「アンディ・ウォーホル展」開幕 日本過去最大の約400点の作品と私物300点を公開

森美術館は、開館10周年を記念した「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」を2月1日から5月6日まで開催する。日本初公開作品やアメリカ・ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館に所蔵される作品を始め、初期から晩年の作品が揃う日本過去最大級の回顧展だ。

 1970〜80年代の「ビジネス・アート時代」に制作したマイケル・ジャクソン、モハメド・アリ、坂本龍一らをモチーフにしたシルクスクリーン、画家のジャン=ミシェル・バスキアとのコラボレーション、ウォーホルのアートスタジオを再現した空間...絵画、ドローイング、フィルム、彫刻、写真など、アートの初心者から上級者までが楽しめる約400点を展示している。

 注目は、ウォーホルの私的アーカイブ「タイムカプセル」300点。74年の来日時に収集した日本にまつわる物や、「スタジオボイス(STUDIO VOICE)」編集部がウォーホルに送った新聞、「ヴォーグ(VOGUE)」「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」といったファッション誌、ウォーホルが愛用していた「ペンハリガン(Penhaligon's)」「クリニーク(CLINIQUE)」など、ファッションやビューティに関連する私物も展示してある。

 開催地が日本ということもあり、ウォーホルがTDKのビデオテープのCMに出演した映像や山本寛斎のショーなど、縁のある展示も見どころだ。

 また、音声ガイドでは女優の菊地凛子が特別出演。菊地による作品紹介、彼女がウォーホルやマリリン・モンローについて語っているインタビューなどを聞くことができる。

 なお、タイトル「永遠の15分」は「将来、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの有名な言葉に由来する。

■森美術館開館10周年記念特別展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」
日程:2014年2月1日(土)~5月6日(火) (会期中無休)
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53階
開館時間:10:00~22:00(火曜のみ17:00まで)
(*2月11日、4月29日、5月6日は22:00まで)
入場料(当日券):1500円(一般)、1000円(学生)、500円(子供〜中学生)

andywarhol-mj.jpg

ソース:WWD JAPAN.COM
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ