マイケルの驚きの曲作り

エピックのボス、L.A.リードが「現代風」にしたマイケル・ジャクソンのアーカイブ・マテリアルからなるアルバム「Xscape」のニュースが報じられているのと同じ週、「Beat It」の古いデモが出回っていた。そのデモは、曲の各要素・・・コードやハーモニー、メロディ、ベース、そしてビートボクシングによるリズムですら、その一音一音・・・を自分の声で作って行くマイケルの驚くべき曲作りのプロセスを明かしている。全て揃ったハーモニーにはまいってしまうだろう。



ファンにはよく知られているが、マイケルは楽譜が全く読めないし、書けない。一般の認識とは違って楽器を少しプレイすることはできたが・・・「HIStory」では、キーボード、シンセサイザー、ギター、ドラム、パーカッションの奏者とクレジットされている・・・熟練しているわけではない。他のどのパフォーマーよりもハードなトレーニングを父親から受けていたとはいえ、正式な作曲のトレーニングは一切受けていなかった。

だが、モーツァルトがシンフォニーを丸ごと頭の中で聴くことができたように、マイケルも譜面になる前に歌を完全に具体化することができた。1994年の「Dangerous」の裁判で、マイケルはこう説明している。

「詞、ストリングス、コード。ある瞬間全てがやってくる。贈り物が頭の中に置かれるように。僕にはそういう風に聞こえているんだ」。

一流のエンジニアやプロデューサーたちのチームが、彼がスタジオに持ち込んだ曲に取り組むことになるのだが、その彼らでさえ、マイケルの才能について心を奪われていた。サウンド・エンジニアのロブ・ホフマンはがそのプロセスを説明する (原典:"Rhythm Of The Tide"):

「ある朝、一晩かけて書いてきた曲を持ってMJがやってきた。僕らはギタリストを呼んでいたんだけど、マイケルは彼に、全部のコードの音を歌って聞かせたんだ。『ここが最初のコード、最初の音、二番目の音、三番目の音。ここが二番目のコード、最初の音、二番目の音、三番目の音』みたいな感じさ。そうして僕らは、最高に心がこもった、最高に深い彼のボーカルパフォーマンスをコントロール・ルームで目撃することになったのさ。SM57(マイク)を通したライブで。

ストリングのアレンジを僕らに歌って聞かせたりもしていたよ。全部のパートだよ。スティーヴ・ポーカロは、ストリングのセクションと一緒に部屋でそれをやっているのを見たと言っていたよ。頭の中に全部あったのさ。ハーモニーもなにもかも。ただの8小節のループじゃない。彼は実際に、完全なアレンジ全体を歌ってテープレコーダーに吹き込んでいたんだよ。ストップとフィルがすでに備わっていたね」。

マイケルの曲作りの手法について語ったインタビューで最も興味深く、また最も驚きであったのは、「Dangerous」裁判の時のものだ。ソングライターのクリスタル・カルティエが盗作を訴えて彼を法廷に引きずり出したのだが、裁判中、マイケルは曲作りのプロセスについて尋問を受けた。「テープレコーダーに向ってベースのパートを歌います」と、彼はメロディを歌う合間にそう語った。音程はパーフェクトだった。「そのベースのフレーズの上にメロディのコードを乗せます。そこからメロディが思い浮かぶのです」と言って彼はビートボクシングを始めた。



「Billie Jean」についてはこう語っている。

「聴いてください。4本のベースが聴こえます。違う個性を奏でています。こうして曲に個性が生まれます。でも、これには膨大な作業が必要です」。

この時点で、彼は数百曲を書いていた。彼は、同時に5曲に取り組むことも普通だと述べている。このビデオに収められている10分程度の裁判の様子は、十分に聞く価値があるものだ。

ここに、マイケルのビートボクシングの能力を示すもう一つの例を紹介する。「Tabloid Junkie」がどうやって作られたかを示すものだ。これは1995年のダイアン・ソーヤーによるインタビュー時のもの(原典:MJ World)だが、機械ではなく人間が作ったということが信じられないだろう。



■The Incredible Way Michael Wrote Music

The news of ‘Xscape,’ a posthumous album of Michael Jackson’s archive material ‘contemporized’ by Epic boss LA Reid, has arrived the same week that an old demo of ‘Beat It’ has been doing the rounds. It shows Michael’s extraordinary process of writing songs by building each element of a track with his voice – every note of every chord, harmony, melody, bass and even the rhythm through beat-boxing. The full harmonies will blow your mind:

As well known to his fans, Michael couldn’t read or write music at all. Contrary to received wisdom, he could play instruments a bit – he’s credited as playing keyboard, synthesizer, guitar, drums and percussion on ‘HIStory’ – but none proficiently. He didn’t have any formal composition training, though one could say he was trained harder than any other performer by his father.

But just as Mozart could hear whole symphonies in his head, Michael fully realised his songs before they were put down on paper. During the ‘Dangerous’ court case of 1994, Michael explained,

“The lyrics, the strings, the chords, everything comes at the moment like a gift that is put right into your head and that’s how I hear it.”

A top team of engineers and producers would work on the tracks that he brought into the studio but even they were wowed by his genius. Rob Hoffman, sound engineer, describes the process (h/t Rhythm Of The Tide):

“One morning MJ came in with a new song he had written overnight. We called in a guitar player, and Michael sang every note of every chord to him. “’Here’s the first chord, first note, second note, third note. Here’s the second chord first note, second note, third note’, etc etc. We then witnessed him giving the most heartfelt and profound vocal performance, live in the control room through an SM57.

He would sing us an entire string arrangement, every part. Steve Porcaro once told me he witnessed MJ doing that with the string section in the room. Had it all in his head, harmony and everything. Not just little eight bar loop ideas. He would actually sing the entire arrangement into a micro-cassette recorder complete with stops and fills.”

One of the most interesting and revealing interviews about the way Michael crafted his work is the audio from the ‘Dangerous’ court case. Songwriter Crystal Cartier took him to court for plagiarism and during the trial Michael was asked to describe his song-writing process. “I’ll just sing the bass part into the tape recorder,” he said between snips of sung melody, totally pitch perfect. “I’ll take that bass lick and put the chords of the melody over the bass lick and that’s what inspires the melody,” he explained, before beat-boxing in court.

On ‘Billie Jean’ he says:

“Listen, you’re hearing four basses on there, doing four different personalities, and that’s what gives it character, but it takes a lot of work.”

At this point he had written a couple of hundred songs and said he’d usually be working on five songs at any one time. It’s well worth listening to the 10 minutes of the trial in the video above if you want to know more.

Here’s another example of Michael’s ability to beatbox to show how he created ‘Tabloid Junkie.’ It’s from an interview with Diane Sawyer in 1995 (h/t MJ World) and you won’t believe the sound’s made by man not machine:

Source: NME & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ