オスカーでのマイケルの「Ben」のパフォーマンス

ご存じの通り、アカデミー賞(オスカー)はきらびやかなイベントで、ミュージシャンによるパフォーマンスも行われる。アカデミー歌曲賞にノミネートされた作品が披露されるわけだが、411maniaのジェレミー・トーマスは、ピンクやベット・ミドラーは言うに及ばず、これらのミュージシャンによるパフォーマンスに大いに期待しつつ、過去のオスカーでのパフォーマンスを振り返っている。

このリストでは、トーマスはオープニング・ナンバーや合間に使われたものは考慮せず、歌曲賞にノミネートされた曲のパフォーマンスだけに絞って厳選している。
トーマスのリストは以下の通り。

#8: U2 – ‘The Hands That Built America’ (2003)

#7: Glen Hansard and Markéta Iglová – ‘Falling Slowly’ (2008)

#6: Madonna – ‘Sooner or Later (I Always Get My Man)’ (1991)

#5: Elliott Smith – ‘Miss Misery’ (1998)

#4: Michael Jackson – ‘Ben’ (1973)

#3: Three 6 Mafia – ‘It’s Hard Out Here for a Pimp’ (2006)

#2: Beyoncé, Jennifer Hudson & Anika Noni Rose – ‘Dreamgirls Medley’ (2007)

#1: Bruce Springsteen – ‘Streets Of Philadelphia’ (1994)

マイケル・ジャクソンの「Ben」についてのコメント:

「マイケル・ジャクソンの最初のソロ・ナンバーワンがこの変わった曲であることを多くの人々は忘れている。この曲は、ある男の子とペットのネズミに対する彼の愛情を描いたホラー映画に使われた。この曲は、優しいラブソングとして真っ先に思い浮かぶような曲ではない。だがここに取り上げた。そして間違いなく素晴らしいパフォーマンスだ。『Ben』のサウンドトラックとしてジャクソンがこの曲をレコーディングした時、彼は14歳だった。そして、ナンバーワンというステータスと批評家の賞賛(オスカーへのノミネートも含む)が、彼がそのキャリアで得ることになるソロとしての並ぶものない成功を後押ししたとの指摘は全くその通りである。ジャクソンはこの曲を、1973年のアカデミー賞で歌った。歌い出し早々、観客は総立ちとなり、ジャクソン・ファイヴという後ろ盾がなくても彼が通用するということを知らしめた。彼のパフォーマンスは間違いなくファンタスティックで、(声変わりする10代としては特に)素晴らしい声域を披露した。この手の問題を解決するオートチューンなどという装置はないのである。素晴らしいパフォーマンスであり、おそらく、ジャクソンのソロ・キャリアにおいて一番最初の突出した出来栄えであろう」。

マイケルのオスカーでのパフォーマンスはこちら。


■Michael Performed ‘Ben’ At The Oscars

As you may well know, the Oscars are this Sunday where there will be lots of glitz and glamour … as well as a lot of musical performances. The Best Original Song nominees are always performed and Jeremy Thomas from 411 Music 8 Ball is quite looking forward to all of them, not to mention P!nk and Bette Midler’s performances. This week he looks at the best Oscar musical performance of years past.

For this list, he didn’t consider the opening numbers or random humorous interludes, only the performances for Best Original Song nominees. Other than that, it was open season.

His list is as follows:

#8: U2 – ‘The Hands That Built America’ (2003)

#7: Glen Hansard and Markéta Iglová – ‘Falling Slowly’ (2008)

#6: Madonna – ‘Sooner or Later (I Always Get My Man)’ (1991)

#5: Elliott Smith – ‘Miss Misery’ (1998)

#4: Michael Jackson – ‘Ben’ (1973)

#3: Three 6 Mafia – ‘It’s Hard Out Here for a Pimp’ (2006)

#2: Beyoncé, Jennifer Hudson & Anika Noni Rose – ‘Dreamgirls Medley’ (2007)

#1: Bruce Springsteen – ‘Streets Of Philadelphia’ (1994)

411mania’s comment about Michael’s song ‘Ben’ is below:

“A lot of people forget that Michael Jackson’s first solo #1 hit was this bizarre song, which is from a horror film about a young boy and his affection for his pet rat. It’s not exactly the first topic that comes to mind for a gentle love song. But that’s exactly what we have here, and damn if it isn’t an amazing performance. Jackson was fourteen years old when he recorded this song for the Ben soundtrack and it’s not at all outside the realm of sanity to suggest that its #1 status and critical acclaim (including its Oscar nomination) helped spur him toward the unparalleled solo success that he would have in his career. Jackson performed this song at the 1973 Academy Awards and people instantly stood up and took notice at how he was able to stand tall even without the Jackson 5 behind him. The performance is absolutely fantastic and Jackson displayed an amazing range…particularly for someone in their mid-teens when one’s voice begins to change and there isn’t AutoTune to fix any such problems. It’s an amazing performance and perhaps the first true standout one in Jackson’s solo career.”

Here’s Michael appearing at the Oscars!!!!
Source: 411mania.com & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ