ファレル・ウィリアムス、MJとの仕事を逃したことについて語る

ファレル・ウィリアムスの評価にあたって必ず名前が挙がる人物が一人いる。マイケル・ジャクソンだ。

ウィリアムスとジャクソンはしばしば話をし、キング・オブ・ポップがその後継者たるウィリアムスに対しある雑誌でインタビューを行ったこともある一方で、彼らが仕事をすることは決してなかった。

「僕はマイケル・ジャクソンの比較対象にはならないよ。彼はキング・オブ・ポップであり、素晴らしいダンサー、素晴らしいライター、素晴らしいヴィジョナリー(先見の明を持つ人)だ。彼はいろいろなやり方で世界を変えたんだから」とウィリアムスは言う。

「僕は単なるいちファンで、音楽を作る機会を与えられたに過ぎないんだよ」。

「彼の為に8曲やったけど間に合わなかった。結局ジャスティンのレコードになったのさ」。

「後で彼がその曲を僕に歌ってくれたんだ。そして自分の曲になるべきだったと言ってくれたよ。あなたの為に作ったんだ、と彼には言ったよ」。

「2003年にインタビュー・マガジン用に僕らがあのインタビューをやった時、小作人にインタビューする王様だ、と僕は言っていたんだ」。

「彼は自分があるべき姿をわかっていた。そして僕はいまだに(信じられなくて)自分自身をつねっているんだ」。

ウィリアムスは何度もつねらなければならないだろう。「GIRL」は60カ国のiTunesのチャートでトップになり、「Happy」は数え切れないくらい売れたのだから。

そして、この2年間の大ヒット「Blurred Lines」と「Get Lucky」にも彼は関わっている。

コロムビア・レコードがウィリアムスをプロデューサーの席から彼自身のソロ・アルバムへと誘うことにしたのは、ダフト・パンクとのコラボレーション(「Blurred Lines」」)を彼らが聞いた時だった。

彼はこの話に二の足を踏んでいた。2005年のソロ・デビュー作「In My Mind」が失敗に終わっていたからだ。

だからこそ彼は感謝の気持ちを忘れず、彼に対する賞賛に対しても謙虚なのである。

「僕はいつもと同じ事をやってるだけだよ。ファンのみんななんだよ。ファンのみんながやってるんだ。僕はこの成功を僕の手柄だということはできない。僕はやっていないから」とウィリアムスは言う。

成功を生み出した音楽を作ったのは彼だと言われても彼は謙虚のままだ。

「みんなに選ばれて、このような高い位置に持ち上げてもらえるなんて、どれほどラッキーなことかってことさ」と彼は言う。

(「GIRL」収録の)「Happy」や「Brand New」、「Lost Queen」、「Gust of Wind」、「It Girl」を人に聞かせる前から、彼は、このアルバムを女性たちについて、そして女性たちについての自分の想いについてのものにしたいということが自分でわかっていた。

だから彼は、妻のヘレンを「トラック」に乗せ、マイアミ中を運転してこれらの楽曲を試したのである。

「車の中で聴かないと。そうする必要があるんだ。だって聴くのは車の中だろ?感じるかどうかを見るのは車の中さ」と彼は言う。

「もう一回聴きたいとなったら、それが僕の仕事さ。何かがあるのを感じるのはそういう時なんだ」。

「GIRL」をひっさげてツアーに出るというプランについては、彼は明確にはしていない。

帽子の流行については、「僕はそういう変な帽子をかぶったやつは好きじゃないんだ」。

gq-profiles-pharrell-williams-talk-g-i-r-l-00-640x360.jpg

■Williams Talks Missing Out On Working With MJ

THERE is one name which keeps coming up in the reviews for Pharrell Williams’ solo record. Michael Jackson.

While Williams and Jackson would often talk — and the King Of Pop even interviewed his heir apparent for a magazine feature — they never did get to work together.

“Well, there’s no comparison between me and Michael Jackson. He is the King of Pop, an incredible dancer, an incredible writer, incredible visionary, he changed the world in so many ways,” he says.

“I am just a fan who has been given the opportunity to make music.

“I did eight songs for him that never made it to him, that ended up on Justin’s record.

“Later he sang me all those songs and told me they should have been his and I told him they were for him.

“When we did that interview for Interview magazine in 2003, I always said it was the king interviewing the peasant.

“He knew who he was supposed to be and I am still pinching myself.”

Williams has a lot to pinch about. GIRL went straight to the top of the iTunes charts in 60 countries and “Happy” has sold a gazillion copies.

And then there is his fingerprint on the two other biggest hits of the past two years, “Blurred Lines” and “Get Lucky”.

It was when Columbia Records heard the Daft Punk collaboration that they decided to lure Williams from behind the producer desk to do a solo artist album himself.

He was skiddish about the prospect as his 2005 debut solo record In My Mind flopped.

Hence his genuine gratitude and humility about his purple patch.

“I am doing things the same. It’s the fans, they are doing it and I cannot take authorship of the success because I didn’t do it,” he says.

Even when it is pointed out that he created the music which has generated the success, Williams won’t gloat.

“How lucky are you to be chosen by people to be lifted this high?” he says.

Before anyone else heard “Happy” or “Brand New” or “Lost Queen” or “Gust of Wind” or “It Girl”, Williams knew he wanted the album to be about women and his feelings about them.

So he tested the tracks with his wife Helen, riding around Miami in their “truck”, the American equivalent of a ute.

“You got to play them in the car, you have to, because that’s where people hear it, that’s where you get to see if you feel it,” he says.

“You just wanna hear it again. Oooh, that’s my part, that’s when you know there’s something in there.

Williams is playing his future plans close to his chest about touring about confirmed he is working on plans to take GIRL on the road.

As for the future of hat trends, Williams is “I am not like this guy who is going to show up with all these weird hats.”

Source: entertainment/music / News Limited / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ