なぜ、「Xscape」をサポートすべきなのか (MJWN)

ニューアルバム「Xscape」について言えば、「見て見ぬふり」をすることは愚かなことだと感じています。説明させてください。このアルバムが発表されて以来、声の大きいごく一部のファンたちがこのアルバムのリリースに対し反対の声を上げていることは十分承知しています。彼らの議論は・・・・

・エステートは単にがめついだけだ。
・ソニーをサポートすべきでない。マイケルはソニーが嫌いだったから。
・マイケルは自分が完成させていない曲はリリースしたくないだろう。
・2010年に論争となったカシオ・トラックが入ったアルバム「Michael」のことがあるから、「Xscape」はサポートすべきでない。
・故人を利用して金儲けをするべきではない。

それぞれがそれぞれの意見をもつ権利は当然ありますが、それでもマイケル・ジャクソンは成功すべきだ、と私は思っています。そこで、事実関係をはっきりさせておきたいと思います。私はマイケル・ジャクソン・エステートの関係者ではありません。したがって、このような記事を書いて彼らの後押しをする義務はありません。私はただ、マイケル・ジャクソンが2014年にナンバーワンとなることのお手伝いがしたいのです!

このプロジェクトに関する議論について私が思うところを述べたいと思います。

1) エステートはがめつい
ファンとして私たちは忘れてはいけません。エステートに関わる人々は報酬を受け取りますが、その一方で、彼らのプロジェクトによって得られたお金は、マイケルが希望していた慈善団体にも、彼の子供たちの元へも入るのです。彼らのプロジェクトは最大の後援者なのです。

2) ソニーをサポートすべきでない
よく言われているように、マイケルは2002年にレコード会社と不和になりました。しかしながら、彼の怒りは当時のCEOトミー・モトーラに向いていました。モトーラは2003年に会社を去り、マイケルはソニーとの新たな契約を2008年に結んで「Thriller25」をリリースしました。このことは、マイケルがソニーと良好な関係にあったこと、そしてソニーと仕事をすることに満足していたことを示しています。マイケルが満足なのであれば、私たちも満足すべきです。

3) マイケルは自分で完成させていない曲はリリースしたくないはずだ
マイケルは未完成曲を公にすることは喜ばないはずだという議論は確かにありうるものです。それはとりあえず置いておいて、彼はそのキャリアを通じて他のどのアーティストよりもハードに仕事をしました。そして彼は自分が遺したものが続いてくれることを望んだでしょう。「Xscape」のようなアルバムをリリースすることは、マイケルが懸命に取り組んだものが長く続くよう手助けする素晴らしい手段です。たとえそれらの曲が好きでないとしても、マイケルが生前にリリースしたものがそのせいで色褪せるということはありません。個人的意見ですが。アルバム「Xscape」は細心の注意を払って取り扱われています。そして、マイケルが亡くなって以降にリリースされたものはすべて、彼を知る者、彼と直接仕事をした者の手によってなされたものです。

4) 2010年の「Michael」のことがあるから「Xscape」をサポートしたくない
私はエステートの代弁をすることはできませんが、前作のカシオ・トラックについて論争が起きたことは、彼らは後悔していると言ってもいいかもしれません。これらの3曲がアルバム・リリースを台無しにしたのですから。LAでのエステートとのミーティングでは、2009年以降彼らが生み出してきたことについて彼らはとても愛しげに話していましたが、2010年のあのアルバムについては明らかに触れませんでした。また、彼らは今度のニューアルバムは「Michael」とは別物であり、いかなる理由があってもカシオ家の曲を再び使うことはないと強調していました。さらにエステートはファンの反応に耳を傾け、前回から学びました。次期アルバムに、マイケル自身が聴いたオリジナル・デモが収録されているのはこのためなのです。

5) 故人を利用して金儲けをするべきではない
実際問題として、エステートは無料配布をするようなものを作ることはできません。そんなことはビジネス・マネジメントとしては貧弱であり、マイケルの子供たちの大損害となるでしょう。もし金を稼ぐべきではないと彼らが考えていたら、何も発表されず、作り出されていないでしょう(シルク・ドゥ・ソレイユや記念アルバム、ライブDVDなども含めて)。それは、マイケル・ジャクソンが遺したものは、悲しいことに彼の偉大な才能をより一層世に広めるということもなく、彼と共に死んでしまったということを意味するでしょう。

最後に言わせてください。「Xscape」をサポートしないのはマイケル・ジャクソンをサポートしないのと同じことです。普通の人々は、10年以上前にマイケルが抱えていたソニーとの問題のことなど知りませんし、4年前のカシオ・トラックについてのいきさつも知りません。普通の人々が見るのはチャートがどのくらいかということです。結局のところ人々が記憶するのは、マイケル・ジャクソンは今でもナンバーワン・アーティストなのか否かということです。マイケルがナンバーワン・アーティストを成し遂げるのを手助けできるのは皆さんだけなのです。

マイケル・ジャクソンを再びナンバーワンに、そして「Xscape」をサポートしよう。

マット・ブランク(MJWN)

170x170.jpg ■ Why You Should Support ‘Xscape’

With regards to the new album, ‘Xscape,’ I feel that ignoring “the elephant in the room” would be stupid…allow me to explain. We are more than aware that ever since this album was announced, a minority of fans with large voices, have spoken out against the release. Their arguments are:

The Estate are just money grabbers
We shouldn’t support Sony, as Michael hated Sony
Michael wouldn’t want any songs he didn’t complete released
After the ‘Michael’ album with the controversial Cascio tracks on in 2010, we shouldn’t support ‘Xscape’
People shouldn’t be making money off a dead man
Whilst everyone is entitled to their opinions, I feel strongly that Michael Jackson should still be successful, and in doing so, I want to set the record straight. I’m not part of the Michael Jackson Estate and therefore am not under any obligation to produce this article to support them. I just want to help get Michael Jackson to number one in 2014!

I would therefore like to answer arguments about this project as I see it:

1) Some think the Estate are money grabbers
We must remember as fans that whilst the Estate employees will be paid, money made by the projects they produce also go to charities as Michael requested and to his children. These are the biggest benefactors.

2) Some believe we shouldn’t support Sony
Michael had a well documented fall out with his record company in 2002. However, his anger was towards the then Chairman CEO Tommy Mottola. Mottola left the company in 2003 and Michael signed a new contract with Sony in 2008 to release ‘Thriller 25.’ This clearly shows that Michael was at peace with Sony and was happy to work with them. If Michael was happy, we should be happy.

3) Some think that Michael wouldn’t want any songs he didn’t complete released
There is certainly an argument to be made that Michael would be unhappy to have unfinished songs released to the public. But that said, he worked harder than any other artist throughout his career and he would have wanted that legacy continued. Releasing albums such as ‘Xscape’ is a great way to help continue what Michael worked so hard on, and even if you personally don’t like the songs, it doesn’t tarnish what Michael released whilst alive, in my opinion. The ‘Xscape’ album has been delicately handled and everything released since Michael’s passing has been worked on by people who knew him or worked directly with him.

4) After ‘Michael’ in 2010 we don’t want to support ‘Xscape’
I cannot speak on behalf of the Estate, however, I would say that after the controversy that surrounded the Cascio tracks on the last album, they probably have certain regrets, as those three tracks certainly marred the release. During our sessions with the Estate in LA, they spoke very fondly about what they’ve created since 2009, though notably skipped talking about the 2010 album. They also stressed (and rightly so) that the new album is nothing like that of ‘Michael’ and that under no circumstances will they be using any tracks from the Cascio family again. The Estate has also listened to the fans reaction and learnt from last time, and that’s why we will have all the original demos on this forthcoming album, as last heard by Michael himself.

5) People shouldn’t be making money off a dead man
The fact of the matter is, the Estate can’t create things to give away for free. That would be poor business management and be a massive detriment to Michael’s children. If they were to believe you shouldn’t make money, then nothing could be released or produced (including Cirque Du Soleil, anniversary albums, live tour DVD’s etc…). That would sadly mean that Michael Jackson’s legacy would die with him, with nothing further to promote his great talents.

In conclusion I would say that to not support ‘Xscape’ is to not support Michael Jackson. The general public don’t know much about the problems Michael had with Sony over ten years ago, or the drama over the Casico tracks four years ago. All the public see is how releases fair in the charts. What will be remembered at the end of the day is whether or not Michael Jackson is still a number one artist or not. Only you can help Michael achieve this.

Let’s make Michael Jackson number one again and support ‘Xscape’.

Matt Blank

ソース:MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ