MJとビヨンセ、ジェイ・Zとの共通点とは?

1979年のソロキャリアのスタート以来、マイケル・ジャクソンは何億枚ものレコードを売ってきた。これらのスタジオアルバムのジャケットと世界でのセールス推定値はこちらを参照。

エピック・レコードは、キング・オブ・ポップによる新たな素材からなるニューアルバム「Xscape」を5月13日に発売すると発表した。マイケル・ジャクソンの亡き後の財産はさらに増えることとなるだろう。

エピック・レコードの会長のアントニオ・"L.A."・リードは、マイケル・ジャクソンの音楽アーカイブを無制限に試聴することをエステートから許可された。そしてこの「Xscape」が誕生した。リードは、マイケルがボーカルをレコーディングしていた8曲を選び、ティンバランドが率いるプロデューサー・チームにこれを託した。そしてプロデューサー・チームの作業が加わり、その結果、リードによれば、マイケルが遺したものとして相応しいものとなったという。

リードは声明でこう述べている。
「マイケルは音を残してくれました。私たちは、彼と直接仕事をした、あるいは彼が一緒に仕事をすることを熱望したプロデューサーたちのビジョンを通じて、マイケルが残した音を誇りを持って世に送り出します。私たちはこの音楽を世に送り出すことを大変誇りに思い、かつ光栄に感じています」。

マイケル・ジャクソン・エステートは、
「マイケルはいつも最先端でした。そして絶えず新しいプロデューサーを探し、新しいサウンドを求めていました。彼は常に時代を捉えており、最先端でした。これらの曲は、あらゆる意味で、そのスピリットを捉えています。L.A.リードのビジョンには感謝しています」との声明を発表している。

発売6週間前のアナウンスまで一切情報を出さなかったという「Xscape」の販売戦略は、アルバム発表の形としては最先端へとマイケルを押し出した格好となっている。この手法はビヨンセやジェイ・Zのものと共通点がある。

この二人のスーパースターの場合では、発表から発売までの時間はもっと短かった。ジェイ・Zの場合は3週間、ビヨンセの例では、発表と発売が同時であった。だが、50セントやコールドプレイ(発売2ヶ月以上前に発表)といった大物の最近のアルバム・リリースと比較すると、ジャクソンの6週間というのは短い方だ。

マイケル・ジャクソンの広報担当だったスーザン・ブロンドは、キング・オブ・ポップのアルバム発売前の3~4か月前に開始される広告キャンペーンを企画していたという。

悲しいかなマイケルのケースでは、亡くなっているということで短い準備期間というのは成立しやすい。ツアーや公の場への登場などの企画を行う必要がないからだ。これは生きているアーティストの場合も同様であるが、ソーシャルメディアの登場が長い準備期間を不要としているということもある。マイケルのフェイスブックの7000万"いいね"は、情報発信の道具としては他に負けないものだ。

「レコード会社が唯一やらなければならないことは情報を発信することです。そうすればレコードは勝手に売れるんですよ」と、ジャクソンズの代理にを務めていたこともあるベテラン芸能弁護士のオーウェン・スローンは言う。「ソーシャル・ネットワークが情報発信のカギになっていますから。そして現在の情報発信は瞬時です。長いリードタイムなどは不要なんですよ」。

他のアーティストはビヨンセやジェイ・Z、そしてマイケルの後を追うだろうか?もっとも最近ではキッド・カディやスクリレックスの例があるが、結果はまちまちだ。あるメジャーレーベルの幹部の一人によれば、「この手のイベントをやれるアーティストは世界でも10人くらいかもしれません」。

(悲しいことではあるが)天国からですら、マイケルはこのグループに加わっている。

■What MJ, Beyonce & Jay Z Have In Common

Since his adult solo career began in earnest in 1979, Michael Jackson has sold hundreds of millions of records. Click through for a look at the cover of each studio album, in chronological order, paired with worldwide sales estimates here.

Michael Jackson’s postmortem fortunes got another boost this week with the announcement that Epic Records will release ‘Xscape,’ an album of all-new material by the King of Pop, on May 13th.

‘Xscape’ came together after Michael’s estate granted Epic chief Antonio “L.A.” Reid unlimited access to the singer’s musical archives. Reid selected eight tracks on which Michael had already recorded vocals and passed them along to a team of producers led by Timbaland, who then made additional sonic contributions. The result, according to Reid, is something worthy of Michael’s legacy.

“Michael left behind some musical performances that we take great pride in presenting through the vision of music producers that he either worked directly with or expressed strong desire to work with,” said Reid in a statement. “We are extremely proud and honored to present this music to the world.”

The Estate of Michael Jackson added,

“Michael was always on the cutting edge and was constantly reaching out to new producers, looking for new sounds,” added John Branca and John McClain, co-executors of Jackson’s estate. “He was always relevant and current. These tracks, in many ways, capture that spirit. We thank L.A. Reid for his vision.”

With the release strategy for ‘Xscape’ – radio silence up until an announcement just six weeks before launch - Michael also finds himself on the cutting edge of album rollout planning. The approach isn’t entirely different from the likes of Beyoncé and Jay Z.

True, those two superstars left even less time between the announcements and launches of their albums. For Jay Z, it was about three weeks; for Beyoncé, the events occurred simultaneously. But even Jackson’s six-week window is a short one compared to other recent releases by big acts like 50 Cent and Coldplay, both of whom announced their albums more than two months in advance.

Michael’s former publicist, Susan Blond, remembers putting together album publicity campaigns that began three to four months before the King of Pop’s releases.

Sadly in Michael’s case, with a departed act, a short runway can be much easier to negotiate. There are no tours or publicity appearances to organize. And as with living acts, the advent of social media has rendered a lengthy lead up unnecessary. With over 70 million likes on Facebook, Michael is as well-equipped as any to spread the word.

“The only thing the record company needs to do is get the word out and the record will sell itself,” says veteran entertainment attorney Owen Sloane, who once represented the Jacksons. “Since social networking is the key to getting the word out, and that happens instantaneously today, long lead times are not necessary.”

Will other artists follow the lead of Beyoncé, Jay Z and, now, Michael? A few have, most recently Kid Cudi and Skrillex, with mixed results. As one major label president recently said: “This kind of event is the territory for maybe 10 artists in the world.”

(Sadly,) even from beyond the grave, Michael is clearly part of that group.

Source: Forbes, Zack O’Malley & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ