マーレーの上訴棄却、連邦裁へ持ち込む意向

カリフォルニア州最高裁判所は水曜日、マイケル・ジャクソンの専属医に対する過失致死罪を見直すことを拒否し、同医師の弁護士による上訴申し立てを棄却した。判決時に論評はなかった。

州の最高位裁判所による今回の判断は、コンラッド・マーレー医師の法律の旅に対し待ったをかけるものとしては最新のものだ。州の控訴裁判所は今年初めにマーレー医師の有罪を支持し、再審を拒否していた。

ヴァレリー・ワス弁護士は、マーレーは連邦裁へ戦いの場を移す意向であると述べた。

「私たちは大変失望していますが、連邦裁判所でこの件を追及するつもりです」とワス弁護士は述べた。

ワス弁護士によると、電話でこの結果を知らせた際、「彼は『戦いは終わっていない』と言いました」。

関係当局によれば、マーレーは2009年に、カムバック・コンサートの準備をしていていたマイケル・ジャクソンに致死量の麻酔薬プロポフォールを投与した。

マーレーは2011年に有罪評決を受け、2年間服役した。彼は10月に釈放されたが、それは非暴力的服役囚は郡裁判所で服役させるというカリフォルニア州法の改正と、服役中の素行が良かったことによるものである。

6週間にわたった裁判では、睡眠補助のために毎晩行われていたプロポフォールの投与など、マーレーによるマイケル・ジャクソンの診療について焦点が置かれた。

控訴裁判所の決定ではこう述べられている。

「ミスター・ジャクソンは弱い立場の被害者で、(マーレーは)信頼される立場にあった、そして(マーレーは)様々な意味で職務上の規範を逸脱してこの信頼関係を破壊した。証拠がそれを示している」。

ワス弁護士によれば、釈放以来マーレーは家族と旅し、時間を過ごしてきた。「家族とともに人生を取り戻そうとしている」のだという。

ワス弁護士が提訴する予定である連邦控訴裁判所では、前裁判の報道について、そして陪審員がインターネットから隔絶されていなかったことを明らかにすることに焦点が当てられるという。控訴審でマーレーは、裁判に関する報道の洪水から陪審員は隔離されるべきであったと主張し続けていた。

■Murray Appeal Denied

The California Supreme Court refused Wednesday to review the involuntary manslaughter conviction of Michael Jackson’s doctor, rejecting his lawyer’s petition without comment.

The decision by the state’s highest court was the latest stop on Dr. Conrad Murray’s legal odyssey. A state appeals court upheld his conviction earlier this year and then refused to reconsider its decision.

Attorney Valerie Wass said Murray will take his fight to federal court.

“We’re greatly disappointed but we intend to pursue this in federal court,” Wass said.

She said she telephoned Murray with the news and, “He said, ‘The fight is not over.”‘

Authorities said Murray gave Michael a lethal dose of the anesthetic propofol in 2009 while the singer prepared for a series of comeback concerts.

Murray was convicted in 2011 and served two years in jail. He was released in October due to a change in California law requiring nonviolent offenders to serve their sentences in county jails and as a result of credits for good behaviour.

The six-week trial focused on Murray’s care of Michael, including nightly doses of propofol to help the entertainer sleep.

The earlier appellate court decision said,

“The evidence demonstrated that Mr. Jackson was a vulnerable victim and that (Murray) was in a position of trust, and that (Murray) violated the trust relationship by breaching standards of professional conduct in numerous respects.”

Since his release, Murray has been travelling and spending time with family, “trying to get his life back together.” Wass said.

She said the federal appeal she plans to file will focus on media coverage of the trial and exposure of the unsequestered jury to the Internet. Murray has maintained throughout his appeals that the jury should have been sequestered due to the flood of publicity surrounding the case.

Source: CTV News & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ