USAトゥデイの「Xscape」レビュー

マイケル・ジャクソンの新譜のリリースは懐疑的な目で見られがちであり、おそらくそれが健全だろう。亡くなって5年経ったが、キング・オブ・ポップは、今現在のアーティストたちへの消しがたい影響力を堅持し、そして、ある種猥雑で不機嫌な魅力を放っている。それは常に売り物になるものであるし、またそうでないにしても記憶に残るものであるということは偉大な曲と変わらない。

幸いにも、5月13日に発売される「Xscape」は、マイケル・ジャクソンがなぜ、我々が共通して持っている意識の中に入ってくるのかということをまず初めに思い出させてくれる。この8曲は、亡きスーパースターのアーカイブから引っ張り出された曲であり、レコーディング・アーティストとしてのジャクソンの初期のピーク(ソロとして躍進した79年の「Off the Wall」と82年の「Thriller」)の後の83年から99年にかけてレコーディングされたものだ。

だが、スターゲイトやJロック、ロドニー・ジャーキンスといったヒットメーカー・チームの手助けを得たエグゼクティブ・プロデューサーのL.A.リードとチーフ・プロデューサーのティンバランドは、現代的なエレキのテクスチャーを幾重にも重ねたが、優美で壊れそうなボーカル、あるいは曲の全体の構成というものを覆い隠すことはせず、シンガーとしてのジャクソンの不朽の強さが表現されていると請合っている。

「Love Never Felt So Good」・・・・ジャクソンとポール・アンカの作で初期のプロデュースもこの二人で行われた。エステートの共同執行人ジョン・マクレーンとジョルジオ・タインフォートが再プロデュースを担当・・・には、昔風のキレと、ゾクゾクするような感覚があり、暖かで跳ねるようなストリングスを備えている。美しいメロディーを持ちリズミカルなクインシー・ジョーンズとの作品のパンチ力を思い起こさせるストリングスだ。

87年のBADセッションでジャクソンが作り、ティンバランドが今回見直しを行った「Loving You」は、同じように陽気で、かつ懐かしい響きを持っている。後年のマイケル・ジャクソンのトレードマークであるシンコペーションに反して、鳴り響くピアノ・コードとパーカッションが添えられている。

他の曲は、音響的にも詞の面でもより新しく、そしてよりアグレッシブである。ジャクソンにとって、愛と不安はしばしば表裏一体であった。すなわち、「Do You Know Where Your Children Are」(BAD期)は、ある親の悪夢を激しいグルーヴで描く。一方、コーリー・ルーニーが書いた背筋も凍る「Chicago」では、嘘つき女に悩む語り手がストーリーを語る。

1989年の魅力的なリード/ベビーフェイス作品でティンバランドとジェローム・ハーモンが復活させた「Slave to the Rhythm」では、家庭と仕事で自分を縛る鎖を断ち切ろうとする女性についてジャクソンがささやくように歌う時、苦しんでいるのはその少女だ。

「Slave~」は出だしは陽気で、ジャクソンのトレードマークである甲高い声やしゃっくりのような唱法とともに曲がスタートするが、彼が描く、「自分のビート」を見つけることに必死な閉じ込められた人に対する共感がそこにあることは明らかだ。このスターにとって、「Xscape」のような逃げ道(escape)が、亡くなって初めて得られたということに、ここでは特に心が痛むのである。

■First listen: Michael Jackson's posthumous 'Xscape'

It's easy, and probably healthy, to approach any new release of Michael Jackson music with some skepticism. Nearly five years after his death, the King of Pop remains both an indelible influence on contemporary artists and a source of the kind of prurient and morose fascination that is always as marketable, if not as memorable, as a great tune.

Luckily, the posthumous Xscape, out May 13, offers some reminders of why Jackson entered our collective consciousness to begin with. The eight tracks here showcase songs, culled from the late superstar's vault, originally recorded between 1983 and 1999, after Jackson's early creative peak as a recording artist (with his 1979 solo breakthrough Off the Wall and 1982's Thriller).

Still, executive producer L.A Reid and lead producer Timbaland — with support at the boards from other noted hitmakers such as Stargate, J-Roc and Rodney Jerkins — ensure that Jackson's enduring strengths as a singer are represented, layering in modern electronic textures without overwhelming the distinctly slinky, shivery vocals or overall structure of the tunes.

Love Never Felt So Good — written and initially produced by Jackson and Paul Anka, and co-produced here by John McClain, a co-executor of Jackson's estate, and Giorgio Tuinfort — has an old-school snap and tingle, with warm, leaping strings that recall the melodic and rhythmic punch of Jackson's work with Quincy Jones.

Loving You, crafted by Jackson during sessions for 1987's Bad and revisited here by Timbaland, is similarly blithe and nostalgic, with tinkling piano chords and tickling percussion set against the latter artist's trademark syncopation.

Other tracks are edgier and more aggressive, sonically and in their lyrics. For Jackson, love and anxiety were often inextricably entwined; Do You Know Where Your Children Are (also from the Bad era) documents a parent's nightmare with a thumping groove, while the chilly, Cory Rooney-penned Chicago finds its narrator vexed by a duplicitous woman.

On Slave to the Rhythm, an intriguing 1989 Reid/Babyface creation brought back by Timbaland and Jerome Harmon, it's the girl who suffers, as Jackson croons over a frantically chugging, swirling arrangement about a woman who tries to break the chains that bind her at home and work.

Slave is playful at first, opening with Jackson's trademark yelps and hiccups, but there is clear empathy in his portrait of a trapped person desperate to find "a beat of her own." It seems especially poignant here that for this star, escape, like Xscape, only came posthumously.

ソース:USAトゥデイ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ