B・J・ノヴァクのMJとの思い出

アメリカ人のコメディアン、脚本家、監督のB.J.ノヴァクはヒット・ドラマ「The Office」(US版)への主演や脚本、共同プロデューサーとして知られている。彼はヴァニティ・フェア誌のインタビューで、子供の頃の思い出として1991年にマイケル・ジャクソンに会った時のことを語っている。

「僕は12歳か13歳だった。僕の父が当時マイケル・ミルケンの本を書いていたんだ。マイケル・ミルケンはマイケル・ジャクソンといくつかチャリティー・イベントをやっていて、マイケル・ミルケンが僕たち一家をディーパック・チョプラの家に招待してくれたんだ。ミルケンとマイケル・ジャクソンがある理由でそこに来ることになっていてね。僕たちはディナーへと伺ったんだ。20人くらいいたかな。マイケル・ジャクソンはいなかった。子供たちはみんな、マイケル・ジャクソンが来ることになっていると聞かされたよ。子供だから聞かされるクレイジーなやつさ。O.K.僕らは会えるんだ。あれは91年くらいかな。スキャンダルの前さ。マイケル・ジャクソンだよ。すると、一人の男が部屋にスッと入ってきた。黒い帽子と赤いジャケットにサングラスだった。

彼は部屋の隅へ行った。愛想が悪くて一言も話さなかったよ。ディナーの時間になった。子供用のテーブルと大人用のテーブルがあったね。『ママ、パパ、大人用のテーブルがいいな。特にそこにいる大人にマイケル・ジャクソンがいたら』と言ったら、『あなたの好きにはできないの。あなたは子供用テーブルにいるのよ』と言われたんだ。僕は機嫌が悪くなって、がっかりした。僕は子供用のテーブルについたよ。子供用テーブルで僕の隣にいたのは誰だと思う?マイケル・ジャクソンさ。

僕たちは最初の二分間は黙々と食べたよ。どの子も彼に質問するには行儀が良すぎたんだ。どうしてだったのかはわからないけど、僕はそのテーブルのリーダー格だった。彼はまさに僕の右隣にいたんだ。『ビデオゲームは好き?』と彼が言うので、『もちろん』と答えたよ。彼はネバーランドにあるビデオゲームの話をし始めたのさ。ソニック・ザ・ヘッジホッグとか。セガのゲームだったよ。

それから彼はCDを取り出して、『君たちは音楽は好きかな?』と言ったよ。僕たちは考えた。あー、えーと。あなたはマイケル・ジャクソンだから。彼はCDを何枚か取り出して、「この前このCDを買ったんだ」と言ったんだけど、それはエアロスミスとクリス・クロスだったんだ。『最近、マコーレー・カルキンと映画を観にいったよ』とも言ってたね。僕らは、あなたは誰か有名人と知り合いだなんていわなくても、有名なんだから、みたいに言ったよ。彼は自信満々という感じではなかったね。彼は自分が子供とかに受けるとは考えていなかったよ。彼は自分がクールだと見せようとしていたんだ。僕らはディナーを終え、チョプラ家の子供たちが「ゲームをしよう」と言ったんだ。考えてみてよ、本当のことだ。マサチューセッツでの出来事さ。LAではありえなかったことの一つだね。

で、僕らはスキャッテゴリーズをやったんだ。僕のチームが負けて、彼が勝った。勝った時、彼は「We Are the Champions」をきれいに歌ったよ。聞き惚れたね。素晴らしかったよ。それから彼とチョプラ家の子たちは二階へ上がっていって、ベッドルームに入ったよ。ドアは開いていて、『Beat It』が聞こえてきた。誰かが、『彼は踊っているのかな』と言ったので、『見に行ってみよう』と僕は言ったんだ。僕らは二階へ上がっていって、寝室に入ったんだ。『Beat It』がかかっていた。マイケル・ジャクソンはクスクス笑いながらが飛び出してきて、僕の肩を叩きながら言ったんだ。『僕がかけたんじゃない、僕がかけたんじゃないよ』って。チョプラ家の子たちは、『彼がかけたんだ、いつもやるんだよ』って言ってた。彼のジョークだったのさ。彼は自分の音楽をかけて、『僕がかけたんじゃないよ』って言うんだ。そこで帰る時間になったんだよ。僕は恥かしがり屋だったし、91年ころに彼に写真をお願いするなんて誰にもできないよ。サインもお願いしなかった。あんな経験ができたんだから。もし誰かが写真を撮らせてくれと言ってきたら、どんなショーに出てるかも知らない人がだよ?そんな人が『写真を撮ってもいいですか?』って言ってきたら、もし僕が答えるとすれば、『冗談でしょ?僕は11歳だった。マイケル・ジャクソンとディナーを食べたけど、そんなものは欲しがらなかったよ。経験できただけでいいじゃないか』みたいに答えるのはそういうわけなのさ。

彼は『明日何するの?』って言ったので、『学校だよ』って答えたら、『言っちゃダメだよ』って言うんだ。『何で?』って聞くと、『学校はおもしろくない』って彼は言ってた。僕は『OK、マイケル・ジャクソンが学校へ行くなって言ってたってみんなに言うよ』って言ったよ。彼は僕が最高に面白いヤツだと思ったんだよ。

僕の人生はとても面白いことがいろいろあったけど、これが最高だね。僕は12歳にしてそんな経験をしたのさ」

インタビュー全文はこちら

■B. J. Novak And His Meeting With Michael Jackson

American comedy actor, writer and director B.J. Novak is known for starring in The Office (US version) as well as being a writer and co-executive producer for the smash TV hit. However here he sits down and speaks to Vanity Fair about his brief childhood encounter with Michael Jackson in 1991.

“I was about 12 or 13 years old, and my father was writing a book with Michael Milken at the time. Michael Milken did some charity event with Michael Jackson. Michael Milken invited our family to Deepak Chopra’s house, where Milken and Michael Jackson were going to be, for some reason. We showed up to dinner, [with] like 20 people there. Michael Jackson’s not there. Kids were all told Michael Jackson was supposed to be there. And that’s a crazy thing to be told as a kid. O.K. , we’ll see. And this is like ’91. This is, you know, pre-scandal; this is Michael Jackson. Then a guy sweeps into the room, in a black hat and a red jacket, sunglasses.

He goes in the corner, very anti-social, doesn’t say a word. It’s time for dinner. There’s a kids’ table, an adults’ table. I say, “Mom and Dad, I want to be at the adults’ table, especially if one of the adults is Michael Jackson.” I’m told, “It’s not up to you, you’re going to be at the kids’ table.” I’m very upset, devastated. I sit at the kids’ table. Who’s next to me at the kids’ table? Michael Jackson.

So we eat in silence for the first two minutes. Every kid is too well behaved to ask him a question. I’m at the head of the table, I don’t know why. He’s right next to me. He says, “Do you like video games?” I said, “Sure.” He starts describing the arcade that he has at Neverland. Like Sonic the Hedgehog and stuff. Sega games.

And then he pulls out CDs and says, “Do you guys like music?” And we’re thinking, Uh, yeah, and you’re Michael Jackson. He pulls out CDs and says, “I got these CDs the other day.” It’s Aerosmith and Kriss Kross. He says, “I went to the movies with Macaulay Culkin recently.” And we’re like, You don’t have to namedrop, you’re in. He’s really insecure. He doesn’t think he’s relevant to kids or something. He was trying to show us he was cool. We finish dinner, the Chopra kids say, “Let’s go play a game.” Mind you, this really happened. In Massachusetts. The one thing that didn’t happen in L.A.

So we play Scattegories. My team loses; he wins. When he wins, he sings “We Are the Champions,” beautifully. Just to gloat. It’s gorgeous. Then he and the Chopra kids run upstairs, go in one of the bedrooms, doors are open. “Beat It” starts blasting. Someone says to me, “I wonder if he’s dancing.” I’m like, “Let’s go take a look.” We go upstairs, go into the room where “Beat It” is playing. Michael Jackson comes spilling out of the room giggling, slapping my shoulders, saying, “I didn’t put it on, I didn’t put it on.” The Chopra kids nod and say, “He put it on—he does this all the time.” That’s his joke. He blasts his own music and says, “I didn’t put it on.” And then it was time to go. I’m so shy, and you don’t ask for a picture in ’91. I didn’t ask for an autograph, because I had the experience. That’s why still, if I may say, that when people come up for a picture—someone that barely knows what show you’re on—and they say, “Can I have a picture?” It’s like, Are you kidding me? I was 11 years old, I had dinner with Michael Jackson, and I didn’t ask for sh*t. I experienced it.

He says, “What are you doing tomorrow?” I said, “I’m going to school.” And he said, “Don’t go.” I said, “Why?” He said, “School’s no fun.” I said, “O.K., I’ll just tell them Michael Jackson told me not to go to school.” He thought I was the funniest motherf***er.

So my life has had some very interesting twists and turns, but nothing like that. I was done at 12.”

To read the full interview click here.

Source: Vanity Fair & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ