最後の望み:マイケル・ジャクソンとの出会い 10のストーリー(その1)

メディアは、マイケル・ジャクソンの私生活や金銭問題、降りかかった訴訟騒ぎ、肌の色や整形手術にばかり多大な関心を寄せてきた。彼の音楽について報じるほどに寛容なこともあったが、マイケル・ジャクソンが地上における自身の使命と目的としてとして考えていたこと、すなわち、傷ついた子供たち、不幸な境遇の子供たちを救うという彼の努力について報じるメディアは稀であった。ジャクソンのこうした側面はメディアには人気がなかった。その理由は一つには、マイケル自身が慈善活動を誇示することはなかったからだ。彼は信じていた。良い行いをひけらかすことはその価値を減じてしまうと。だから、彼は慈善活動にジャーナリストを招くことは決してしなかったし、記者会見で話すこともなかった(理由があってお金を集める必要がある場合は除く)。メディアが彼を執拗に追いかけたから、病院や児童擁護施設訪問のニュースが時折報じられたのである。だが、彼の親切さを示す多くの証言は新聞紙上に載ることはなかったし、テレビクルーによって撮影されることもなかった。これらは、そうした出来事を直接見た証人たちに知られているだけであった。一部の人々は、彼が亡くなって初めて自身が経験したマイケル・ジャクソンとの出来事について公に語った。

この記事は、マイケル・ジャクソンに助けてもらった人々のストーリーを集めたものである。その多くは、感動的かつ悲しいストーリーだ。一般にはほとんど知られていない、彼の側面を表すストーリーである。

1973年
レスリー・ロビネットがマイケル・ジャクソンに初めて会ったのは、彼女が6歳の時であった。髪の毛がほとんど抜け落ち、おなかが膨らんだ病気の女の子。ロビネットは当時、そして今も、遺伝疾患のファンコニ貧血による再生不良性貧血を患っていた。それは彼女が言うところの「骨髄を追いかけるパックマンのよう」であった。ロビネットは骨髄移植を受けたが、それは当時、実験的手術であった。彼女は最年少でこの手術を受けた患者の一人であった。彼女は化学療法を受け、放射線治療を受け、数え切れないくらいの薬物投与を受けた。だが一番堪えたのは、3ヶ月間隔離されていたことだった。彼女は姉妹たちとは無線で会話し、部屋に入ることが許されていたのは母親だけだった。医師らは家族に、出来ることはすべてやったが彼女の状態は改善していないと告げた。「あんなことを経験したら、誰だって疲れてしまって家に帰りたくなりますよ。闘うことを諦めてしまいます」とロビネットは語った。

彼女は医師に持ち込みを許された滅菌処理をしたレコードプレーヤーで、お気に入りのグループ、ジャクソン・ファイヴを聴いていた。

leslle_mj.jpg

3月7日、彼女に最初の訪問者があった。「私は自分の病室に腰掛けて窓の外を見ていたんです。皮肉にも、ジャクソン・ファイヴの『Looking Through the Window』を聴きながら。その時、看護師さんたちが大騒ぎしているのが聞こえたんです」とロビネットは語った。彼女は、慌しい病院との唯一の接点であるガラスを通して覗いてみた。そして、ジャクソン・ファイヴがそこにいるのが見えた。「彼らは私に、誰に会いたいかと聞きました。そして私は、マイケルに会いたいと。彼は可愛いジャクソン・ファイヴだったんです」とロビネットは笑って言った。

ジャクソンはまだ15歳だった。彼女はティーンのジャクソンを、とてもシャイだがとても親切で誠実な感じだったと評した。彼は彼女にサイン入りの写真を手渡し、彼女の手をとって調子はどうだと尋ねた。「手袋をしていない人の手に触れたのは久しぶりでした。私は、緑色のキャップの代わりに髪の毛を見ていました。目をキョロキョロさせながらね」とロビネットは語った。

ジャクソン・ファイヴの訪問の後、彼女は快方に向い始めた。「彼が彼女の命を救ったなんていうつもりはありません・・・そんなのはおかしなことです・・・でも、彼は彼女に生きるという意思を少し取り戻してくれたのです。彼女は生きるという意思を失っていましたから」と、姉のトライン・ロビネットは語った。

ロビネットは17歳の時に再度ジャクソンに会った。1984年8月、ジャクソン・ファイヴはVictory Tourでノックスビルを訪れた。2公演の予定であったが人気があったため3公演に延長された。ロビネットはコンサートへのフリー・チケットを受け取った。そして3日目の晩、彼女はバックステージへ行ってジャクソン・ファイヴに会ったのである。彼女は手書きのバースデーカードをマイケルへと携えていた。「私のことを覚えているかと彼に聞いたんです。彼は覚えていると言ってくれました。私たちは、私がコーラスで歌っていること、そしてバックブレース(背中を固定する器具)がもうすぐ外せることなどについて話しをしました」とロビネットは語った。

彼女がジャクソンに初めて会ってから3ヵ月後にシアトル小児病院を退院する時、医師たちは彼女は生きて10年だと言った。いまだに病気と闘っており、彼女の身長は4フィート(およそ120センチ)で体重は30キロにも満たないが、42歳となった今も彼女は生き生きとした生活を送っている。

現在のレスリー・ロビネット

leslie_today.jpg

■The last wish: 10 stories about meeting Mcihael Jackson

Media always paid a lot of attention to rumors about Michael Jackson’s personal life, his financial troubles and lawsuits thrown at him, issues of his skin color and plastic surgeries. Sometimes they were generous enough to write about his music. But very rarely did the media report on what Michael considered his main mission and purpose on Earth – on his efforts to help suffering and unfortunate children. This side of Jackson’s activity remained unpopular with the press – partly because Michael himself never flaunted his charitable acts. He believed that by publicizing a good deed you are devaluing it – that’s why he never invited journalists to cover his charitable efforts and never talked about them on press-conferences (unless it was required for raising money for a good cause). And only because media followed him relentlessly, there were occasional reports about his visits to hospitals and orphanages. But many testimonies to his kindness were never printed in newspapers or filmed by TV crews. They remained known only to live witnesses of those events – to people, some of which spoke about their experience with Michael Jackson for the first time after his passing.

This article is a compilation of stories of people who received help from Michael Jackson. Often, these are touching and sad stories. Stories that show the side of the artist rarely seen by the general public.

1973

Leslie Robinette was 6 years old when she first met Michael Jackson. An ailing little girl with barely any hair and a swollen stomach, Robinette suffered then, as now, from aplastic anemia caused by the genetic disease fanconi anemia, which she describes as being “like a little Pac-Man going after all your bone marrow.” Robinette received a bone marrow transplant, which at the time was an experimental surgery. She was one of the youngest to ever have the procedure. She went through chemotherapy, radiation and an ever-changing plethora of medications. But worst of all, she was kept in isolation for three months. She spoke to her sisters through walkie-talkies, and only her mother was allowed in the room. Doctors told the family they had done all they could do, but her condition just wasn’t improving. “After you go through all of that, you just get tired and want to go home; you kind of give up the fight,” Robinette said.

She listened to her favorite group, The Jackson 5, on a sterilized record player doctors allowed her to have.

On March 7, she received her first visitor. “I was sitting in my room looking out the window, ironically listening to ‘Looking Through the Window’ by the Jackson 5, when I heard all the nurses going wild and carrying on,” Robinette said. She looked through the plate-glass that was her only connection to the busy hospital and saw The Jackson 5 standing there. “They asked me which one I wanted to see, and I said I wanted to see Michael – he was the cute one,” Robinette said, laughing.

Jackson was only 15. She described the teenage Jackson as obviously shy but incredibly kind and sincere. He gave her an autographed picture, held her hand and asked her how she was doing. “It had been so long since I’d touched someone not wearing gloves, and I saw hair instead of just a green cap with eyeballs peeking out,” said Robinette.

After that visit, Robinette started getting better. “I would never say that he saved her life – that’s crazy – but he gave her back a little of her will to live because she had lost it,” said Trine Robinette, 49, Leslie’s sister.

When Leslie was 17, she met Jackson again. The Jackson 5′s Victory Tour came to Knoxville in August 1984 for a two-night concert that was extended a third night because of its popularity. Leslie Robinette received free tickets to the concerts, and on the third night, she went backstage to meet the whole Jackson gang. She brought Michael Jackson a hand-written birthday card. “I asked him if he remembered me, and he said yes. We talked about my singing in chorus and how I was getting my back brace off soon,” Robinette said.

When Robinette left Seattle Children’s Hospital three months after her first meeting with Jackson, doctors said she might live 10 years. Still struggling with her disease, she is less than 4 feet tall and weighs about 60 pounds, but she is now 42 and lives an active life.

Leslie today:

ソース:Michael Jackson.ru
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ