。クインシーはマイケルに言っていましたよ、『Off the Wall』は800万枚売れた、もし『Thriller』がこの景気で600万枚売れたら成功と言える、とね。

そして『Thriller』は一年で5000万枚売れたんです。でも誰も、誰も、クインシーとマイケルでさえ、あのように売れるとは思っていなかったんです」。


その衝撃は単に金銭的なことだけではなかった。現在50代のブライアンは、その衝撃が音楽における人種差を破壊したと記憶している。

「マイケルがMTVに登場した最初の黒人ミュージシャンだということを忘れてはいけません。それは大きなことでした。彼以前はすべて白人ロックでした。アルバムが巨大になったからMTVに出さざるを得なくなったのです。そしてそれがアルバムのプロモートとなり、大きなうねりとなったのです。

MTVは黒人ミュージシャンを過小評価しても非難されることはなかったんです。不満はありましたが。

マイケルのおかげでそうしたことは終わりました。黒人ミュージシャンたちのそれ以前の状態から何もかもがなくなったというわけではありません。でも、世界規模の商業性や社会の平等、大事にすべきこと。こうしたことを彼は誰の手も借りないで変えたのです。『Thriller』をきっかけにして正されたんですよ」。


2009年に亡くなったマイケルは、明らかな音楽の才能にもかかわらず評価が二分されている。ブライアンは、「Thriller」がレコーディングされている間、その舞台裏に片時も離れずにいた寡黙でシャイな男について振り返る。

「彼をよく知っているふりをすることはできません。私たちは同じ部屋にいて、仕事をし、会話を交わしていました。でもそれは、ずっと昔からの友達というような感じではありませんでした。彼はとても寡黙でした。とても控えめでした。スタジオにいて何もしていない時、彼は暗い隅の方にいました。ダンス・ムーヴの練習をしていたのかもしれません。

彼と仕事をしている時、彼は自分のアイディアや考えにとても前向きでした。でも、暴君だとか、『お前はこれをやれ』、『お前はあれをやれ』といって要求するということはありませんでした。責任者はクインシー・ジョーンズだったということを忘れてはいけません。私たちが言うことを聞いていたのは誰かということです。

マイケルがレコーディングしている時は誰も建物に近づくことを許されなかったことを覚えています。ただマイケルとクインシー、エンジニア、アシスタント・エンジニア・・・これだけです。彼が自分のことをしている時に周りにいたのはごく限られた人たちだけでした」。


ブライアンにとっては、マイケル・ジャクソンのことについて語る時、それは音楽に関することだけだ。

「彼は魔法の声、魔法の歌い方でした。彼は何が良いかということについての鋭い感受性を持っていました・・・彼は感知し、感じることができたのです。彼は間違いなく、リズムとスタイル、表現方法についての素晴らしいセンスを持っていました。

そのようなセンスとしては、彼はシナトラのようです。人々に歌を届けることができ、ポップ・ミュージックにも、他のミュージシャンたちにも非常に大きな影響を与えた、そういう人々の一人です」。


2009年にマイケルが亡くなったことについて、

「ショックというよりは悲しいことでした」とブライアンは言う。

「押したり引いたりするものなんですよ。私が有名になりたかったって?たぶん、なりたかったでしょうね。アートの世界に行くという言う時、ほとんどの人はロックスターやオペラ歌手や指揮者になりたいと思っています。これは魅力あるパフォーミングアート(芸能)の一つです。でも、早くに成功を収め、そしてそれが手に負えなくなっている人を見れば見るほど・・・そんなことがあまりに多すぎます」。

「友人を失ったという感じではありませんでした。ただ、音楽的影響力のある象徴的な人物を失ったのです。私は悲しかった。いつか、何か恐ろしいことが起きると予感させるような。なぜなら彼は常に危険と隣り合わせだったからです。ただ私の意見ということではありません。頭脳明晰でなくても、あるいは彼と仕事をしたことがなくてもそれはわかりますよ」。

「彼と仕事をしている時、彼はとても寡黙だった。ほとんど壊れそうで、繊細な感受性を持っていた。考えがあってそれを口にする時、でもそれはあの軽い、ソフトな声で、インタビューとかで皆さん聞いたことがあるでしょう、彼はそんな話し方でした。

彼はとても控えめな男でした。ステージに上がるまではね。ステージは彼が爆発する場所だったんです」。


インタビュー全文はこちら(英文)。

■Working With MJ On ‘Thriller!’

DFLAT minor to E, E again, then G flat major, then C sharp minor 7. Written down, it means very little, but if you heard those notes played, you’d recognise them instantly.

It’s the chord sequence that has filled thousands of dancefloors, caused drivers in their millions to reach across and turn the car radio up and helped propel Michael Jackson from being just another pop star to a world icon.

They are the first five chords of the song ‘Thriller,’ taken from the record of the same name. Even now, 32 years after its release, it remains the biggest-selling album of all time.

Those chords are very familiar to Brian Banks, who lives in the countryside near Thornbury, Bristol in the UK.

A long time ago, and some 5,000 miles to the west, he was part of the whirlwind three weeks that saw the album put together at Westlake Recording Studios in Los Angeles.

Brian, in 1982 an accomplished musician in his own right, was the synthesiser programmer for the album. Since then, he has worked on several major film scores and recorded for some of the world’s biggest companies, but working on ‘Thriller’ remains an eye-catching element of his CV.

Not that those in the studio at the time had any idea what they were about to unleash on the world.

“We were working with Michael Jackson and Quincy Jones, so yeah, it was a big deal. But I have to tell you, I don’t have any photographs of me in the studio because I was working on jobs of that stature on a pretty regular basis.

“He wasn’t ‘MJ’ in those days. It wasn’t like ‘Oh my God, it’s Michael Jackson’.” It was more, ‘Oh yeah, that guy from the Jackson Five is releasing another album’.

“It was cool to be working with Quincy and Michael. Don’t get me wrong, I was thrilled to be there – it was an A-plus gig and only the best of the best get asked by Quincy Jones to work on a Michael Jackson record.”

At this point, Brian leans closer and lowers his voice to emphasise his point.

“But nobody had any idea how big it was going to be. Nobody. I remember towards the end of my time working on the album the photographers brought the final proofs back for the centrefold – the ones of Michael in the white suit – and I happened to be in the studio when he and Quincy and the photographers were trying to pick the best one.

You have to remember that in the early ’80s music was in the toilet. Sales were way down, disco was dead, punk didn’t really sell a lot and there was a lot of floundering around looking for something.

So music was in a bad place. And I remember Quincy saying to Michael, ‘Off the Wall’ sold eight million copies. If ‘Thriller’ sells six million, in this market, I’m going to call that a success.

And it did 50 million in its first year. But no, nobody – even Quincy and Michael – had no idea it would take off like it did.”

The impact was not just in terms of dollars and cents. Brian, now in his fifties, remembers the shockwaves breached the racial divide in music.

“You have to remember that Michael was the first black musician to appear on MTV, and that was huge. Prior to that, it was all-white rock and they had to let him on MTV because the album was getting so big, which then helped promote the album, so it became a tidal wave.

MTV could marginalise black musicians without getting a whole lot of flack, although there were murmurings.

With Michael, those days were over, and that’s not to take anything away from black musicians from decades prior, but the worldwide commercial and social equality and respect thing, he single-handedly changed it. ”

Michael, who died in 2009, remains a polarising figure despite his obvious musical talent. Brian, though, recalls a quiet, shy man who was almost in the background while ‘Thriller’ was being recorded.

“I can’t pretend I knew him well. We were in the same room, we worked on stuff and talked, but it’s not like he’s a longstanding friend. He was very quiet, very reserved. When he was in the studio and not doing something, he was in the deepest, darkest corner, maybe practising dance moves.

When you worked with him he was very forthcoming with his ideas and thoughts, but not oppressive or demanding in a ‘you will do this’ or ‘you will do that’ way. You have to remember the man in charge was Quincy Jones, and that was who we were listening to.

I remember that nobody was allowed anywhere near the building when Michael was recording voice. It was just Michael, Quincy, the engineer, the assistant engineer – that’s it. There was a very tight circle of people around when he was doing his thing.”

For Brian it’s all about the music when you talk about Michael Jackson.

“He had a voice and a delivery that was absolutely magical. He had a sensibility about what was good – he could sense it, he could feel it. He obviously had a great sense of rhythm and style and phrasing.

He was like Sinatra in that sense, one of these people that can deliver a song and obviously had enormous impact on pop music, on other musicians.”

On talking about Michael’s passing in 2009:

“I WAS more sad than shocked,” admits Brian.

“It’s that push-pull thing. Would I have liked to have been famous? Yeah, probably. When you go into the arts most people want to be a rock star or famous opera singer or conductor – that’s one of the draws of the performing arts. But the more people you see that have attained fame early on and have not been able to handle it… you see it too often.”

“It wasn’t like I lost a friend, but we lost an iconic musical influence. I was sad. It was almost like you expected something horrible was going to happen at some point because he always seemed to be on the edge. But that’s not just my opinion, and you don’t have to be a rocket scientist or worked with him to see that.

When I worked with him he was a very quiet, almost fragile, soul. When he had an idea he spoke it out, but it was that light, soft-speaking voice that people would have heard in the interviews he did, that was how he spoke.

He was a very reserved man until he got on stage, which was where he exploded.”

Read the full interview and find out more about Brian here.

Source: The Bristol Post & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ