控訴裁判所はマーレーの再審理請求の棄却を変更せず

マイケル・ジャクソンの元専属医コンラッド・マーレーの過失致死罪の有罪評決に対する再審理請求について、控訴裁判所は棄却の意見を変えていない。

第二区控訴裁判所の陪審団は木曜日に大まかな裁定を下し、マーレーの控訴請求を退けた先月の見解についての事務的および文法的誤りを修正した。マーレーの弁護士が、カリフォルニア州最高裁判所に対して上訴するためにその修正を求めていた。

新たに明らかとなった文書では、「上訴人の再審理請求は棄却」と手短に記されている。

裁判所はマーレーの有罪を全員一致で支持し、裁判で提示されたマーレーが有罪であるとする十分な証拠があると決定している。マーレーは2009年にマイケル・ジャクソンを死亡させたとして2年間服役した。

マーレーは、「This Is It」と題されたカムバック・ツアーを準備中だったマイケル・ジャクソンに麻酔薬プロポフォールを致死量投与したとして2011年に有罪評決を受けた。

mj66.jpeg ■ Appellate court denied rehearing of Murray’s involuntary manslaughter conviction

An appellate court is refusing to grant a rehearing to Michael Jackson’s doctor, Conrad Murray, on the appeal of his involuntary manslaughter conviction.

A 2nd District Court of Appeal panel issued a brief ruling Thursday correcting clerical and grammatical errors in its opinion last month that denied Murray’s appeal. His lawyer asked for the corrections to prepare for filing a further appeal with the California Supreme Court.

The new document concluded tersely: “Appellant’s petition for rehearing is denied.”

The court unanimously upheld Murray’s conviction, determining there was substantial evidence of his guilt presented at trial. He served two years in jail for causing Michael’s 2009 death.

Murray was convicted in 2011 of giving Michael a lethal dose of the anesthetic propofol while he prepared for a series of comeback concerts titled “This Is It.”

sources: LMJ, Associated Press
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ