3T、叔父マイケルへ感謝

3Tが、イギリスのテレビ番組「The Big Reunion」のあるエピソードで、彼らの母親が亡くなった後、父ティト・ジャクソンと叔父マイケルが励ましてくれたことへの感謝の意を表している。

「The Big Reunion」の感情あふれるエピソードの中で、タジ、タリル、TJの3人は、1994年に母親のディー・ディー・ジャクソンが殺害された後、ティトとマイケルが手助けしてくれたと認めている。

TJは、
「病室へ行くと、ドクターがやってきて、母が亡くなった僕らに告げた。それで僕の人生は変わった。先に進むようにと元気づけてくれたのは、叔父と父でした」と語った。

タリルがこう付け加える。「彼(マイケル)は僕らを奮い立たせてくれた。最善の道は、母を自慢に思うことだと言ってくれたんだ」。

さらに3人は、もっと早くバンドを結成できたはずだったが、マイケルが彼らに子供時代を楽しんでほしいと願ったのだと述べた。

タジはこう述べている。「僕たちに目をつけていたメジャーなレーベルがあったんだけど、マイケル叔父さんは、まだ僕たちにデビューしてほしくなかったんだ。子供時代を楽しんでほしかったんだよ。

マイケル叔父さんはそばにいて僕らを助けてくれていた。でも、それは大きな節目だった。アルバム・デビューして、僕たち3人を大々的に発表するチャンスは一度しかないとわかっていたんだ」。

マイケルは3Tのヒット曲「Why?」でパフォーマンスをしている。

マイケルがソニー・ミュージック・エンターテインメントの社長トミー・モトーラと衝突した際、3Tは悩んだ。その衝突は、彼らにとって問題となったのだ。彼らは叔父と同じレーベルと契約していたのである。

結局3Tはレーベルを変えざるを得ず、彼らのアルバムは一からやり直しとなってひどく落ち込んだ。

タリルはこう語る。「僕らは自分たちのアルバムを持っていくことはできなかった。ハードに仕事をして、なんでもできて、そして罠にはまったような感じ、というのは最悪だよ。僕たちは何も悪いことはしていない・・・僕たちは僕たちなんだ」。

3Tの話は、叔父マイケルが亡くなった後の状況について及んだ。そして、幼いころマイケルがそうしてくれたように、自分たちがマイケルの子供たちの面倒を見る「責任」を感じたと明かした。

こうして、TJは今では、マイケルの子供たち、プリンス(17)、パリス(15)、ブランケット(12)の共同後見人となっている。

■3T Pay Tribute To Uncle Michael

3T have paid tribute to their father Tito Jackson and late Uncle Michael for helping them to keep going after their mother’s death in an emotional episode of ‘The Big Reunion.’

In an emotional episode of ‘The Big Reunion,’ the group, Taj, Taryll and TJ Jackson, admitted the pair were instrument in helping them following their mother Dee Dee Jackson’s murder in August 1994.

TJ said,

“I remember going into a room at the hospital and a doctor came in and gave us the news that our mother was no longer with us. It changed my life. It was our uncle and our father who inspired us to continue forward.”

Taryll added, “He [Michael] kept us driven and said the best way to cope was to make her proud.”

The group also explained how they could’ve become a band even earlier than they did but Michael wanted the trio to enjoy their childhood.

Taj said, “We had major labels after us. Our uncle didn’t want us to come out at that time, he wanted us to enjoy our childhood.

Our uncle was there to help us at that time but it was a big transition. We understood we only had one chance at a debut album and to make a great statement of us three.”

Michael performed on 3T’s hit ‘Why?’

The group experienced problems when Michael clashed with Sony Music Entertainment’s company chairman Tommy Mottola, which resulted in issues for the boy band as they were signed to the same label as their uncle.

In the end 3T had to change labels and were left devastated when they had to start all over again on their album.

Taryll said, “We couldn’t take our album with us. To work so hard and then be able to do anything and feel trapped is horrible. We didn’t do anything wrong … we are who we are.”

3T also went on to discuss their devastation following the death of their uncle, Michael, and admitted they felt a “responsibility” to look after his children, just as he had looked after them when they were younger.

As a result, TJ is now co-guardian of Michael’s children – Prince Michael, 17, Paris, 15, and 12-year-old Blanket.

Source: The Daily Mail & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ