フレディ・マーキュリーの元アシスタントがマイケル・ジャクソンとの未発表曲について語る

以下、プラハ・ラジオのヤン・ヴェリンゲルによるインタビューの抜粋。

ピーター・フリーストーンは、ロック・グループのクィーンとともにスターダムを駆け上がったフレディ・マーキュリーのパーソナル・アシスタントを12年間務め、親友だった。彼は1991年のフレディ・マーキュリーの最後の日々を共に過ごしていた。2000年以降、彼はチェコに住んでいる。クィーンが、時とともに忘れられたフレディとマイケル・ジャクソンがレコーディングした3曲をリリースすることを知って、先週私は彼に連絡を取った。そのレコーディングには彼も同席していた。

Times誌とローリング・ストーン誌が、フィレディがマイケル・ジャクソンと30年前にレコーディングした3曲を今年後半にリリースすると今週報じ、ファンたちの注目を集めています。その中の少なくとも1曲はすでによく知られています。もう1曲の「Victory」と呼ばれているものは知られていません。私の記憶に間違いがなければ、誰も聞いたことがないものです。あなたはその場所にいらっしゃいましたが、これらの曲が発表されると思っていましたか?

「これらはマイケルのものなのでね。彼らはマイケルの自宅の個人スタジオでレコーディングしました。日の目をみるとは思っていませんでしたよ。でもリリースされることになってとてもうれしいです。そのうちの2曲についてはファンの皆さんは長い間いろいろな形で聴いてこられました。『State of Shock』と『There Must Be More to Life Than This』は違った形でリリースされました。一つはジャクソンのアルバム、一つはクィーンのアルバムです。でも3曲目の『Victory』はこれまで誰も聞いたことがない曲です。

この曲については思い出があります。レコーディングされたときに私もスタジオにいましたから。実際、オリジナルのテープでは、これが現存しているかはわかりませんが、バスドラムは私がプレイしていました。バスドラムだけではありません。トイレのドアの音も!トイレのドアの音を鳴らすために私は5分間もそこに立っていなければならなかったのです!だから、楽しめるものになるのではと思っています。興味深いものになるはずですよ。それが残っていることを祈りますよ」。

私もそう祈ります(笑)

3曲目のリリースは話題になると思いますか?

「そうなってほしいですね。もちろん、クィーンも制作に加わったあとの2曲も違う味付けをされるでしょう。フレディのボーカルとオリジナルトラックに敬意が払われるのは間違いないです。二人は完璧主義者でしたし何事も完璧でなければならなかったのです。でも、待っただけの価値はあると私は信じています」。

共作のきっかけは何だったのでしょうか?


「私が最初にこのことを聞いたのは、ロサンゼルスのフォーラムでのクィーンのショーにマイケルが来た時です。マイケルがフレディとジョンと隅のほうで話をしていたのを覚えています。後でフレディは、『マイケルは何か一緒にやるべきだ、聞いた曲をすごく気に入ったからって言ってるよ!彼は『Another One Bites the Dust』を聴いて、そのフィーリングを気に入ったんだってさ』って言っていましたよ。だからフレディは『彼がレコーディングのために会いたがっている。ああ、でもそれはないだろうな。話だけだろう!』と言っていましたが、マイケルからの電話でその話は続いたのです。フレディがLAにいるのを聞いて、自宅へ招待したんですよ」。

私の理解では、そのミーティングは最高のものではなかったということですが・・・・

(大きく笑って)「仰りたいことはわかりますよ。覚えておられますかね、当時エンシノに住んでいたマイケルは、自宅に小さな動物園があって、当時のお気に入りの動物はラマだったんです。夏だったので、フレディは白いTシャツに白いジーンズを着て白いシューズを履いていました。帰りには、Tシャツとジーンズは飛び跳ねた泥のシミだらけ、シューズは泥まみれでした。泥の中を歩いたのでね。マイケルは家を案内してくれました。寝室もね。おかしかったですよ。巨大なテラリウムで大きなヘビを飼っていてました。そのヘビは親友で、最高に良い、素晴らしいヘビだとマイケルは公に言っていましたよね・・・ヘビが逃げないようにとテラリウムのフタとして使われていた40個のレンガがどうしても目に入ってしまいました!」

それはかわいいですね!

「そうですよ、ものは言いようです。でも事実はちょっと違うんです!」

実際のレコーディングですが、いつ行われたのですか、また別の日ですか?

「同じ日ですよ。1983年は二人ともレコーディングやツアーで忙しくしていました。マイケルは『State of Shock』を完成させたがっていました。『Victory』というジャクソンズのアルバムに入れたかったからです。でもフレディには時間がなく、完成させられませんでした。だからマイケルは、ミック・ジャガーが歌うことを提案したのです。フレディは、もちろんこれは君の曲だからと言いました。反対しませんでしたね。

お互いを補完するという意味では、二人のボーカルの出来についてはどう思いましたか?フレディはエネルギーあふれるボーカルですよね・・・・

「二人はとても違うボーカルなのでうまくいっているのだと思います。二人とも力強いボーカルだと競争みたいになりますから。『補完』という言葉をお使いですが、それは正しいです。二人のボーカルはお互いに非常によい作用を及ぼしています。会話のようですよ」。

インタビュー全文はこちら

■Former Freddy Mercury P.A. talks about forgotten tracks of Mercury and Michael Jackson

Part of the interview by Jan Velinger, Prague Radio:

For 12 years Peter Freestone was a personal assistant and close friend to Freddie Mercury, the singer who reached superstardom with the rock group Queen. He was with also there during the singer’s last days in 1991. Since the start of the Noughties, Freestone has lived in the Czech Republic. I contacted him this week after it was confirmed that Queen will release three tracks that time forgot which Mercury recorded with Michael Jackson, a recording at which Freestone was present.

(…)

The Times and Rolling Stone both caught fans’ attention this week by confirming that three lost songs Freddie recorded 30 years ago with Michael Jackson will be released later this year. At least one version of one of the songs is already well-known; another, called Victory, is not, and if I am not mistaken has never been heard. Did you ever wonder to yourself, since you were there at the time, whether these songs would ever be released?

“Because they were Michael’s property – they were recorded in his own studio in his home – I never expected them to see the light of day. But I am very happy they will. Two of the tracks have had various treatment by fans over the years – State of Shock and There Must Be More to Life Than This, both of which were released in different forms. One on the Jacksons’ album and one on Queen’s; but the third one, Victory, is something that has never been heard before.

“I still have some memories of it because I was there when it was recorded in the studio. In fact, on the original tape – and I don’t know if this will still exist – I played what you hear as the bass drum on the track. Only it isn’t a bass drum: what you hear is a toilet door! I had to stand there for five minutes banging a toilet door! So, you know, I think it is going to be something for people to enjoy, it should be very interesting.”
Hopefully that stays on the track!

“I hope so!” (laughs)

Do you think the release of the third song could cause a sensation?

“I really hope so. Of course even the other two tracks will receive different treatment now that Queen are involved in the production. I am sure that they will be paying attention to Freddie’s voice and the production of the whole track. They are perfectionists and everything has to be just right. But I believe that it will be worth the wait.”

Where did the impulse to work together come from?

“The first that I heard about it was when Michael came to a Queen show at the Forum in Los Angeles. I remember him talking in the corner with Freddie and John. Afterwards Freddie said ‘Huh! Michael says we should be doing something together because he loves what he’s heard! Because he’d been listening to Another One Bites the Dust and loved that and the whole feel of it. So Freddie said ‘he wants to meet up to record. Ah, but it’ll never happen, it’s just talk! Months later that was followed up with a phone call from Michael, because he had heard Freddie was in L.A. and he invited him over.”

My understanding is that that meeting was less than optimal…

(burst of laughter) “I know what you are referring to. Well, Michael, if you remember, at that time in his place in Encino had almost a mini-zoo and his favourite animals at the time were the llamas. Given it was summer in Los Angeles, Freddie wore a white t-shirt, white jeans, white trainers and after the tour his t-shirt was white jeans with the bottoms brown with spattered mud and brown trainers because we’d had been traipsing through the mud.”
“Michael also took us around his home and in his bedroom and it was so funny: he had a large terrarium with a big snake inside. Publically, Michael said it was a great friend and the best and a really good and amazing snake… we couldn’t help but notice that there were about forty bricks keeping the lid of the terrarium down, to make sure it could not get out!”

That’s cute!

“Yeah, it’s amazing what can be said and the little different facts behind it!”

The actual recordings: when were those done, on a different day?

“No it was the same day. Both of them were really busy recording and touring in 1983. Michael wanted Freddie to finish State of Shock because he wanted it for the Jacksons’ album called Victory. But Freddie had very little time and he wasn’t able to finish. So Michael suggested that Mick Jagger could sing the other part and Freddie said of course it’s your music, he didn’t object. For time reasons, the two weren’t able to pick up the material again.”

How does the quality of the vocals strike you in terms of how the singers complement each other? Freddie was such a powerhouse singer…

“I think because they are so different that it works very well. If both of them had the powerful voices it would seem almost like a competition. You used the right word with ‘complement’: the two voices work together very well and it’s like a conversation.”

Read the full interview here.

sources: LMJ, Radio Prague
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ