高校の英語の教科書にMJが登場

高校の英語の教科書「CROWN English Communication Ⅱ」でマイケル・ジャクソンが取り上げられている。マイケルが登場するのは、"OPPTIONAL LESSON"題された最後の全11ページの章だ。そのうちの9ページがThis Is Itに充てられている。オリアンティやジュディス・ヒルの証言、This Is Itの主要テーマであったEarth Songに込めた地球への想い。そして彼のアーティストとしての本質が、「Dancing The Dream」から引用されたマイケル自身の言葉で説明される。

"I just step into it. It's like stepping into a river and joining the flow. Every moment in the river has its song. So I stay in the moment and listen. When you join the flow, the music is inside and outside, and both are the same. As long as I can listen to the moment, I'll always have music".

マイケル・ジャクソンというアーティストが、一人でも多くの高校生の心に残りますように。

crown.jpg

ソース:CROWN / MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ