国立公文書館に展示されるマイケルのサイン

ジョージ・ワシントンやマイケル・ジャクソンなど、歴史的に貴重なサインが展示され、学芸員たちが言う消え行くサインの芸術性が世に紹介される。

金曜日にワシントンDCの国立公文書文書館にオープンした展示会「Marking the Mark」には、有名な人物、そして悪名高い人物らによる100以上のサインが陳列されるが、これらは、学芸員らによる歴史上の重要な人物や出来事に関わるサインの広範囲の調査の成果だ。

主任学芸員のジェニファー・ジョンソンによると、今回の展示は興味深いストーリーを発掘する良い方法だったという。例えば、ジョン・ハンコックの華麗なサインや、2001年のNCAAチャンピオンシップで勝利した際のデューク大学の選手らがサインしたバスケット・ボールに隠されたストーリーがこの展示会では描かれている。

「サインというものは、ある出来事についての糸口を与えてくれるものだと思っています。まさしくその瞬間に導いてくれるのです」とジョンソンは言う。

学芸員たちは、政治や戦争、芸能界そしてスポーツにおけるペンの力というものを調査し、国中の公文書や大統領図書館からサインを集めた。この展示会は2015年の1月まで開催される。

これとは別に学芸員たちは、オートペンや電子署名によってサインの芸術性というものが徐々に失われていく点も調査した。

「一人の歴史家として、悲しいことですが、避けられないものだと思います。私たちは独自性というものを少しずつ失っているのだと思います」とジョンソンは言う。

紙の上のサインにとどまらず、ドワイト・D・アイゼンハワー将軍が現職当時に仕立てたアーミー・ジャケットのような、歴史的人物を「象徴するスタイル」についても展示されている。このジャケットはアメリカ軍のスタンダードとなったものである。

また、ミシェル・オバマが2008年の大統領選の夜にシカゴで着ていた黒と赤のドレス(ナルシソ・ロドリゲスのデザイン)が今回初めて展示されている。

しかし大量の展示物の中でも中心となるのは、1783年まで遡る文書上の署名だ。法的効力を与える署名もあるが、個人的な手紙や写真に書かれたものもある。

例えば、国旗を焼くことは、保護されている言論の自由の範囲内との判断を最高裁判所が示した際、フランク・シナトラは、国旗を焼く行為を罰することが可能となるジョージ・H・W・ブッシュ大統領による憲法修正案を支持する旨の手紙を大統領宛に書いた。

シナトラは、フランシス・アルバート(シナトラの本名)と署名した手紙で「私はあなたの行動に大きな拍手を送ります」と書いている。

一方で、マイケル・ジャクソンのサインは、少なくとも一度、文書館入りをしている。「Smooth Criminal」のダンス・ムーヴのための、彼がデザインを手伝った高いアンクルサポートつきのシューズに対する特許出願である。故キング・オブ・ポップは、ステージでワイヤによる支持なしに深い傾斜を可能にしたいと考えていた。

この特許は、「重心よりも前に体を傾ける」ことを可能とするシューズに対するもので、ポップスターのマイケル・ジャクソンと二人のデザイナーが、彼を象徴するムーヴの一つをステージ上で可能とするために生み出した。

Patent #5,255,452, submitted by Michael Jackson, October 26, 1993

公文書館特許商標部の彼の特許はこちら

トーマス・ジェファーソン大統領の署名入りの、奴隷貿易を禁止するための議会制定法や、奴隷州としてミズーリ州に合衆国入りを認める大統領告示、バージニア州の異人種間の婚姻の禁止を覆した最高裁の判決(裁判長アール・ウォーレンの頭文字入り)なども展示されている。

a91479b2b87eb0f80cff2c8f23ec2227-640x360.jpg

■Michael’s Signature Displayed In National Archives

An eclectic mix of some of the most cherished autographs in history – including those of George Washington and Michael Jackson – will be on display to showcase what curators say is the dying art of the signature.

The ‘Marking the Mark’ exhibit opening Friday at the National Archives, in Washington DC, includes more than 100 original signatures by the famous and infamous and is the result of a wide search by curators for signatures representing important names and events in history.

The exhibit proved to be a good way to find interesting stories, said chief curator Jennifer Johnson. For example, the exhibit depicts the stories behind John Hancock’s flourishing signature as well as the basketball signed by Duke University men’s team when they won the 2001 NCAA championship.

“I think the signature gives you maybe a little window into an event,” Johnson said. “It takes you right to the moment.”

Curators looked at the power of the pen in politics, war, entertainment and sports, drawing from the archives and presidential libraries across the country. The exhibit is open until January 2015.

Curators also looked at how the art of the signature may slip away with the use of autopens and electronic signatures.

“As a historian, I think it’s sad, but I think it’s inevitable,” Johnson said. “I do think we’re losing a little bit of uniqueness.”

Beyond papers, curators also are displaying objects representing the “signature styles” of a few historic figures, such as then-Gen. Dwight D. Eisenhower’s tailored Army jacket that became the standard for American troops.

And for the first time, the black and red dress worn by Michelle Obama on the night of the 2008 election in Chicago is going on display. It was designed by Narcisco Rodriguez.

At the heart of the massive exhibition, though, is the written signature in documents dating back to 1783. Some are personal letters and autographs, while other signatures gave documents the force of law.

Frank Sinatra, for example, wrote to President George H.W. Bush in support of the president’s proposed constitutional amendment that would ban burning the American flag after the Supreme Court ruled burning was protected free speech.

“I applaud you long and loud for your reaction,” Sinatra wrote in a letter signed Francis Albert.

“Meanwhile, Michael Jackson’s signature is in the archives at least once for his patent application for shoes he helped design with high ankle supports for a dance move in ‘Smooth Criminal.’ The late king of pop wanted to be able to take a deep lean with his dancers without wire supports while they were on stage.”

This patent for a shoe that allows the “wearer to lean forwardly beyond his center of gravity,” was created by pop star Michael Jackson and two other designers so that he could perform one of his signature moves on stage.

Patent #5,255,452, submitted by Michael Jackson, October 26, 1993

See the patent at the National Archives, Records of the Patent and Trademark Office

The National Archives also is displaying important documents from U.S. history.

There’s the act of Congress signed by President Thomas Jefferson to abolish the international slave trade, a presidential proclamation admitting Missouri to the Union as a slave state and the Supreme Court’s decision overturning Virginia’s ban on interracial marriage that was initialed by Chief Justice Earl Warren.

Source: San Jose Mercury News & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ