MISSING YOU:ダイアナ・ロスとマイケル・ジャクソンの心に残る10のひととき

MISSING YOU:ダイアナ・ロスとマイケル・ジャクソンの心に残る10のひととき

ダイアナ・ロスは水曜日に70歳を迎えた。スプリームスのクイーンである彼女と、彼女のお気に入りの人、マイケル・ジャクソン。彼女の誕生日を祝し、二人の歴史について振り返った。

ロスは1969年にマイケルとジャクソン・ファイヴを世界に紹介した。二人の化学反応とお互いの愛は、最初にテレビ放映されたこの時から明らかであった。この古典的瞬間に加え、二人がスポットライトを共に浴びたその他の意義深い9のひとときについて紹介する。

1.ダイアナ・ロスが「The Hollywood Palace」でジャクソン・ファイヴを紹介(1969年)



1969年10月18日、司会を務めたバラエティー・ショー「The Hollywood Palace」で、ロスはジャクソン・ファイヴを紹介し、ジャクソン・ファイヴはパフォーマンスを行った。その後10歳のマイケル・ジャクソンは、ロスとサミー・デイヴィスJr.によるコメディに参加した。彼女がスペシャル・ゲストの名を告げ始めると、マイケルは彼女が名前を言う前にステージに歩み出た。彼女が、あなたのことじゃないわよとからかうと、マイケルが「じゃあ、僕とエド・サリバンの他に、誰がこのステージを元気にできると思う?」と答えるという演出があった。

2.Diana Ross Presents the Jackson 5(1969年)

Diana Ross Presents the Jackson 5


モータウンのスーパースター・レコーディング・アーティストであるロスは、ジャクソン・ファイヴのデビューアルバムに彼女の名前を付け加えた。「Diana Ross Presents the Jackson 5」である。1968年12月18日にリリースされたこのアルバムのライナーノーツで、彼女はインディアナ州ゲーリー時代からの家族の活動を褒め称えている。「ジャクソン・ファイヴは正直に歌う。妥協はしない。技巧に走らない。小細工もない。でもいい。とても、とても、とてもいい」と彼女は書いている。

3.ダイアナとマイケル、「The Wiz」で共演(1978年)



ダイアナとマイケルの最高のコラボレーションの一つは、「オズの魔法使い」をアフリカ系アメリカ人に翻案した「The Wiz」でのデュエット「Ease on Down the Road」だ。二人はそろって、ドロシーとカカシという子供二人組みとなった。黄色いレンガの道をスキップしていく場面で二人は歌い踊る。

4.ダイアナとマイケルがデートをする(1980年)



ダイアナとマイケルが手に手をとってアカデミー賞のレッド・カーペットに到着した。レジス・フィルビンがマイケルが同伴なのかと尋ねると、ダイアナは面白がって、「デートよ、見て」と答えた。それから彼女はマイケルにキスをした。

5.マイケルがダイアナのステージに登場(1981年)



1981年、イングルウッドにあるフォーラムで「Upside Down」を歌うダイアナは、とてもノッてきたので一味加えようと決めた。曲の中盤で彼女は言った。「私とダンスする人を連れてきてもいいかしら?マイケル、来てくれない?」マイケルは観客の間から現れ、ステージの彼女に合流した。彼は彼女と踊り、マイクをとってもっとファンキーに歌った。彼がステージにいたのはほんの数秒だが、それは忘れ得ないものとなった。

6.Diana rocks with Michael (1981年)



1981年のテレビスペシャル「diana」のためにセッティングされた小さなナイトクラブで、白いスーツのマイケルは「Rock With You」を歌った。歌の途中でロスがバルコニーから入ってきて階段を降り、MJとデュエットをした。二人が一緒になったエネルギーは否定のしようのないものだ。ピッタリのアンサンブルをみせた二人は、マイケルのダンスのリードを追うダイアナという形で歌い終えた。その後彼女は、「あなたの歌を歌うのが大好き」と言った。マイケルが、あなたにはたくさんのヒット曲カタログがあると言うと、彼女はこう答えた。「でもあなたのヒット曲が欲しいのよ」。

7.マイケルの功労賞のプレゼンターをダイアナが務める(1984年)



1984年、テレビ放送も行われたアメリカン・ミュージック・アワードの功労賞をマイケルが受賞する際、ダイアナはケニー・ロジャースとクインシー・ジョーンズのアシスタントをした。その夜彼は、アルバム「Thriller」に対し、最優秀アルバム賞(ポップ/ロック)、最優秀シングル賞(ポップ/ロック)、最優秀ビデオ(ポップ/ロック)などの7つの賞をその他に受賞した。

8.マイケルの視聴者賞をダイアナが受け取る



1984年のMTVビデオ・ミュージック・アワードにマイケルは出席できなかったが、友人であるダイアナ・ロスが、「Thriller」に対して授与された視聴者賞を代わりに受け取った。

9.ダイアナ、マイケルにセレナーデを歌う(1996年)



1996年にモナコで行われたワールド・ミュージック・アワードで「Ain't No Mountain High Enough」歌ったダイアナは、その歌い初めでステージをおりて客席に向かい、最前列に座っていたマイケルに挨拶をした。彼女は彼をハグし、ひざの上に座ってこの曲のオープニングのモノローグを彼へのセレナーデとした。彼女が、「私が必要なら電話して」と言うと、彼は興奮し、赤面して口を覆った。

10.ダイアナ、ツアーをマイケル・ジャクソンに捧げる(2010年)



2009年にマイケルが亡くなった後、ダイアナは「More Today Than Yesterday: The Greatest Hits Tour」をスタートさせた。彼女はマイケルを偲ぶ時間をとることを忘れなかった。「Missing You」、マイケルの「You Are Not Alone」、そして「I Love You (That's All That Really Matters)」の一節を歌う前、彼女は「このツアーを私が愛する人に捧げます」と言った。

■MISSING YOU: 10 HEARTFELT DIANA ROSS AND MICHAEL JACKSON MOMENTS

Diana Ross turned 70 on Wednesday. In celebration of her birthday, we looked back on the history of the Supreme queen and one of her favorite people — Michael Jackson

Ross introduced Michael and the Jackson 5 to the world in 1969. Their chemistry and love for each other was evident from their first televised moment. Here is that classic meeting and nine other significant times they shared the spotlight.

1. Diana introduces the Jackson 5 on "The Hollywood Palace" (1969).

When hosting "The Hollywood Palace" variety show on Oct. 18, 1969, Ross introduces the Jackson 5 to perform, and then a 10-year-old Michael participates in comedic skits with Ross and Sammy Davis Jr. In one bit, she begins to announce a special guest and Michael walks on stage before she says his name. When she teases him, saying that he isn't the person she was referring to, Michael replies, "Well, who else do you think makes the stage come to real life besides me and Ed Sullivan?"

2. "Diana Ross Presents the Jackson 5" (1969).

Ross, Motown's superstar recording artist, adds her name to their debut album, "Diana Ross Presents the Jackson 5." In her liner notes for the album, released Dec.18, 1969, she sings the praises of the family act from Gary, Indiana. "The Jackson 5 sing honest. Straight out. No tricks. No gimmicks. But good. Very, very, very good," she writes.

3. Diana and Michael co-star in "The Wiz" (1978).

One of Diana and Michael's best collaborations is their "Ease on Down the Road" duet from "The Wiz," an African-American adaptation of "The Wizard of Oz." As Dorothy and the Scarecrow, the two become a pair of giddy school children when they get together. Here, they sing and dance as they skip down the yellow brick road.

4. Diana and Michael go on a date (1980).

Diana and Michael arrive on the red carpet of the Academy Awards, hand-in-hand. When Regis Philbin asks if Michael is her escort, Diana teases, "Absolutely. This is my date, look." Then she kisses Michael.

5. Michael joins Diana on stage (1981).

Diana is having so much fun performing "Upside Down" at the Forum in Inglewood in 1981 that she decides to spice things up. In the middle of the song, she sends out a request. "Can I get somebody to dance with me? Michael, would you come up?" she asks. Jackson emerges from the audience, joining her on the platform. He dances with her, taking the mic and singing a funkier version of the song. Though he is only on stage for a few seconds, it is unforgettable.

6. Diana rocks with Michael (1981).

The white-suited Michael performs "Rock With You" in a small, nightclub setting for Diana's 1981 TV special, "diana." Part way through the song, Ross makes an entrance from the balcony, running down the stairs to duet with M.J. Their energy together is undeniable. In their matching ensembles, they finish singing the song together with Diana following Michael's dance lead. Afterwards she tells him, "I love to sing your songs." When he reminds her of her own massive catalog of hits, she replies, "But I want your hits."

7. Diana presents Michael's Merit Award (1984).

Diana assists Kenny Rogers and Quincy Jones as Jackson is presented with the American Music Award of Merit during the 1984 telecast. That night he received seven additional honors, including Favorite Pop/Rock Album, Favorite Pop/Rock Single and Favorite Pop/Rock Video for his "Thriller" album.

8. Diana accepts Michael's Viewer's Choice Award (1984).

Though Michael wasn't able to attend the 1984 MTV Video Music Awards, his friend Diana Ross was on hand to accept his Moonman for the Viewer's Choice for "Thriller."

9. Diana serenades Michael (1996).

At the beginning of her performance of "Ain't No Mountain High Enough" at the World Music Awards in Monaco in 1996, Rpss walks off the stage into the audience to greet Jackson, who is sitting in the front row. She hugs him and sits in lap just in time to serenade him with the song's opening monologue. When she says, "If you need me, call me," he blushes, covering his mouth in excitement.

10. Diana dedicates tour to Michael Jackson (2010).

The year following Michael's 2009 death, Diana takes her More Today Than Yesterday: The Greatest Hits Tour on the road. She makes sure to reserve some time to remember Michael. "I dedicated this tour to someone I love dearly," she says before performing her song "Missing You," Michael's "You Are Not Alone," and a snippet of "I Love You (That's All That Really Matters)." [See 2:40 mark.]

Source - Yahoo Music/MJJC News Team
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ